見かけなくなっていた肉食系アクティブ投資女子がどうなったかの顛末

水瀬ケンイチ

wedding-443600_640.jpg

勤務先のリフレッシュルームで時々見かけていた肉食系アクティブ投資女子を、ここ半年くくらい見かけませんでした。



この肉食系アクティブ投資女子というのは、同じ会社のリフレッシュルームで時々会う女子社員で、タイミングを見て原油レバレッジETFに投資したり、新興株を空売りしたりするバリバリのアクティブ運用家さんのことです。

<ご参考>
2016/04/09 勤務先に肉食系アクティブ投資家さんがいた話 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
2017/01/27 肉食系アクティブ投資女子がピンチ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

勤務先で投資の話ができる数少ない相手だったので、リフレッシュルームで話をすることをけっこう楽しみにしていました。

トランプ・ショックの暴落に賭けて空売りを仕掛けたところ、逆にトランプ・ラリーの暴騰になってしまい、盛大に損失を膨らませていたのが、1年ちょっと前でした。

それから、リフレッシュルームであまり見かけなくなっていましたが、先日、久々に会いました。

「あ、お元気ですか?」

と開口一番聞かれましたが、それはこっちのセリフです。基本的に上げ相場のなか、空売りメインの彼女が無事なはずがありません。

「いや、投資はもうやめたんです」
「えっ!?」

聞けば、追証やらなんやらで空売りを継続していたところ、2018年初旬の相場下落で損失額が縮小したところで、すべてのポジションを手仕舞いして、市場から撤退したととのこと。だいたいの通算損益を聞いてみたところ、苦笑いで教えてもらえませんでした。

「でも、いいんです。私つつましく生きていきますから」
「へ、へぇ…」
「ちなみに、夏に結婚する予定です。相手は…」

聞けば私も知っているマジメ君でした。昇進もたぶん早い方だと思います。

テキトーなアクティブ運用で大損こいた女子社員を見て、こつこつ積み立てインデックス投資家の水瀬はざまぁみろと思っただろって?

逆です。

彼女は投資の損失なんてもう100万年前の旧石器時代の出来事とでも言わんばかりに、楽しそうに婚約相手のことをしゃべっていました。それはそれはもう幸せそうに。それを見て、私もうれしかったのです。

山崎元氏がよく言うように、投資で儲かっても損しても、しょせんはお金のことです。お金が必要ないとは決して思いませんが、生きていくのに必要なお金があれば、もっと大切なことは世の中にたくさんあるはずです。

「おめでとう! 結婚休暇の申請には結婚式の招待状の写しが必要ですよ。でもね…」

結婚式はしない予定との話を聞いて、社内の手続きを教えてあげました。あわせて、私も結婚式をしませんでしたが裏技で結婚休暇を取ったので、そのやり方を教えてあげました(もちろん実行は自己責任の前提)。

彼女のアクティブ投資の話はちょくちょく聞いていたものの、結局、私がインデックス投資をやっていることも、インデックス投資ブロガーであることも、伝えることができそうで、できませんでした。まあそれもよしということで。

アクティブ投資を卒業した彼女に幸あれ!

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ