臨時投資スタンバイ

水瀬ケンイチ

しばらく118円前後で動かなかったドルが、この週末3日間で大きく下落、ガツンと円高が進行したようです。

【NIKKEI NET 2006/11/25より引用】
NY円3日続伸、115円台後半に
 【NQNニューヨーク=川内資子】感謝祭明けの24日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に3日続伸。休日前22日と比べ85銭円高・ドル安の1ドル=115円80―90銭で取引を終えた。欧州市場でドル安が進んだ流れを引き継いだ。

 今週半ばから、対円やユーロなどでドル安が進んでいた。米景気減速観測を背景に、欧州市場で英ポンドやスイスフランなど幅広い通貨に対してドル売りが加速した。24日は、23日の日米の祝日と週末の谷間とあって市場参加者が少ないため、短期売買を繰り返す投機筋から仕掛け的なドル売りが出たとの指摘があった。

 この日、中国人民銀行(中央銀行)の呉暁霊副総裁が「ドル安が進めば、ドル建て資産を多く持つ東アジア諸国は資産目減りのリスクがある」と述べたと伝わり、円買いを誘ったという。心理的節目の116円を越えて円高・ドル安が進むと、損失確定のドル売りも巻き込み、円は一気に上げ幅を広げた。欧州市場で円は115円58銭と9月5日以来、約2カ月半ぶりの高値を付けた。 (07:36)
【引用終わり】

為替の予測は不可能と僕は考えているので、後付けの理由などどうでもよろしいのですが、とにかく2ヵ月半ぶりの円高になったのは事実です。

僕のポートフォリオは、外貨比率が約70%と高いです。
だから、円高になるとガクンと評価額が落ちてしまいます。
この2ヵ月半ぶりの円高局面は、大ピンチか……?



いいえ、全然ピンチと感じません。

むしろ、高くなった円で、相変わらず株価上昇中の米国優良企業を、安く買い叩けるチャンスと感じます。
幸いなことに、手元には、こんな時のための臨時投資資金が残っています。
今年も残すところあと1ヶ月ちょっとです。そろそろ、今年分の臨時投資資金の残りを使っちゃってもいいかなぁと、ちょうど思っていたところです。
まぁ金額的にはたいしたことはないのですが、少しでも臨時投資資金を持っていれば、円高局面も楽しく乗り切ることができると思います。

そう腹をくくると、人は現金なもので、「更にもう一段階の円高進行を!」などと望んでしまったりします。
来週は、相当ワクワク過ごせそうです。


<ご参考>
円高局面における僕のツッパリの根拠(心の支え?笑)が書いてあります。ご興味のある方はご参考にどうぞ。
2006/02/18 マイアセットアロケーションを肴に語る(その5) どう自分を納得させているか
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ