インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)

読者のかたから、「商品(コモディティ)ファンドってのはどうなのでしょうか?(中略)もし、商品ファンドに関する情報をお持ちでしたら、何か情報をWEBにUPして頂けませんか?」というメールをいただきました。

僕は現在、コモディティという資産クラスには、投資していません。
だから、たいした情報を持っていません。ゴメンナサイ。
でも、それで終わってしまっては、せっかくメールを出していただいた読者のかたに失礼です。参考になるかわかりませんが、せめて、2年前、「コモディティインデックス」に連動するファンドが、世の中に出てきはじめた頃に、自分が検討した経緯を書きたいと思います。

当時、商品市場は原油価格が上がり始めていて、割と活況だったように記憶しています。
その中で、いわゆる「商品ファンド」が、いくつかの商品先物取引会社から販売されていました。
でも、全てとは申しませんが、なかには商品先物取引顧客獲得のための「客寄せ商品」的なにおいを感じさせる会社もあり、検討しながらも少々腰が引けていました(もちろん、しっかりした会社もありましたが)。

そんな中、2004年10月のある夜、ネットをうろうろしていると、「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド募集開始」というニュースが目に飛び込んできました。
「インデックスファンド」と聞いて、インデックスファンド大好き(笑)の僕としては、俄然、検討に力が入ってきました。

ファンドの資料を見ると、そこには、著書「大投資家ジム・ロジャーズ世界を行く」などで既に有名だった冒険投資家ジム・ロジャーズ氏の名前や、きれいに「右肩上がり」しているコモディティ価格のグラフや、「35種の商品先物に分散」「伝統的金融商品との相関が低いことによるリスク分散効用」などインデックス投資家の心をくすぐるキーワードが、たくさん書いてありました。

僕の頭はもうメロメロになってしまい、もはや、「どう考えても投資するしかない」「投資しないと今の時代の投資に乗り遅れる」とさえ思えてきました。

しかしながら、過去の数々の失敗を通じて、僕は、自分が熱くなりやすい性質(たち)であり、こういう時は冷静な判断ができないことを痛感していました。
とりあえず、その日はビールを飲んで、無理やり寝ました。

次の日、頭が冷めた状態で、あらためて考えてみました。
世の中にはたくさんの金融商品があります。パソコン上で見れば、上がったり下がったりする同じような数字の羅列でしかありませんが、それぞれ、「資産としての本質的な特徴」を持っているはずです。
金融商品を見る時には、その投資対象の資産クラスが本質的に、上がるもの、中立的なもの、下がるもの、と単純化して捉えるようにしています(これがなかなか難しいのですが…)。

いろいろ調べながら、考えた結果、僕の考えは180度変わってしまいました。
その理由は、また次回。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

読みごたえがある連載記事をハイペースで供給していただき、頭が下がります。

やはり、コモデティもかなり早い段階で検討されていたのですね。
今回の記事を読み終わって、是非、水瀬さんに質問してみたいことがでてきました。もしかしてネタばれになってもいけないので、連載が終わったところで質問させていただきたいと思います。

では、続編も楽しみにしてます。

ありがとうございます

長期投資のアドバイスとリンクについてご連絡をいただいたsyusyusyuです。
ご連絡ありがとうございます!

実は私はこちらのブログを最近拝見して、お気に入りに登録させていただいているのです。なんともうれしい偶然です。
つたない私のブログでよろしければ、もちろんリンク大歓迎です。

私のブログにもぜひリンクさせていただきたいのですが、私の使っているアメブロへの他社ブログのリンクの仕方が良く分からないのです。。。どうしたらできるのか調べてみようと思いますので、よろしくお願いします。

僕はコモディティには投資していませんが、所謂ロング&ショートとかヘッジファンドとかの類よりはいいかな、と思っています。
基本的にアセットと呼べるもので価値のあるものですからね。

ただ、株や債券のように自らが価値を生み出すものか、という観点ではちょっと違うかな、という気がします。
債券には毎年利子がつきますが、豚肉は持っていてもそのうち腐ってしまいます。金は腐らないですが価値が増えるものではなさそうです。

また、株をたっぷり持って会社のオーナーになってみたいとは思いますが、自分のうちの小さな庭先に豚肉が何トンも届いても困ってしまうだけだと思っています。

ファイナンシャルジャパンの最新号は、ジムロジャーズの商品投資特集です。

鉱山会社は世界的に寡占化が進んでいるので、料金決定権は供給する側に移りつつあるようです。また、資源、特にレアアースは極めて少数の国に偏っているため、投資対象として面白そうです。

コモディティや債券は、価値は常に一定で、需給バランスで価格が変わります。
株や不動産は、将来キャッシュフローの期待の大きさによって価値そのものも変わります。

だから、投資対象としてはコモディティや債券の方がシンプルですが、リターンを大きくするにはトレードする必要があります。
これに対して、株や不動産は、キャッシュを生み続ける限りトレードの必要はありませんが、投資家が価値を測定する必要があるうえ、まったくの無価値になってしまうリスクもあります。

>タロットさんへ

連載が終わりました。ご、ご質問はなんでしょう…?(汗)

>syusyusyuさんへ

相互リンクのご承認ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。

それにしても、声をおかけする前から、うちのブログをご覧いただいていたとは驚きです。
似た投資戦略を持つもの同士で、類は友を呼ぶということでしょうか…(^^ゞ

>vanillacokeさんへ

僕の考えは、vanillacokeさんのお考えと、かなり近い感じです。
インデックスファンドとしてバイ&ホールドできるかどうかは、その資産クラスは、持っているだけでキャッシュフローがあるかどうかが、ポイントかと思っています。

豚肉なんていうコモディティもあるんですか!?
ファンドではなく単品を取引されている方もいらっしゃるのでしょうが、少なくとも僕には、来月、来年、10年後の豚肉価格がどうなるかなんて、まったく予測できません…。

>PALCOMさんへ

コモディティ「そのもの」への投資もあると思いますが、コモディティを取り扱っている「企業」への投資というやり方もあると思います。
僕としては、どちらかと言えば、こちらの方が好みです。

>空色さんへ

うーむ。コモディティと債券が同様で、株と不動産が同様ですか…。
面白い考え方ですね。ちょっと考え方が僕とは違うようです。
僕は、価値については、株以外の資産クラス(債券・不動産・コモディティ)は全て、価値は一定だと考えます。全資産クラスの中で唯一、株=企業だけが、その価値を自らの変革で上げたり下げたりできる(そして一般的には価値を上げる方向性を持っている)ものだと考えます。
また、キャッシュフローについては、株・債券・不動産にはあるが、コモディティには全くないものと考えます。
最後に、瑣末なことに突っ込んで恐縮ですが、不動産はまったくの無価値になることはないと考えます。

でも、各資産のどの特徴に着目するかによって、まとめ方というか括り方も、人それぞれなんでしょうね(^^ゞ

水瀬さん、こんにちは。
私は先日まで海外口座でPowerShares DB Commodity Idx Trking Fund(DBC)などを保有していました。このETF、DBLCIインデックスをベンチマークとしたETFなんですが、低コスト(0.83%程度)だったのでボチボチ満足していました。(DBLCIインデックスそのものに不満はありましたが)

(その1)を読み終えて私が水瀬さんに質問したかったことは
『もし楽天証券でコモデティの海外ETF(たとえばDBC)を
 扱った場合、水瀬さんの投資対象(検討対象)となりますか?』
ということでした。

その後の記事を拝見しますと、水瀬さんの答えは「No」のようですね。。。

>タロットさんへ

ハイ、Noであります (^^ゞ
資産クラスとして否定するものではないと思いますが、ほったらかしにできなそうなものは個人的にちょっと…。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

成長する資産・しない資産水瀬さんのブログでのコメントの補足を兼ねて、各資産クラスに対する私の考え方を書いてみます。私は、資産自体が成長するかどうかで、投資スタイルが変わると考えています。コモデ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)