おだやかな天気と人間関係での夜桜見物は最高

水瀬ケンイチ

photo20180328.png

東京は桜満開です。飲み屋に向かいながら夜桜見物しました。



例年、花見といえば寒くて凍える思いをしながらという印象がありますが、今年は暖かく、風が吹くとはらはらと桜の花びらが舞う最高のシチュエーションでした。スマホのカメラだときれいに写らないのが残念です。

昨年の今頃は、職場の人間関係が(ピーーーーー)過ぎて、一生懸命(ピーーーーーー)したものの、遅れ過ぎたので(ピーーーーーー)しながらも、GPSの記録によると同じ場所でお花見をしたはずです。しかし、私の脳が記憶から抹消したのかというほど記憶に残っていません。

今年は桜もきれいだし、天気も暖かいし、人間関係もおだやかだし、もろもろありがたいです。ありがたすぎます。昨年と落差がありすぎて、うろたえるほどです。

余裕をもってぼんやり考えると、早期リタイア後の棲家として、東南アジアの国々も視野に入れて現地視察をしてきましたが、やっぱり四季がある日本がいいなとの思いをあらたにしました。

ただし、この国の会社員生活が身に染み付いていると、こうなってしまいます。


早期リタイアは、どこでするかよりも、どういう状況でするかの方が大切な気がした夜でした。

(念のため言っておきますが、それでも楽しかったので大満足です!)
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ