「投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)は良書

投資信託比較サービスを提供しているモーニングスター
その代表取締役COO、朝倉智也氏の著書、「投資信託選びでいちばん知りたいこと」を読みました。

僕のポートフォリオは、ほとんどが投資信託で構成されています。
でも、世の中には投資本が無数に出版されていますが、個別株を中心に書かれた本が多く、投資信託を中心に書かれた本は少ないかと思います。
だから、投資信託についての情報は、何でもいいからほしいといつも思っています。

そのような中で、モーニングスターは、投資信託の比較サービスだけでなく、国内外の投資信託の情勢や活用方法などの個人投資家向け金融コラムを、継続的に提供してくれていました。
これが自分にとって、昔から、とてもよい情報源となってきたのです。
そんなモーニングスターのCOOが書いた投資信託本というから、期待が高まらないわけがありません。

投資信託選びでいちばん知りたいこと
ランダムハウス講談社
朝倉 智也(著)
発売日:2006-03-16
おすすめ度:4.5

じっくり読ませていただいた感想です。
理論だけでない、具体的・実践的ノウハウが良い!

特に、投資信託比較会社らしい、実ファンド名を出しての投資信託比較が、参考になります。
比較項目も、よくある、「リターン」、「販売手数料」、「信託報酬」だけでなく、「標準偏差」、「シャープレシオ」、「組み入れ銘柄数」、「売買回転率」などと詳しく、他の投資信託本とはひと味違います。

また、考え方についても、投資信託をいたずらに褒めちぎることなく、問題点や気をつけるべき注意点についても率直に書かれています。
ここは非常に重要だと思います。本書を読めば、よくあるマネー本の投資信託特集などは、いかにいいところしか書かれていないかが分かると思います。

モーニングスターのWEBサイトを使った、「国内株式型投信の選び方」、「外国株式型投信の選び方」、「国内債券型投信の選び方」、「外国債券型投信の選び方」のノウハウは、実践的でかなり使えます。
今後、何年か経って、本書に掲載されている投資信託情報が古くなってしまっても、このノウハウがあれば、自分で優良投資信託を探すことが出来ると思います。

本書は、これから投資信託を購入しようと考えている投資信託初心者に、読んでいただきたいと思います。
大きな失敗をすることなく、投資信託デビューが出来ると思います。

また、投資信託について、
「すぐに儲かる投信はどれか教えてほしい」
「いまインド株投信を買えば1年で倍くらいになりますか?」
このような関心の持ち方をされている方にも、ぜひ本書を読んでいただきたいと思います。
きっと、目が覚める思いがするはずです。
関連記事


  





コメント

水瀬さん、こんにちは。
僕も以前この本を読みました。この類の本では珍しく、モーニングスターを手取り足取り親切に解説していて、それでかつ内容も非常に良心的。僕も間違いなく良書だと思います。
これを機にもう1回読んでみます。

はじめまして。
この度、投資に関するランキングサイトをオープンしました。
オープン間もないため今なら上位ランクインも確実です。
簡単な登録ですぐにランキングにエントリーできますので
ぜひこの機会に登録をご検討してみてはいかがでしょうか。
今なら登録された方の中から抽選で7万円をプレゼント!
貴サイトの登録を心よりお待ちしております。

サイト名:投資注目度ランキング
サイトURL:http://rank-net.jp/toushi/

始めましてろぼくんと申します。
30歳手前にしてやっと金融というものに興味を持ち、
頑張って勉強していこうと思ってます。
まずは経済、金融というものをちゃんと勉強してから。
目標としては来年から始めたいと思ってます。

現在おすすめの本を読んで勉強中です。
右も左の分からない初心者ですので、もしご迷惑ではなければ
日々の情報の取り方、勉強の仕方などアドバイスをいただければと
思います。
これからもブログ楽しみに見させていただきます。
今回の本も是非読んでみたいと思います。

>嶋田忠信さんへ

数年前、今ほど投資信託情報がない中、モーニングスターには本当にお世話になりました。
モーニングスターで、いろいろな投資信託を比較しているうちに、販売会社によって販売手数料が違うことや、日本の投資信託の信託報酬が高いことや、殆どのアクティブファンドが酷い実績しか残せていないことが、データで理解できました。
今では、投資信託情報も増えてきてますし、モーニングスターもいつの間にか上場企業ですから、時代の流れを感じます…(^^)

>ろぼくんさんへ

はじめまして!いらっしゃいませ。
30歳前に金融に目覚められてよかったと思います。始めるなら早い方が、長い期間投資できるので有利ですから。

日々の情報の取り方、勉強の仕方についてですが、僕がやっているインデックス投資の場合という前提で、お答えいたします。
※あくまで個人的な考えなので、実際の勉強や投資は自己責任でお願いします。

まず、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」(北村慶著)か「内藤忍の資産設計塾 実践編」(内藤忍著)のどちらか1冊(もしくは両方)読んで、まずは総額10万円くらいで、インデックスファンドを使って国際分散ポートフォリオを組まれてはいかがでしょうか。
世の中を見る目が「投資モード」に変わり、勉強の効率が上がると思います。
あとは、のんびりと関連書籍を読んだり、日々のニュースとポートフォリオの騰落の関連性などを、のんびりと見ていくと勉強になると思います。

インデックス投資は、ガツガツしないのがいいところだと思います。
全然ストイックじゃなくてゴメンナサイね(^^)

有難うございました!!
実は「貧乏人のデイトレ金持ちのインベストメント」は
今日読み終わったところです。
証券アナリスト基礎講座の本を読んでて、ずっと疑問だった
ところが理解できて大喜びしてました。
次は資産設計塾実践編を購入してその後
10万円くらいで国際分散ポートフォリオを組んで頑張ってみます。

今年3月に佐賀の桜マラソンに始めて参加しました。
以前から自転車で知り合ったNさんに
「10k走れるようになったら連れて行って下さい」
とお願いしていたところ
「走れるようになったらじゃなく、とりあえず申し込んだ方が
行くから走ろうと思って良いよ。とにかく行こう!」
と言われて走れるかどうかも分からないのに申し込んで無事
完走しました。(2ヶ月間10K一緒に走ってもらいました)

きっと同じことですね。いろいろな勉強をしながら少しずつ
自分なりに頑張っていきたいと思います。
本当に有難うございました。

モーニングスターは私もお世話になっています。特にWEBサイトは結構情報が早いので、毎日お世話になっております。
朝倉智也氏の講演会にも最近行ってまいりました。モーニングスターから何回か冊子を頂いており、これも重宝しております。

そのモーニングスター朝倉智也氏の著書とあれば、ぜひ読んでみたいと思います。このところ、この類の書物とは遠ざかっていますが、これを機会に再度勉強しなおすのも必要かな?とも思っています。

今日は。私もモーニングスターの情報は、いろいろと投資信託を選ぶ上で参考になるところがあると思います(実際に、投信比較などで使用しています)。

投信情報を提供する所が出す本なので、その内容いかんによって私が持つ会社の評価も変わると感じていましたが、実際に読んだところではマイナス評価につながるものではないと判断できました。

更新を楽しみにいつも拝見致しております。

しかし、インデックス関係の書籍やブログを見るにつけ、
「インデックス投資の最大の敵は暇だ」
と思うようになしました。

言い方悪いですけど、結局はなるようにしかならないですからね。
アセットロケーションは大事だけど、一度決めればた普通は短期間で
大きく変えたりしませんし。それに30前なら、大体の比率って決まってきますし。

その代わり、個別株をやってたときと比べて暴落が楽しみになりました(笑)。また精神的にも楽になりました。
何せ、同じ株券が安く、たくさん買えるのですから嬉しいことこの上なし。向こう10年ぐらいは売る気無しなので、値上がりするほうががっかりすると言うひねくれようです。

長々と駄文失礼しました。これからも更新を楽しみにしておりますので
頑張って下さい!!

>ろぼくんさんへ

証券アナリスト基礎講座の本を読まれているなんて、勉強熱心でいらっしゃいますね。
ご健闘をお祈りしておりいます!!(^^)v

>フランクさんへ

え、モーニングスターから冊子をもらえるんですか?
それとも懸賞でしょうか。

>新幹線さんへ

僕も良心的だと思いました。
でも、投資にお詳しい新幹線さんには、ちょっと簡単すぎて物足りないのでは?(^^)

>インデックス投資さんへ

そうなんです!インデックス投資は暇なんです。
人間、暇だとロクなことを考えないので、僕は「インデックス投資家は我慢が仕事」だと思っています。

※ご参考(古い記事で申し訳ありませんが、僕の原点です…)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-4.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

騰落率など(バニラコーク3号 2006/11/17)

読書嫌いな僕でもなんだかんだ言って年に数冊は投資関連本を読みますが、なかなか書店でゆっくり探す時間も、アマゾンで色々調べるのも面倒なので、ついついよく見るブログで紹介されている本を中心に読む事になります。「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で水瀬ケンイ

ファンド選びに最適「投資信託選びでいちばん知りたいこと」

朝倉智也著「投資信託選びでいちばん知りたいこと」を読んだ。この本は投資信託の情報提供を行っているモーニングスター社の社長さんが書いた本。投資信託を選ぶときに過去のリターンやリスク、コストなどの比較の仕方や、アセットアロケーションを行ってリスクを分散させる

朝倉智也(2006.3)『投資信託選びでいちばん知りたいこと』ランダムハウス講談社

乙が読んだ本です。 朝倉氏はモーニングスター社の代表取締役ですから、そのウェブサイトを使って投資信託を選ぶ方法が詳しく書いてあります。 ほぼ投資家の観点から書かれた本です。ここが一番いいところです。何と言っても、普通に投資信託の情報を得るときには、証券

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)