ハイリスクなファンドのインベスターリターンが特に低い!?

水瀬ケンイチ

watches-1204696.jpg


前回の記事でファンドの「インベスターリターン」について書きましたが、ハイリスクなファンドのインベスターリターンが特に低いというデータがあったので取り上げてみます。





上記グラフは、モーニングスターの記事「“高リスク・低リターン”ファンドに注意、実際の儲けも低迷」から引用させていただきました。

パッと見てわかるとおり、最もリスクが高い「5(高い)」のファンドのインベスターリターンが最も低いです。

インベスターリターンは、投資家が実際に得たリターンが売買のタイミングによって異なるため、ファンドに資金が流入した時期の比重を高く、資産が流出した時期の比重を低くして算出しています。ファンドでタイミング投資をした人たちの影響を加味したリターンとも言えると思います。

トータルリターンは、バイ&ホールドした場合のリターンです。インベスターリターンがトータルリターンよりも低い場合は、余計なタイミング投資をしたばかりに、買い持ち(バイ&ホールド)に負けてしまったということになります。

上記のモーニングスターの記事では、「値動きが大きいファンドの方が投資タイミングを図るのが難しく、売買せずに買い持ちした方が長期では良好なリターンが得られることが示唆されている」と分析されていました。

山っ気がある投資家が、ハイリスクなファンドを好み、自分でタイミングを図って売買したがり、そして失敗しているということなのでしょう。

気をつけなくては。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ