投信スーパーセンターのラインナップは…?

水瀬ケンイチ

うわさの「投信スーパーセンター」が今朝オープンしました。
オープンと同時にラインナップを見ようとWEBサイトにアクセス。
なかなか画面が表示されず、やきもきさせられましたが、なんとかラインナップが見られました。

個人的には、国内外の各種インデックスファンドに期待していました。
そういう意味では、正直、ガッカリだなと思いました。

インデックスファンドについて言えば、同じ資産クラスのインデックスファンドが複数あっても仕方ないと思うのですが、例えば、国内株式インデックスファンドが、TOPIX連動および日経225連動含めて、たくさんあります。しかも、ノーロードのものと、販売手数料があるものとが混在しています。
販売手数料2.1%の国内株式インデックスファンドを、いったい誰が買うのでしょう?
また、外国株式インデックスファンドも複数あったのですが、残念ながら、全て販売手数料がかかってしまいます。これはいけません。

この他にも、マネックス証券やEトレード証券ならノーロードなのに、投信スーパーセンターでは販売手数料がかかる投資信託が目につきました。

取り扱い投資信託の数は多いですが、インデックス投資家にとっては、あまり有用性がなさそうです。


唯一の収穫は、僕が昔、野村ファンドネット証券(数年で突然事業廃止)で買っていた「PRUマーケット・パフォーマー」シリーズがラインナップにあって、ちょっと懐かしかったことだけですかね(笑)

※参考記事
外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)

(追記)2006/10/29
assetsさんのブログ「-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう」で、ノーロードの外国株式インデックスファンドに以下の2本があるという情報を見つけましたので、訂正してお詫びします。
・年金積立 インデックスF海外株式(あり)
・年金積立 インデックスF海外株式(なし)
でも…、言い訳かもしれませんが、オープン初日に、商品検索機能で「グローバル株式型」「ノーロード」を条件に検索した時には、この2本は無かったような気もしてます。アクティブファンドの「東京海上・外国株式ファンド」が1本だけで、「ええ!?インデックスファンドはないの!?」と思った記憶があったので、この記事を書いたのです。
いや、僕の思い違いでしょう。いやいや、確かに…う~む…ゴメンナサイ!(^^;;


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ