インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その2)

前回の記事、
2006/11/11 インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)
の続きです。

たしかに、当時のコモディティ価格は、右肩上がりに推移していました。
しかしながら、コモディティという資産クラスは、本質的には上がるか下がるかは五分五分、つまり中立的だと考えました。

なぜなら、株式には、持っているだけで、配当などのキャッシュフローがあります。同様に債券には、持っているだけで、利息などのキャッシュフローがあります。
一方、原油や大豆などのコモディティは、持っているだけでは何もキャッシュフローがないからです。

では、コモディティ価格の上下を引き起こしているのは何でしょう?
それは、需要と供給のバランスだけではないでしょうか。
そういう市場全体のリターンの合計はゼロであり、いわゆる「ゼロサムゲーム」になります。誰かの儲けは誰かの損失というわけです。

タイミングを見て、うまく売買すれば、儲けを出すことも出来るのでしょう。
そういう意味では、うまいファンドマネージャーが運用するアクティブファンドであれば、保有しているだけで、儲け続けることも出来るかもしれません。
でも、そんなコモディティ市場の平均値、つまりコモディティインデックスファンドは、保有しているだけで、儲け続けることが出来るとは思えませんでした。
むしろ安くはない信託報酬の分だけ、負けていくような気すらしました。

自分でタイミングを見て売買をするのならともかく、バイ&ホールドの投資スタンスである自分にはちょっと向かないなと考えました。

そんなわけで、ダイワ・コモディティインデックス・ファンドに投資するのは見送りました。
今では、それで良かったのではないかと思っています。
今年9月、米国ヘッジファンドのアマランスが、天然ガス価格下落で、巨額の運用損を出して破綻しました。
当たり前ですが、コモディティも大きく下落することがあるんですね。

<おまけ>
それでも、ジム・ロジャーズ氏の「これからは商品の時代」という強いメッセージは、今でも僕の心を揺さぶり続けています。
そこで、自分にこう言い聞かせて、納得させています。

お前が投資している世界中の株式インデックスファンドには、原油採掘、鉱山所有など、コモディティを取り扱う企業もしっかりと含まれているじゃないか。たとえコモディティの時代が来ても乗り遅れる心配はない!


(終わり)
関連記事


  





コメント

ジム・ロジャーズ氏の講演会 無料でWeb配信中

今、三貴商事のHPでは「ジム・ロジャーズ来日記念「資産運用セミナー」を期間限定 無料でWeb配信中!!」です。
ジム・ロジャーズ氏の世界を鋭く見つめた投資法は、商品相場に興味がない人でも一見の価値があります。なんといっても面白い講演会をタダで見れますから・・・

ただし、この講演会が薦める(講演会の目的)の「商品新時代 (世界三大投資家のひとり、ジムロジャーズ が開発した、ロジャーズ国際商品指数 を100%組み入れた商品ファンド)」を私は買いません。
インデックスファンドでコスト年3.2%では手数料をボリ過ぎだと思います。
 私は別の商品ファンドを少し持っていますが、今は損切りを考えています。

>chagaraさんへ

ジム・ロジャーズさん、最近よく来日されますよね。
世界中を旅した冒険談は、話としてはとても面白そうです。
無料WEB配信も見てみようかなぁ。
ただし純粋なエンターテイメントとしてですけど…(^^ゞ

前にジムロジャースさんの講演に行った際にも
コモディティのことは大きく推薦していましたよっ
あと最近ロバート・キヨサキさんのコラムで
銀を大きく推薦していたので、こぎぱおも興味津々で
いろいろ調べました。でもこれからの上値は結構
限られているように思いますし、
株価が下がって商品が上がる、折り返して株価が
上がって商品が下がるというそのタイミングの判断は
結構むずかしいように思います。
それなら今は関連する個別の銘柄を追いかければいっかって
いう結論に達しました。
いちおプラチナ積立はしてますが、これはアクセに換えるのが
目的だったりします(笑)

>こぎぱおさんへ

こぎぱおさんは、ホントにしっかりしてらっしゃる!(^^)

ロジャースは、株式よりもコモディティの方がバリエーションが簡単だと言っているので、コモディティのバリエーションの方法を勉強すれば面白い投資対象なんだろうと思います。
でも、水瀬さん御指摘のとおり、基本的には価値中立的と考えられるので、インデックスのバイ&ホールドには向かないと思います。

ところで、ブログの方で、前回記事の付けさせていただいたコメントの補足をしたので、前回記事にTBさせていただきました。うまい具合に趣旨を修正しちゃったような気もしますが(笑)、暇なときに覗いてください。

>空色さんへ

しっかり拝見させていただきました。勉強になります!
空色さんのブログにレスをつけさせていただきました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

コモディティ

私は、ジム・ロジャーズ氏の「これからは商品の時代」で買っちゃいました。 ほんのちょっとだけですけど。 でも、何に投資してもお金は回ってるので関係ないですよね。

コモディティ投信-ファンドラインアップ

「商品指数について」の記事に続き、国内で購入できるコモディティ投信を取りまとめておきます。?「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド(ジム・ロジャーズ世界探検記)」(RICI)」販売手数料2.1%・信託報酬1.9

「コモディティ」から「エネルギー資源株式」へ

今年に入ってから、資産分散の輪を広げ、株式との相関性が低いと言われているコモディティ(商品)投信を組み入れている。年初から国内外株...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)