日銀の出口戦略についてのニッセイ基礎研レポートが痛快!

水瀬ケンイチ

person-girl-human-joy-615334.jpeg

金融緩和策としてどんどんETFの買い入れを行っている日銀。その出口戦略についてのニッセイ基礎研のレポートが痛快です。



日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で個人の資産形成を | ニッセイ基礎研究所 日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で個人の資産形成を | ニッセイ基礎研究所


詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、結論をまとめると以下の3点。

1|新たな機関を設立して移管する
2|企業に買い取ってもらう
3|割引価格で個人に譲渡する

なかでもおもしろいのが、3の日銀が保有するETFを割引価格で売却する方法です。現在ある約20%の含み益を活用して、20%オフで購入できるようにするとのアイディア。

たしかに、これなら日銀は直接的な損はしないで、買い入れで積み上がったETFを処理できます。

しかも、譲渡先は購入を希望する個人に限定すべきだといいます。その狙いは、資産形成を促すことと、もうひとつは低金利政策への“お礼”だといいます。

低金利政策への“お礼”という発想がイケています。

たしかに、長年続いている超・低金利政策のせいで、個人が預貯金によって本来得られていたはずであろう利子が、年0.001%だか0.0000001%だかわかりませんが、ほぼゼロに押さえつけられてきたのは事実です。

そのお礼として、日銀が保有するETFを20%オフで個人に売却するというのは痛快です。

実現する可能性は低いと思いますし、もし実現したら、メリットだけでなく、株価下落圧力というデメリットもあろうかと思います。世の中にフリーランチ(タダ飯)はないと言いますし。

でも、久々にスカっとするアイディアだと思いました😊

関連記事
Posted by水瀬ケンイチ