ステート・ストリートから超低コスト海外ETF登場!驚きの年 0.03%から!

State_street_logo.jpg


投信資料館によると、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが、計19本のSPDR ETFについて、金融庁への届出を完了し、日本の投資家へさらに拡充したSPDR ETFラインアップの提供が可能となったと発表したとのこと。




ステート・ストリート、超低コスト・コアETFの国内届出を完了 | 投資信託の投信資料館 ステート・ストリート、超低コスト・コアETFの国内届出を完了 | 投資信託の投信資料館



また、マネックス証券が、既存1銘柄に加えて、新規14銘柄の取り扱いを開始したとして、具体的銘柄を発表しています。

話題の超低コストポートフォリオETFがついに日本へ | 最新情報 | マネックス証券 話題の超低コストポートフォリオETFがついに日本へ | 最新情報 | マネックス証券


マネックス証券によると、超低コスト・コアETFの銘柄は以下のとおり。

ティッカー
シンボル
銘柄名(連動指数)資産クラス主要投資対象国
・地域
総経費率
SPTMSPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF
(SSGAトータル・ストック・マーケット指数)
株式米国0.03%
SPLGSPDR® ポートフォリオ米国大型株式ETF
(SSGA大型株式指数)
株式米国0.03%
SPMDSPDR® ポートフォリオ米国中型株式ETF
(S&P 1000® 指数)
株式米国0.05%
SPSMSPDR® ポートフォリオ米国小型株式ETF
(SSGA小型株式指数)
株式米国0.05%
SPYGSPDR® ポートフォリオS&P 500® グロース株式ETF
(S&P 500® グロース指数)
株式米国0.04%
SPYVSPDR® ポートフォリオS&P 500® バリュー株式ETF
(S&P 500® バリュー指数)
株式米国0.04%
SPYDSPDR® ポートフォリオS&P 500® 高配当株式ETF
(S&P 500® 高配当指数)
株式米国0.07%
SPDWSPDR® ポートフォリオ先進国株式(除く米国)ETF
(S&P® 先進国(除く米国)BMI指数)
株式グローバル
先進国
(除く米国)
0.04%
SPABSPDR® ポートフォリオ米国総合債券ETF
(ブルームバーグ・バークレイズUSアグリゲート指数)
債券米国0.04%
SPSBSPDR® ポートフォリオ米国短期社債ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国社債1-3年指数)
債券米国0.07%
SPIBSPDR® ポートフォリオ米国中期社債ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国社債中期指数)
債券米国0.07%
SPLBSPDR® ポートフォリオ米国長期社債ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国社債長期指数)
債券米国0.07%
SPTSSPDR® ポートフォリオ米国短期国債ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国国債1-3年指数)
債券米国0.06%
SPTLSPDR® ポートフォリオ米国長期国債ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国国債長期指数)
債券米国0.06%
FEZSPDR® ユーロ・ストックス50® ETF
(ユーロ・ストックス50®指数)
株式ユーロ圏0.29%
SJNKSPDR® ブルームバーグ・バークレイズ短期ハイ・イールド債券ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ米国ハイ・イールド・350mnキャッシュペイ0-5年・2%キャップド指数)
債券米国0.40%
BWXSPDR® ブルームバーグ・バークレイズ世界国債(除く米国)ETF
(ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル国債(除く米国)キャップド指数)
債券グローバル
(除く米国)
0.50%
TOTLSPDR® ダブルライン・トータル・リターン・タクティカルETF
(ブルームバーグ・バークレイズUSアグリゲート指数)
債券米国
※アクティブ運用
0.55%

(マネックス証券WEBサイトより)

米国株全般に投資する「SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF」の経費率は、なんと年 0.03% とバンガードETFを下回る驚きの超・低コスト。

他にも、米国を除く先進国や、米国株高配当や米国株バリューなどが軒並み、経費率年 0.1% 以下とすさまじい超・低コスト水準です。

ただし、これらのETFは、海外ETF(米国ETF)で、売買の方法や手数料が外国株式扱いとなっています。

ランニングコストは非常に低くて優秀であるものの、投資情報が少ないことに加え、イニシャルコストと為替交換、確定申告等の手間がかかることから、初心者向けとは言いがたい「玄人向け」商品だと私は思います。

疑問点や課題を自力で解決できる方、知識がある方にとっては、素晴らしく魅力的な商品です。

なにはともあれ、ステート・ストリートさん、ありがとうございます!🙏




関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大21,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大150,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)