つみたてNISAの認知は3割。若者こそ活用しないともったいないぞ

cat-2083492_640.jpg

NIKKEI STYLE に「つみたてNISA」の認知度調査の結果が掲載されていました。



全国の20代~60代の個人で、回答者数が5132人というからかなり大規模な調査だと思います。2017年12月の調査で、つみたてNISAが2018年1月から始まる直前です。

「つみたてNISAが始まることを知っていますか?」という質問に対して、年代別の回答が以下のグラフのとおり。

photo20180203.jpg
つみたてNISA、認知は3割 若い世代が利用に前向き|マネー研究所|NIKKEI STYLEより引用)

20代 21.5%
30代 27.8%
40代 29.2%
50代 30.9%
60代 34.8%

認知の平均3割。上記記事では、「年代別にみると、つみたてNISAを「知っている」と答えた人の割合が最も高かったのは60代の34.8%で、若い世代ほど「知っている」と答えた割合が低かった」と若者の認知向上を課題にあげていました。

これを見て思ったのは、「なんともったいない!」ということです。

「つみたてNISA」は、よく「毎年40万円で20年間の非課税期間」と言われています。それはそのとおりなのですが、なんとなくイメージ的に今から20年後である2037年に終了する制度と思われている気がしています。「けっこう長いね」という感じでしょうか。

しかし、2037年というのは、毎年資金を新規投入できるNEWマネーの投資可能期間です。2037年に投資した40万円は、2056年まで非課税で運用可能です。

2056年ですよ、2056年。いまから40年近く先です。

いま私は40代なかばですが、40年後は寿命でもうこの世にいないかもしれません。いや、飲んだくれて不摂生な生活をしているのでたぶんいないでしょう。

いま50代、60代のかたよりも、いま20代のかたこそ、「つみたてNISA」は“フル活用”できる制度だと思います。20代のみなさん、かんたんな投資の勉強をして、「つみたてNISA」を活用しないともったいないですよ!

40年後はもういないであろう、おっさんからのメッセージでした。



関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大250,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/02/28まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/02/28まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)