インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 楽天証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
今回は、海外ETFで一気に存在感を高めた、楽天証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫
楽天証券で購入できるファンドのうち、インデックスファンドを中心に低コストで高品質なものを選んだつもりです。

I-Shares S&P500 Index Fund (ティッカー:IVV)
(米国株式委託手数料31.5$・Expense Ratio 0.10% ※為替手数料25銭)
海外ETF。米国S&P500種指数に連動する投資成果を目指します。
なんと言っても、Expense Ratio 0.09%と、“超”低コストです。
これは、既存の外国株式インデックスファンドと比べても1/10程度のコストであり、資産額に応じて毎年かかる費用なので、長期で持てば持つほど有利さが効いてきます。
売買時に定額31.5$(1000株まで)がかかりますので、なるべくまとまった金額で一気に購入すると更に有利です。
S&P500は米国株式インデックスで、マイクロソフト、IBM、GE、エクソンモービル、ファイザー、P&Gなど、世界最強クラスの米国大企業で構成されています。

NASDAQ 100 Trust Series1 (ティッカー:QQQQ)
(米国株式委託手数料31.5$・Expense Ratio 0.10% ※為替手数料25銭)
海外ETF。米国NASDAQ100指数に連動する投資成果を目指します。
NASDAQ100は、米国株式インデックスで、マイクロソフト、アップルコンピュータ、グーグル、ヤフー、インテルなど、これまた世界最強クラスの、米国ハイテク企業で構成されています。

Tracker Fund of Hong Kong
(中国株式委託手数料(金額によって違います)・Expense Ratio 0.10% ※日本円で決済)
海外ETF。香港ハンセン指数に連動する投資成果を目指します。
香港ハンセン指数は、香港株式インデックスで、HSBC、ハンセン銀行、中国移動(チャイナモバイル)などの香港証券取引所の上場企業で構成されています。
中国株式クラスが、年率0.1%で保有できるなんて夢のようです。

Hang Seng H-Share Index ETF
(中国株式委託手数料(金額によって違います)・Expense Ratio 0.60% ※日本円で決済)
海外ETF。ハンセンH株指数に連動する投資成果を目指します。
ハンセンH株指数は、中国株式インデックスで、中国石油天然気 (ペトロチャイナ)、平安保険、青島ビールなど、香港市場に上場されている中国企業で構成されています。
Expense Ratioが0.6%と、上記の海外ETFよりは値が張りますが、それでも一般的な中国株式ファンドに比べると、1/3程度の低コストです。

TOPIX連動型上場投資信託 (証券コード:1306)
(日本株式委託手数料(金額によって違います)・信託報酬0.1155%)
国内ETF。東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目指します。
TOPIXに連動するETFは、他にも種類がありますが、このETFが最も信託報酬が低いです。
日本株式クラスの運用商品は、これ一本で決まりと言っていいのではないでしょうか。

※データはいずれもmorningstarなどより


≪インデックス投資家のための楽天証券のメリット≫

・海外ETFが購入可能
なんと言っても、これに尽きます!
インデックス投資家にとって、最強のリーサルウェポンと言ってもいい、海外ETFを購入できるのが最大のメリットです。他の全ての欠点を補って余りある、特大メリットだと思います。

・国内ETFで逆指値注文が使える
日本株の逆指値注文が、ネット証券の中でも低い部類に入る手数料で、使えます。
日本株式クラスとして、国内ETFを利用していて、急な暴落がどうしても心配という方は、逆指値注文を出しておけば、自分のリスク許容度以上の損失を抱えるリスクを排除できます。
※ただし、「暴落が心配という精神状態での運用」および「機械的な損切り」を僕は推奨しません。自己責任でお願いします。

・使える各種レポートコンテンツ
山崎元氏の「ホンネの投資教室」、澤上篤人氏の「さわかみ経済教室」、堀古英司氏の「ウォール街から」など、単なる銘柄推奨レポートではない、資産運用についての本格的読み物コンテンツが揃っています。全部プリントアウトして保存したいくらいです。

・豊富なノーロードファンド
インデックスファンドを含め、各種ノーロード(販売手数料なし)ファンドが31本あります。 海外ETFの前にはかすみ気味ですが…(^^ゞ

≪インデックス投資家のための楽天証券のデメリット≫

・投資信託の目論見書が電子交付に対応していない
投資信託を注文する際に、いちいち目論見書が郵送されてきます。
すぐに購入したくても、目論見書が到着するまで数日間購入できません。

(追記)2006/12/08
2006年11月11日より投資信託の目論見書の電子交付サービス開始

・債券系は弱い
国内債券と外国債券の取り扱いはありません。
余談ですが、うちの相方は楽天証券1社で運用していますが、個人向け国債すら買えないことに少々ご立腹気味です(^^;;

(追記)2006/12/08
2006年12月19日より外国債券の取扱いを開始


≪インデックス投資家のためのその他お役立ち情報≫

・新規の口座開設者は最初の3ヶ月は、日本株式が「1日20万円以下手数料無料」なので、国内ETFを使った日本株式クラスのポートフォリオを手数料無料で構築できます。口座開設後、TOPIX連動型上場投資信託などを、20万円を超えない口数で、日をずらしてコツコツ買いましょう。・日本株式の手数料の1%が「楽天証券ポイント」でポイントバックされます。これは、楽天市場でのショッピングに使える「楽天スーパーポイント」に簡単に交換できるので、よく楽天市場で買い物をする人にはうれしいメリットです。

※各種データは2006年10月28日現在のものです。

楽天証券の口座開設は以下からできます。(会社名をクリックしてください)
・楽天証券「海外ETF」


<ご参考>
他のインデックス投資家のためのおすすめ証券会社はこちらのカテゴリからどうぞ。
関連記事


  



コメント

海外ETFの上場廃止基準は

はじめてコメントいたします。
海外ETFは購入前に目論見書などで確認できるのかご存知でしょうか。
TOPIX-ETFは東証のサイトで上場廃止基準を確認したので
これから買っていこうと思っていますが
海外ETFの上場廃止基準を知りたいです。
あと、海外ETFは来夏になると色々出てきそうなので、
そのときに検討すればいいかなーと思っています。

でも先陣を切った楽天証券には拍手ですね。
(まえにwikiであれなことはありましたが)

楽天証券。2001年のDLJディレクト時代から使用しています。当時は確か、米国株の売買手数料が他に比べて安かったことと、外貨MMFの為替手数料が片道25銭であったこと、それにカバードワラントを扱っていることが、開設した理由では無かったかと思います。国内株に関しては、片道指値2665円と指して安くなく、メリットはあまり無いかと感じていました。

その後、米国株の取り扱い証券会社がここと少しを残してなくなってしまったり、外貨FXや中国株の取り扱いが開始されたり、国内株の手数料が472円になったりと、様々な事がありましたが、預け資産額は200万円で代わっておりません。一時、145万円まで資産評価額が下落した事がありましたが、今では260万円近くになっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>w3zero7さんへ

はじめまして。コメント大歓迎です。
目論見書について。
まだ実際に楽天証券で海外ETFを購入していないので、詳しいことは分からないのですが、「外国証券内容説明書」という文書(日本語です)なら見られます。
ログインしなくても以下のURLから見られるようです。
(IVVの例です)
http://www.rakuten-sec.co.jp/USCompanyInfo/IVV.pdf

海外ETFの上場廃止基準について。
こちらもまだ投資していないので詳細は分かりません。
想像ですが、国内ETFの上場廃止基準が東京証券取引所のサイトでお分かりになられたように、海外ETF(例えばIVV)だったら目論見書ではなくNYSEのサイトで分かるのではないでしょうか。
また、参考になるかどうか分かりませんが、NYSEとNASDAQの株式上場基準と上場維持基準についての説明が、楽天証券のレポートの中にありましたので、ご紹介しておきます。
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/Report/V_VIL_ReportB_6.html
※但し、米国個別銘柄とETFが同じ基準なのかどうかは分かりかねます。ごめんなさい。

>新幹線さんへ

そう、「DLJディレクトSFG証券」なんてながーい名前でしたよね(^^)
デイトレーダーの方々からは、昔から投資ツールの「マーケットスピード」が高評価だったようですが、インデックス投資の僕にはあまり関係がありませんでした。
ノーロードファンドに力を入れ始めてくれてから、僕の中の存在感が急上昇した感じです。そして今回の海外ETFで、おすすめ証券に格上げです!

>管理人にだけ表示モードでコメントいただいた方へ

メールアドレス・URL等がありませんでしたので、こちらのコメント欄にてお返事いたします。
いただいたご質問については、下記の記事をご覧いただけば、だいたいお答えになるかと思います。
半年以上前の記事ですが、大枠は変わっておりません (^^ゞ
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-139.html

わざわざURL有難うございます。あとで見てみたいと思います。
来夏には海外ETFが各社揃い踏みとなることを願いたいですね。

完全にクレイマー化しています

楽天証券のサービスは評価しています。
今回の海外ETFの取り扱い開始、米$MMFからの米国株式買い付けなどは素晴らしい取り組みだと思います。
しかし!です。
投信の分配金再投資コースが無いのはいただけません。
インデックス投信の品揃えが良いのも結構なことですが、分配金がCashで来るわけです。再投資して欲しいと考えるのはボクだけでしょうか。

http://renny.jugem.jp/?eid=34

へえ、楽天証券、やるじゃないですか。
一時システム面での評判がよくなかったため、この件で見直しました。
手数料も安いし。良い情報ありがとうございます。

>w3zero7さんへ

海外ETFも、現在のような「米国株式扱い」だと、あとは米国株式を取り扱っているネット証券はEトレしかありませんので、来夏も各社揃い踏みというよりも、Eトレが入るかどうかというレベルと思われます。
東証に直接上場されれば最高なんですが。
これはどこに要望したらいいのやら…(^^;;

>rennyさんへ

申し訳ありませんが、僕にはrennyさんがそこまで楽天証券の分配金再投資コースにこだわられる理由が正直分かっていません。
分配金再投資コースが用意されていないケースは、楽天証券だけではないような気がします。
例えば、Eトレード証券でも、分配金再投資コースが選べないファンドが相当数あるように思います。実際に、僕がEトレで保有しているファンドでも、分配金が再投資されないものもあります。
でも、だからといってEトレがそんなにおかしいとは感じません。

そもそも、運用会社が分配金を多く出してしまうことに対しては、僕も大いに反対です。
しかし、一度出てしまった分配金に対して、販売会社に再投資コースがあるかないかは、個人的にはそんなに気にはなりません。
出てしまった分配金は、色のついていない、普通のキャッシュとして扱っています。
ですから、同じファンドに再投資する場合もありますし、リバランス代わりに別のファンドに投資する場合もあります。

何をもって証券会社に対する評価とするかの、考え方の違いかもしれませんね。

>ゆうちゃんパパさんへ

そうなんですよ。楽天証券は以前、システムが不安定なこともありましたし、手数料値下げすると言って延期したり、wikiの説明文削除したりして、何やってんだよーと思ったことがありました。
今でも一長一短はあるのですが、僕もこの件で、少し見直しました。

ネット証券で取引してみたいのですが、
素人なので情報漏洩が心配です。
注意点はどういう所でしょうか?

>ひよこさんへ

いくら手数料が安くても、マイナーな証券会社は使わないようにする、と言いたいところですが、そうそうたる大企業からの顧客情報漏洩事件がたびたび報道されているところを見ると、メジャーな証券会社なら安心かといえば、そうでもないかもしれません。
証券会社から情報が漏洩するのを、僕たちが防ぐことは出来ません。
僕たちに出来ることは、自分が使っているパソコンのセキュリティ対策を講じることくらいではないでしょうか。

電子公布

目論見書の電子公布にようやく対応したようですが、大和証券など大手証券、それに銀行(当方が使っている三菱東京・ソニー)に比べても、遅すぎるのではないかと感じました。対応できない理由など無かったと思いますが。

対応できない理由

楽天証券は株取引の増加で去年までたびたびシステム障害が発生し、金融庁から業務改善命令が出される始末でした。
とてもじゃないけど他のところには手が回らなかったでしょう。
というより行政命令を解決しないうちにそんなことやってたら怒られますよ。

システム増強がひと段落ついてその後も安定した稼動を確認できたので、ようやく目論見書電子交付や海外ETFの取り扱いなどを手がける余裕ができたわけです。

いずれにせよ怠慢では

アルビレオさん、risさんでのところに続いて、的確なコメントありがとうございました。しかしいずれにせよ、システム障害が原因であったのなら、運営組織そのものに問題があったということになり、責任転嫁できるものにはならないと感じています。

さて、ダイヤモンドの記事に載っていた信託報酬1.7%台の「三井住友ニューチャイナファンド」を保有していましたが、これを今日削って例の香港ETFに切り替えました(ようは、記事に載っていたのと同じ事をした)。1年以上保有するなら、切替コストを考えても十分採算にのると思います。中国株ファンドについては、他の信託報酬1.5%台のを、まだ2種類22万円分保有していますが。

怠慢かどうかは別の話

新幹線さん
私はあくまで「こういう事情があったからできなかった」というだけで、よいか悪いかということは書いていません。

だいたい電子交付の方がいちいち郵送するよりもコスト負担が少なくて証券会社にとっても有利なんですよ。
それでも圧倒的に利用者の多い株取引システムの安定という緊急性の高い課題を優先するのは当然のことで、そっちが解決していないのに電子交付のためにシステムに手を入れるなんてことをしていたら、怠慢どころか証券会社として最低限のこともできないクズ会社です。

楽天証券がなんども障害を起こしたことを擁護するつもりはないですが、その反省もあってかシステム改善の進捗報告やトラブルの開示などの情報は非常に充実しています。
・システム増強計画・実施報告
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/support/su04_system_02.html
・システム障害・バッチ処理遅延履歴
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/support/su04_system_03.html

個人的に「楽天」ブランドは好きではないのですが、こういった都合の悪い情報をかなり過去のものまで開示しているという点で、私は楽天証券を現物株取引のメイン口座として使っています。

コメント有難うございます。誤解の無いように申しておきたいのですが、当方は楽天証券が嫌いであるとかは述べておりません。ETFと日本株を購入しているのは、この証券会社でもあります。こちらが問題にしたのは、そういうシステム増強の予測計算を怠っていたということです。

新幹線さん

了解っす。
まあ楽天証券が特にひどかったのは動かせない事実ですが、この頃は他のとこでもトラブルが出てますし、トラブルには至らなくても危なかったところもあったはずです。
挙句に総本山ともいえる東証までコケちゃいましたからねぇ。

>アルビレオさん・新幹線さんへ

すべてにおいて最高の証券会社はなかなかありませんから、各社一長一短あるように思います。
僕たち個人投資家としては、各証券会社の良い部分を賢く利用したいですね。

中国株2つ追加

前にも述べたように、中国株のそれは2006年12月13日から2種類新たに加わっています。

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/20061205_01_china_01.html

特に後者、中国「A株」(中国人専用市場)の指数に連動するものが取り扱われるというだけでも、十分すごい気がしていますが。信託報酬はどちらも1.0%程度のようです。

楽天証券は外貨での入出金が可能なんですね。
これまで、ブログを読ませていただいて、水瀬さんは為替や、リレー投資の際の乗り換えの納税は気にしていらっしゃらないようですが、どうしても為替が気になる小心者の私です。

為替動向と、今後の米国株式市場が不安なので、野村證券で米ドルMMF(期間によってはBSTにして)をドルコスト平均法で積み上げてから、シティバンクに出金して、外貨で楽天に入れるという方向で、外債投資と、外国株式ポートフォリオの充実をはかってみようと思います。

>mamaさんへ

あれ?外貨による入出金はいいのですが、
野村證券の米ドルMMFの為替手数料は、1ドル50銭ですよね。
素直に楽天証券で米ドルMMFを買えば、1ドル25銭ですよ。

>お疲れさまです。

うっひゃ~。色々な要望とか、揚げ足とかいろいろっぽい。

自分は、口座作成時に積立を強調していたり、積立にすると手数料が安いとかで、フィデリティにしてみました。

楽天も最近、カード引き落とし対応とか、楽天ポイントと連動とか、色々なポイントに連携してきたなーって気がしています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券での海外ETFの買い方

10月19日から楽天証券で海外ETFの取扱いが始まりました。現在の取扱いは↓の4銘柄です。 コード ETF名  ベンチマーク 信託報酬  単元数×株価×為替レート≒1単元の価格(10月28日

ロンドン証取 東証と提携協議---ETFの相互上場検討

11月4日(土)日経新聞朝刊の1面、5面からの引用です。 英ロンドン証券取引所が

外国株ETF一覧(米国株、中国株、インド株など)

外国株ETFが手軽に買えるようになりました。取扱い銘柄数では野村証券が一番多い(25銘柄)のですが店頭販売のみです。インターネットで購入可能なETFの取扱いが多いのは楽天証券がダントツ(18銘柄)のようです。下は、楽天証券で買える外国株ETFの一覧です。●[h

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)