僕が海外証券口座を使わない理由

読者のかたから、「海外の証券会社でETFあるいはファンドを購入するという選択肢をカットされたのは何故でしょうか?」というご質問をお受けしました。
以前にも、別のかたから同様のご質問をいただいたことがありますので、僕が海外証券口座を使わない理由について、書いてみようと思います。

米国の豊富で低コストなMutual Fund(特にVanguardのIndex Fund)に投資するため、僕も以前、海外証券口座(AmeritradeとFirstrade)の開設を真剣に検討しました。その結果、見送ることにしました。
理由はいろいろあるのですが、相互リンク先のPALCOMさんから以前いただいたコメントが、とてもよくまとまっているので、まずは引用させていただきます。

2006/06/05にいただいたコメントより引用開始】
■外国の証券会社のメリット
・ETFの種類が豊富-香港B社の場合約300種類
・ADRの種類が豊富
・日・米・香港以外の株式の購入も可

■外国の証券会社のデメリット
・ある程度の英語力が必要
・トラブルが起きやすく、トラブルが解決しにくい
・税金の処理が非常に面倒
 →確定申告が必要になる
 →外国税額控除の計算が面倒
 →外国で海外投資している個人投資家に良心的な価格でアドバイスしてくれる専門家は少ない
・税金面で不利になることがほとんど
 →株式の配当が総合課税になる
 →株式の売却益に軽減税率が適用されない
・非居住者に対するサービスが突然打ち切られることがある
・税金やネット操作、英語の勉強に時間をとられる

■外国の証券会社での運用に向く方
・自分でポートフォリオを組める方
 →ポートフォリオを自分で組めなければ、金融商品がいくら多くても無意味
・英語が得意
・投資戦略としてバイ&ホールドを採用されている方
 →外国で運用すると税金面で不利になるので、売る回数は少ないほどよい
・税金についての知識が豊富な方
・海外に移住する予定がある方、又は既に海外に移住している方
・ある程度まとまった資産(3,000万円以上)がある方
【引用終わり】
上記デメリットに加えて、
・自分が転勤族のため、2~3年に1回の住所変更がトラブルを招く(後日、住所変更処理は簡単だと判明しましたが)
・自分が死亡した時などに、家族が資産の整理に対応できない
というのもありました。

調べてみると、いいことばかりでなく、いろいろデメリットも見えてきました。
数あるデメリットの中でも、僕はいちばん気になったのは、サービスの不安定さでした。

当時、度重なる販売会社の事業廃止や外国株式インデックスファンドの途中償還に、僕は悩まされていました。
※参考記事 外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)
そんな中での海外証券口座ですが、当時、米国のMutual Fundを非居住者が購入することは、米国の法律のグレーゾーンに当たり、SECも正式には認めていないと言われていました。
でも、口座開設者のお話によると、なぜか買えてしまうとのことでした。
う~ん。不安度120%です。
VanguardのIndex fundファンドはほしいけど、後から違反だとか文句を言われても…。
Mutual Fundがだめでも、ETFならいいのでは…。
でも、ETFじゃドルコスト平均法が使えない…。
それなら、一定金額が貯まるまでの間だけ、VanguardのIndex fundをこっそり拝借して、あとはETFに乗り換えるとか…。
いろいろ思い悩んでいました。

結局は、そんな不安定な状況で、今後何十年もバイ&ホールドなんてできやしないだろう。
そう考えて、海外口座開設は見送ることにしました。
僕は悪いことをしようとしているわけではないのです。正々堂々とできない資産運用は、何十年も続けるには、ちょっと重苦し過ぎると思いました。

以上、僕が海外証券口座を使わない理由について、個人的な考えを書きました。
なお、海外証券口座については、個人個人の置かれている状況や価値観によって、ご判断が違うと思います。あくまで、いち個人投資家の参考意見ということで、お聞き流しいただければと思います。


<追伸>
・2005年11月、Ameritradeが日本人の新規口座開設を停止してしまいました。僕たち何かしましたっけ?
・本音は、英語に自信がないというのが、いちばんの理由かもしれません…(^^ゞ
関連記事


  





コメント

海外証券会社のメリットとデメリット

こんにちは。

私のブログでも、海外証券会社のメリットとデメリットを検討してみました。

様々な状況が想定できるので、一概にはいえませんが、非居住者の手続きについて、海外証券会社の職員も熟知していませんし、税金の手続きも面倒なので、どちらかというと、デメリットの方が大きいケースが多いように思います。

興味深く拝見しました。

私の場合は「まとまった資産」はありませんが(ToT)
それ以外はギリギリでクリアかな・・・

僭越ながら個人的な見解を補足させていただきますと、
「バイ&ホールド」を発展させた「バイ&ホームワーク」と
いう言葉がありますが、それと同様に海外口座に関して
常に情報収集を続けていく姿勢が大切だと思ってます。

そういのが苦にならない人でないと、「口座開設はしたものの・・・」というケースに陥ってしまうのではないでしょうか

Vanguardのインデックスファンド

Vanguard 500 Index Fundの目論見書には、Vangaurd funds are registered for sale to US residents onlyと書かれています(p.36)。

もともと、Mutual Fundは、米国民向けの商品ですから、米国非居住者は購入できないと考えるべきでしょうね。

海外送金手数料もかかりますし、積み立てが難しいのが大きな欠点だと思います。

どうも、私の不思議にお返事いただきまして
ありがとうございました。興味深く拝見しました。
私個人の感覚で言えば
海外送金代を考えると
1万円単位でやるわけにいかないのが
タイヘンだなあ…
と思いました。

海外はさておき、
資産形成のことをあれこれ考えたり
いろいろ本をよんだりすること自体が
こんなに純粋に面白いとは
いままで思っても見ませんでした。
あんまり面白いので
海外送金代どころでない
書籍代がとんでもない額になっています(笑)
(怖いので単独では計算してません)

これからもブログを楽しみにしています!

PALCOMさん、こんばんは。

私が手元にある「Vanguard U.S. Stock Index Funds」の
Prospectus(August 17,2006)には、p.36の最後に
------------------------------------------
Foreign investors.
Vanguard funds generally are not sold outside the United States, except to certain qualified investors.
If you reside outside the United Status, please consult our website at www.vanguard.com and review "Non-U.S.investors."
Foreign investors should be aware that U.S. withholding and estate taxes may apply to any investments in Vanguard funds.
------------------------------------------
ともう少しゆるい表現で記述されています。

>もともと、Mutual Fundは、米国民向けの商品ですから、
>米国非居住者は購入できないと考えるべきでしょうね。
というPALCOMさんの考えは私の考えはちょっと異なるのですが、
海外口座にせよ海外でのMutualFund購入にせよ、自己責任をきちんと取れる人がその自己責任の範囲内でやるべきものでしょうね。

TBさせていただきました。

水瀬さん。どうも!
日本非居住者のスマイリーです。
「本気」のオフショアな海外投資 ということでTBさせていただきました。

>ある程度まとまった資産「3,000諭吉」
これはかなり大きく出ましたね。
確かにこのくらいあれば金融機関に専用の担当者も付くでしょうし、一般ピープルとは違ったサービスが受けられると思います。
あくまでプライベートバンクやHSBC Premier等の富裕層をターゲットとしたサービスで歓迎される最低限の条件ということでしょうか?
「3,000諭吉」の設定には何か裏付けがあるのでしょうか?
ちなみにPALCOMさんは1,000諭吉以上、もしくは1,000フランクリン以上
私は500諭吉以上は必要と定義しています。

まあとにかくファンド中心で配当金を出さないタイプのファンドであれば、売らなければ確定申告もする必要はないし、
税金関係でゴタゴタすることもない。
海外金融機関で頻繁に売り買いしていたら手数料負けしてしまいます。

小額から始める海外投資

これは現実的ではないと考えています。
このようなタイプの投資家は海外投資が長続きしません。
小額から送金・購入を始めて、海外口座の使い方や環境にが慣れてから徐々に高額にするというのはほとんどありえません。
大部分が途中で熱が冷めるか、ほったらかしになるかです。
なぜかと言うとはじめから「本気」でないからです。
徐々に「本気」になっていくなどと言うことはほとんどありえません。

「本気」であれば高額の諭吉を一気に送金して送金手数料を抑えるという考え方が自然です。
10諭吉や20諭吉をちまちま送金して海外投資をするなど「本気」の投資家がすることではありません。
手数料負けしてしまいます。
海外の金融機関は受入れにも手数料を取りますから。(日本も取りますっけ?)

時期を見ながら小額購入をしても良いが、送金は高額で一気に!これが常識です。

※本内容は一般論であり特定の書籍や個人を中傷する内容ではないことをご了承ください。

続き

では小額から海外投資はしてはいけないのか?という方もいると思いますが、
そういう方は日本の証券会社を使って海外投資をされた方が良いということです。
「日本語対応」「親切丁寧」「トラブル解決も早い」ですし。
何も海外の金融機関に口座を開設しリスクを犯して海外投資をする必要はないし、メリットも少ないのです。
海外金融機関では「日本語非対応」「不親切」「トラブル解決は長期戦」です。

結局それが原因で熱が冷めてしまう、ほったらかしにするというパターンが多いのです。

3000諭吉の根拠

スマイリーさん、水瀬さんこんにちは。

3,000諭吉は、私PALCOMが以前に投稿したコメント中の記述です。

理由は以下のとおりです。

まず、この金額は、資産形成世代ではなく、海外投資についての知識が少ないリタイアした方を念頭に置いています。

この場合、全額を海外に出してしまうのは危険なので、少なくとも1000諭吉は日本に置いておきます。

海外に出す2000諭吉のうち、1500諭吉(概ね手数料が無料になる金額)をHSBC香港のプレミア口座に預け、500諭吉で香港のファイナンシャルアドバイザーからファンドを購入します。

トラブルが起こったら、プレミア口座の担当者とアドバイザーの間で解決してもらいます。

このようなことができるためには、3000諭吉程度の資産は必要だという趣旨です。

まだ若くてリスクをとれる方で、資産の大半を海外に出してもよいというのであれば1000諭吉でよいと思います。



皆さん、おはようございます。
日本居住者の嶋田といいます。
海外証券口座で海外投資することについては自分自身、最初に非常に悩みました。コストやリスクだけを気にするとどう考えても手を出せません。
僕が手を出した理由はやはり、自分の今後の人生において海外証券口座があることで目が自然と海外に向く。語学にしろ、情報にしろ手を出してリスクを背負わないと『本気』になれません。(スマイリーさん、僕の「本気度」はかなり本気を大きく越え過熱していました)
実際、以前とは勉強量(投資以外も含めて)が違います。そして何より楽しい←これが一番大事かも。
これが僕が海外証券口座に手を出した理由です。
PALCOMさん(いつもブログを楽しく拝見し勉強させていただいています)の秀逸なブログで海外口座のデメリットを数多く書いていただけると思いますが、デメリットを乗り越えたところにも自分の成長を感じることがあります。(自分の知らないデメリットが書かれるのが怖い気もします)
そのくらいの気合いが必要なのかもしれません。
長くなりました、すみません。

納得です。「3000諭吉の根拠」

PALCOMさん。どうも!
また水瀬さん、不在中またしても勝手に盛り上がってしまいましてすみません。
「3000諭吉の根拠」納得です。
非常に理にかなっています。
やはりHSBC香港のプレミア口座を念頭に入れた金額でしたね。
ここは外せません。

皆さんこんにちは。

私は嶋田さんの意見に近いですかね。
実際、私自身はあまり多くない額から始めて、その後残高を増やしました。
海外直接投資によって英語も実戦で鍛えられる、国際的な金融界の常識が身につく、など、実体験によって得られた経験や知識は、何事にも代えられない貴重なものとなっています。

また、本人は趣味と言ったりしていますが、別の側面では、投資は事業とも考えています。
つまり、事業としてはある程度必要なコストはかけて、それ以上に大きな収益を得るようにしたい、との思いがあります。このため、初期投資などはかかりますし、直ちに簡単に利益が出るような甘いものでは無いはずだし、じっくりと大きな果実をとりたいとの考えがあります。

あとは、基本的に他人を信じないようにしている、というのもありますね。
できれば最初は1万ドル程度から様子をみたいです。どんなに格付けが高くとも、歴史があろうとも、評判が良くとも、自分で確かめないと、私には1000諭吉単位でいきなり送金することは怖くてできません。
金融機関との相性もありますので、最低1年程度はお試しして問題なければ資金を追加するような考えの方が、「こんなはずじゃなかった」というような思いをすることは少ないと思っています。

>PALCOMさんへ

もちろん、拝見しておりますよ!
いつも投資家の立場で良心的な分析を、ありがとうございます。
こちらからトラックバックもさせていただきました。

それから、スマイリーさんのご質問にお答えいただきありがとうございました!

>タロットさんへ

日頃の情報収集、税務の勉強、外国語でのやりとり、それらが「楽しい」と思えるかたもいらっしゃると思います。
タロットさんは「楽しい派」だとお見受けいたします。
そういうかたにとっては、海外証券口座での運用は、知的興味を喚起&充足してくれる、最高に知的な文化的活動と言えるかもしれません。

>らりるれろさんへ

良質な本から得られる一生モノの知識の価値と比べたら、本代なんて安すぎると思います。
……思いたいです(^^;;

>スマイリーさんへ

どうやら既に話はついたようですね。

ところで、スマイリーさんの「本気」に対する熱い思い。
もしかしたら、安易な気持ちでオフショア投資に走った人たちから、「~~なんですけど、どうしたらいいのでしょうか?」のようなたくさんの質問攻めに遭われていたりするのでしょうか。

>嶋田忠信さんへ

会計基準、税制、タックスヘイヴンへの考え方など、金融関係の制度は、世界中で、めまぐるしく制度変更が行なわれているように感じています。
僕にとっては、ちょっとついていけない感じですが、これを楽しいと思える方々にとっては、逆に、尽きることない知的興味の喚起とお感じになられるのかもしれません。

>Gabbianoさんへ

さすが、長年の経験者のお言葉には、重みがあります!
海外の金融機関のリスクは、日本からは実感として把握しづらい部分がありますから。

>皆さまへ

皆さまのコメントを拝見していて、ひとくちに海外証券口座と言っても、それぞれ想定されているものが違うような気がしました。

なんとなく、タロットさん、嶋田忠信さん、Gabbianoさんは、欧米の証券会社を想定しているような気がします。
一方、PALCOMさん、スマイリーさんは、香港(タックスヘイヴン)の証券会社を想定していますよね。
(勝手な予想でスミマセン!)

僕自身は、米国の証券会社を想定して記事を書いたのですが、引用させていただいたPALCOMさんのコメントは、おそらく香港の証券会社を想定されて書かれたものだったと思います。
なので、メリット・デメリットの議論が、少しごっちゃになっちゃったなぁと、反省しております…(^^;;

こんにちは
私は米国証券口座を検討している時に、米国では外国人の証券口座
新規開設を停止する傾向にあるという話を聞いて「とりあえず」
口座開設しました。
私も長期派なので売るつもりは今のところほとんどありませんが、
証券会社がツブれた場合に資産を取り戻す手続きのこととか考えると
やはり大金を投入するのには躊躇しますね。
限定的資金でテストしつつ更に勉強して様子を見ようと思っています。
しかし、日本国内の投信のコストと品揃えはもうちょっとどうにか
ならんもんかなあ 海外ETFのコストが下がって品揃えが充実して
きたらもう海外口座などどうでもよくなるかも知れません

香港の証券会社(オフショアの証券会社)vs.米国の証券会社(オンショアの証券会社)という視点でも、検討が必要ですね。

嶋田さんのおっしゃるとおり、デメリットを乗り越えていく努力を楽しめるぐらいでないと、海外口座を開設しても長続きしないと思います。

一番のポイントは、日本に住み続けるのか、それとも将来海外移住する予定があるか(又は既に海外移住しているか)だと思います。

やはりこの話題は議論がつきないですね。小生も小額ながら海外投資をしていますが、やはりトラブルは心配です。その意味でも実践経験者の皆さんの情報や、多少高価でも本などで知識を得ないと、後悔先に立たずになりかねません。私も、最初の送金は$2,000くらいで何日で完了するかまめにチェックしています。あのジム・ロジャースでさえ「外国への初期投資は$3,000」と言うくらいですから。

水瀬さん。どうも!
私などにはそれほど問い合わせはございません。
たぶんこのような問い合わせはkz@銅鑼湾さんのところへ集中していると思われます。
私もkzさ@銅鑼湾んのブログをみて感銘を受けて海外投資を行っていますので、
援護射撃ということでがんばっております。

やはり海外投資のハードルが低くなったと言うことで
メリット・デメリットを理解できていない「本気」でない投資家も増えております。
kz@@銅鑼湾さんは海外投資のマニュアル書籍を発行されているということで
それなりに責任を感じ、危惧されていると思われます。

単純に節税になるとか、脱税ができるとかという単純な発想で海外金融機関に口座を開設するべきではないと思います。
香港と言う市場を有効に活用し、綺麗なお金を合法的に資産運用する。
これに尽きると思います。

>YOSHIさんへ

日本でいろいろな海外ETFを購入することができるようになれば、インデックス投資派の方々(僕も含めて)は、米国口座を使う魅力が減ると思います。
イギリスや、ドイツや、オーストラリアや、中国の投資家は、みんな米国に証券口座を開いているでしょうか。
個人的には、やはり、自国の金融機関で運用するのが普通だと思います。

>PALCOMさんへ

僕は基本的に日本に住み続けると思います。
冬の間の1~2ヶ月は海外で過ごすなんてできたら最高ですが(^^)
僕の場合は、証券口座は日本がよいということになります。

>ナッキーさんへ

送金の日数をこまめにチェックされているとは、きっちりとされてますね!
海外口座での運用は、そういう努力が求められるのですね。

>スマイリーさんへ

スマイリーさんにお伺いしたいのですが、もし仮に、ご自身が海外駐在しておられなかったとしても、香港で運用をされていたと思いますか?
また、いずれ日本に戻られる時が来ると思いますが、その時も、香港での運用を継続されますか?

水瀬さん。どうも!

>スマイリーさんにお伺いしたいのですが、もし仮に、ご自身が海外駐在しておられなかったとしても、香港で運用をされていたと思いますか?

うーむ。これは結構難しい話ですね。
もし海外に駐在していなかったら、日本のネット証券やソニー銀行に口座を開設できていたわけですからね。
確信では有りませんが、海外口座を開設する気にはなっていなかったと思います。
おそらく下記の理由からです。
①語学
②マイホーム、マーカーの購入
③余剰資金の不足

しかし私は比較的お金は結構敏感な性格なので、
香港での資産運用の可能性を早くから知ることが出来たのであれば
意外と現在同様の行動に出ていたかもしれません。
必死に勉強をして。
とにかく資金面はとにかく不足していたでしょう。

まあ仮定の話をしてもしょうがないので、現実の世界を受け入れ今後もオフショア投資にがんばりたいと思います。

>スマイリーさんへ

質問にお答えいただき、ありがとうございました。
必要に迫られて始めるオフショア投資と、「なんか儲かって本に出てたぞ」という興味で始めるオフショア投資では、自ずと本気度が違ってくるんですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「本気」のオフショアな海外投資

最近、本ブログ内で頻繁に「本気」と言う言葉を強調しています。何を以って「本気」と定義するのか?なかなか難しいところですが、下記に私が個人的に海外投資に必要だと思われる項目を網羅しました。いくつ該当するか試してみてください。皆さんの海外投資に関する....

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)