「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評(その9) 山田案稜さん

水瀬ケンイチ

syohyo_okane.png

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評をピックアップ。その9は、ブログ「東京フリーランススタイル」の山田案稜さんです。ありがとうございます。



必読の投資15年記『お金は寝かせて増やしなさい』書評 | 東京フリーランススタイル 必読の投資15年記『お金は寝かせて増やしなさい』書評 | 東京フリーランススタイル


長文の書評を書いていただき、インデックス投資の著書としては、「臆病者のための株入門」(橘玲著)以来のヒット本と評価していただきました。身に余る光栄です。

国内特有の事情を加味した情報は大変ありがたいです。特に国内で世界全体の株式に投資を行うと、為替の影響を同時に受けるため、インデックスファンドの本場アメリカでインデックス投資を行うのとは大きく異なります。そのあたりの事情が丁寧に扱われているのは嬉しい限りです。

必読の投資15年記『お金は寝かせて増やしなさい』書評 | 東京フリーランススタイルより)


また、「インデックス投資を日本国内の特殊事情にカスタマイズ」したことがよかったと仰ってくれています。ありがたいです。

せっかく日本の個人投資家が書く本なので、教科書的に米国の理論をそのまま並行輸入するのではなく、日本国内の具体的な投資環境をベースにした本にしたかったのです。

本書の一番の価値はこれだと思います

第5章の「涙と苦労のインデックス投資家15年実践記」は、かなり貴重な情報です。

というのも、まともに国内でインデックス投資ができなかった時代から頑張ってきた著者がどのような軌跡を辿ったか、実際の資産の推移や、下落率などを赤裸々にしながら話しているからです。大きなトピックとしては下記のようなイベントです。これらのイベントごとに、実際に著者の元本に対する資産がどのくらい増減しているかが実数で書かれています。

必読の投資15年記『お金は寝かせて増やしなさい』書評 | 東京フリーランススタイルより)


15年間にわたる実践記が好評です。なんと山田案稜さんも、同じ期間インデックス投資を続けてこられたということで、「この資産の動きを見ながら懐かしくなって不覚にも涙ぐんでしまいました」とのこと。リーマン・ショックの時など、つらかったですもんね…😅

大暴落の時には一瞬目の前が真っ暗になったりもしましたが、なんとかかんとか投資を継続できて、ネタとして話して何かのお役に立てる日が来てよかったです。

山田案稜さん、素敵な書評を頂き、ありがとうございました!



関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ