「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評(その13) key(ケイ)さん

水瀬ケンイチ

syohyo_okane.png

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評をピックアップ。その13は、ブログ「家計フォワード」のkey(ケイ)さんです。ありがとうございます。



【読んだ本:投資本】お金は寝かせて増やしなさい - 家計フォワード 【読んだ本:投資本】お金は寝かせて増やしなさい - 家計フォワード


key(ケイ)さんが投資を始められたのは2001年で、スイングトレードや値動きの大きい小型IT系株投資などに投資しておられたとのこと。私の境遇と似ている!と思いました。

そうなんです。当時は、個人投資家でインデックス投資をやっているなんて人は、マネー誌やネットのホームページでも(当時はツイッターどころかブログもなかった時代…)、ほとんど見つけることができず、投資といえば、日本株の個別株でした。

key(ケイ)さんと私は、まったく接点がないなかで、同じような時期に日本株の個別株投資から相場に入り、紆余曲折を経て、この時代に同じインデックス投資に行き着いて、いま同じ本のもとでつながったというわけです。

勝手に、かつて共に戦った「戦友」みたいな感情を抱いてしまいます。お互いほんと大変でしたねえ😂

書いていただいた書評は、「投資を継続できるか」「売りたくなった時に我慢する」「出口戦略」と見事に本書の要点を押さえておられます。

そして、「おまけの感想」部分では、執筆の際に仕込んだ伏線をしっかりと回収してくださっています。ありがとうございます🙏

いったい何が伏線なの?というかたは、ぜひ上記リンクから書評記事をご覧くださいませ。



関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ