「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評(その15) 公務員投資家Rさん

水瀬ケンイチ

syohyo_okane.png

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」に頂いた書評をピックアップ。その15は、ブログ「公務員投資家Rのブログ Rワールド(資本の世界)へようこそ」の公務員投資家Rさんです。ありがとうございます。



『お金は寝かせて増やしなさい』読了 場所と時を超える 人間の欲望 – 公務員投資家Rのブログ Rワールド(資本の世界)へようこそ 『お金は寝かせて増やしなさい』読了 場所と時を超える 人間の欲望 – 公務員投資家Rのブログ Rワールド(資本の世界)へようこそ


公務員投資家Rさんは、「お金や資本主義の仕組み(R)を同年代(20代)の人に知ってもらいたい」という目的でブログを書かれている20代の公務員さんです。

本書「お金は寝かせて増やしなさい」では、インデックス投資は始めるのはかんたんでも続けるのは意外と難しかったことにフォーカスをあてて、資本主義経済の拡大再生産や平均回帰性といったインデックス投資を続けるために知っておくべき骨太な理屈も厚めに書きました。

もしかしたら、資本主義経済の拡大再生産の話が、公務員投資家Rさんの琴線に触れたのかもしれません。経済成長をベースにした資本収益率が「R」そのものですから。

<ご参考>
ピケティの教えのメリットをもっとも簡単に享受する方法 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

また、「第5章 涙と苦労のインデックス投資家 15年実践記」に感銘さえ覚えたと仰ってくださっています。

この本の真髄は、第5章。価格下落時の人間が実際にどういう対応をしたのか。どういう反応があったのか。リアルな実体験に基づき記述されています。
こういう実体験とか経験が、一番役に立つんですよね。読み物としても大変面白いです。

引用した文章を見てもらえればわかりますけど、人間の本質は緊急事態に表れます。
投資で言うと、暴落時や暴騰時です。人間の心の奥底にある感情が、一気に噴出します。

『お金は寝かせて増やしなさい』読了 場所と時を超える 人間の欲望 – 公務員投資家Rのブログ Rワールド(資本の世界)へようこそより)


あまりやりたくはなかったのですが、まさに自分の身を「切り売り」した部分でもあるので、そこにおもしろさを感じていただけたのであればよかったです。

リーマン・ショックの大暴落の時には、資産の減少だけでなく、誹謗中傷の嵐にみまわれました。目の前が真っ暗になったりもしましたが、様々な思考や工夫で、なんとかかんとか投資を継続できました。

私の人柱としての拙い経験が、将来がある若者の投資継続の役に少しでも立ったのであれば、自分を切り売りした甲斐があったというものです😂

公務員投資家Rさん、素敵な書評を頂き、ありがとうございました!



関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ