「人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい お金で損しないシンプルな真実」(山崎元著)は新社会人に贈りたいお金の人生訓

水瀬ケンイチ

heart-3257237_640.jpg

人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい お金で損しないシンプルな真実」(山崎元著)を読みました。

本書は、就職・貯蓄・保険・投資など人生に必要なお金の話がギュッと詰まった人生訓でした。



個人的には、昔、初めて(?)読んだ山崎元氏の本「お金がふえるシンプルな考え方―マネーのルール24」の最新版だなと感じました。

いちばん大きな違いは、以前は投資の基本として日本株の個別株投資をすすめていましたが、本書ではインデックスファンドでの国際分散投資をすすめているところです。昔と違い、今のインデックスファンドのコスト水準が、山崎氏のおめがねにかなうようになったということでしょう。

出版社の編集さんからの「20年後にも古くならない、子どもや新社会人に贈りたくなるような本」というリクエストから書かれたそうです(ちなみに、山崎氏と私の共著「ほったらかし投資術」の担当をされていたかたです)。

たしかに、本質的なお金の原則を、サクッと読めるボリュームにおさめているので、新社会人さんの最初の一冊にピッタリだなと思います。

装丁も素敵ですし、大人のかたは、本書を新社会人さんに贈ってあげると将来感謝されるかもしれませんよ😊



関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ