早期リタイアと年賀状

そろそろ今年も残すところあと1ヶ月ですね。
この時期の僕の苦手なもののひとつ。それが年賀状です。

学生の頃は、毎年それなりに年賀状を出していたのですが、社会に出てからは、よくないことと分かりつつも、毎年、くれた人に返すだけ。それも、コンビニで買ったイラスト付き年賀状に、宛先を書いて送るだけでした。
もともと面倒くさがりな性格なのに加えて、ここ数年は、このネットコミュニケーション全盛の時代に、郵便はがきなんて非効率だろうなどと考えていました。

そんな年賀状ですが、考えを改め、今年から再開することにしました。
いったい、どういう風の吹き回しでしょうか…?

ところで、話は大きく変わりますが、僕は早期リタイアを目指して資産運用をしています。
だから、早期リタイアについて、いろいろな本を読んだり、早期リタイア実践者のブログを見たり、お話をお聞きしたりしています。
リタイア後は、どうしても社会との接点が少なくなり、人間関係も狭まるそうです。急に暇になり、自分では何をしてよいのか分からず、さりとて遊びに付き合ってくれる人もおらず、途方に暮れているうちに、すっかり老け込んでしまう。そんな方もいらっしゃるようです。
リタイア後は、より人間関係が大切になってくるようです。
※関連記事
2006/05/18 リタイア後の生活をイメージする 

またまた、話は変わりますが、うちの相方は、よく旅先の旅館やホテルで、友達に絵はがきを書いています。
僕が、「その絵はがきが届く頃には、もう僕ら家に着いてるって」「メールにすりゃいいじゃん」などと言うと、相方は振り返りもせずに、「こういうのは気持ちの問題だから」と言って黙々と書き続けます。その時は、「なんか効率的じゃないなぁ」などと思っていました。

しかし、よく考えてみると、絵はがきを受け取った人は、「差出人がまだ旅先にいるかどうか」なんてことよりも、旅先で自分のことを考えて何某かを書いてくれたという、その「気持ち」の方に興味があるのでしょう。
そう考えると、年賀状を送ってくれた相手に、宛先を書いて返しているだけで、いったい何が伝わるというのでしょう。
そもそも、年のはじめに、「今年もよろしくお付き合い下さい」という気持ちを相手に伝えるのに、効率性云々を言ってどうするんだと考え直しました。

これからは、年賀状を出そう。
送ってくれた相手だけでなく、親しくさせてもらっている人すべてに出そう。
そして、相手がどんな年賀状を見たいと思うかを考えると、ありきたりの干支のイラストなんかよりも、やはり、自分たちの面構えをお見せするべきではないのか(たいした面ではないが)。
「変わってないな」とか「生え際が後退してんじゃねーのか!?」などと笑い飛ばしてもらい、次に会った時の話のネタにでもなれば、それで上出来ではないか。

今後、早期リタイアを目指していく中で、気持ちを通じ合える人間関係は、「宝」になってきます。
お金という宝だけでなく、人間関係という宝も磨いていきたいと思います。
関連記事


  





コメント

年賀状は私も苦手です。
でも、私は実家から遠く離れた場所で暮らしているので、学生時代の友人と連絡がとれることもあり年賀状を出すようにしています。
ホントは、普段からメール等でやりとりをすればいいのですが、めんどくさがりやなものでなかなかできないのです。
私もこれからはもっと人間関係を大事にしていくようにしていきたいです。

こんばんは^^

ネット時代だからこそ手書きの年賀状が生きてくると思います。
私は学生時代から趣味で書道してるせいか,年賀状書きは楽しみでもあります^^

お!いいことですよ~!!
私は年賀状好きなんです!まだ幼稚園の先生にも出してます!
しかもついつい結構書き込んでしまう!
お手紙がなかなか書けなくても、年賀状によってつながっていて、
遠くに住んで友達と20年越しに会ったこともあるんですよ~!
年賀状だけの・・というつながりではなく、
年賀状だからこそ大事にしたいつながりですよね!!ふふ

奥様は私の母と同じタイプです!
母も必ず世界各国どこに行っても私たちにはがきをくれます!
小さい頃からちょこっとお出かけする時も、いない間に帰ってくる
家族に置き手紙。
そうして育った私はいつしか同じことを誰かにしてる自分に気づき、
他の人に「うれしかった」と言ってもらえると、
あ~、母がしてくれたことって、こういうことなんだ!って
心がぐーーーんと育ったように感じるんです。
なぁんて長々お話しちゃってペコリ。

今年の年賀状、ちょうど昨日写真屋さんにお願いしたところです~!
今年は赤ちゃん写真!ふふふ。自己満足?!えへへ。

そうですね

ここ数年、特に会社関係からの「社交事例的な」交換を
減らすために年賀状の枚数を一気に削減していたところです。
そうですね。もともと自分の近況を伝えるものですから、
今までのリストに無い相手でも出したい人に出していこうかな。。。

水瀬さん

こんにちは。うぅ~年賀状かぁ~。もうそんな時期なんですね。
すっかり忘れておりました。
このブログを読んで、ハッと気付いた次第です(笑)

確かに面倒くさいですよね。私もあまり好きではありません。
でもウチの奥さんがそういうのうるさいので毎年書いてます(汗

反省

水瀬さん。どうも!
年賀状。そのような文化がありましたね。笑
海外に赴任してからさっぱりです。
ほとんど日本の友人と連絡とっていません。
これはいけませんね。妻に良く言われます。
早期リタイア後は人のつながりが命です。
何年も音信不通になっていた友人にいきなり年賀状送っても良いものでしょうか。

>ツテさんへ

僕の年賀状出しは、十年くらい途切れちゃってるので、仲間たちは「なんで今年は来たんだろう!?」と思うでしょうね。でも、それでもいいっす。

>にじ@Rayさんへ

筆で書く文字には、無性に憧れます。
しかも、若いかたが筆で書くと、ポイント高いですよ!

>SHIHOさんへ

お子さんが産まれた家の年賀状は、100%子どもの写真ですよね。
本当に、100%です(笑)

>ゆうちゃんパパさんへ

うちの会社も、社内規定で「儀礼的やりとりは自粛」です。
最近、そういう会社が多いみたいですね。
僕が年賀状を出そうと思っているのは、すべてプライベートの人間関係です。

>kz@銅鑼湾さんへ

そのご努力が、kz@銅鑼湾さんの人望を作っているのでしょうね。
見習わせていただきます。

>スマイリーさんへ

いきなり送ってもいいんじゃないですか?僕はそうします。
驚かれるのは最初の年だけで、次の年からはもう日常になっちゃうんじゃないかと思っています。

こんばんは~
こぎぱおは年賀状は毎年出してますね~(笑)
来ない人も多いですが(^^;)
でも自分の気持ちの問題だったりしますからね(*´∀`)ノ
住所がわからない人は、メールで聞いてまで
出してますよ(爆)

>こぎぱおさんへ

そこまでして、年賀状を出されているんですね。
では……僕にもくださーい(笑)

>そこまでして、年賀状を出されているんですね。
>では……僕にもくださーい(笑)
うひょひょ。ほしいですか?
たぶん今年もうちのマロの写真になるかと
思います(笑)

トラックバック、ありがとうございました。

1年に一度だけの交流がほとんどの年賀状!
大抵は年末に近い多忙な時期に書かないといけないので、面倒なのは皆さん一緒ですね。
私も面倒ですが、社会人になってから、欠かすことなく続けてきました。10年前からパソコンの年賀状ですが、それ以前は筆ペンで表裏1枚ずつ書いていました。

古いところでは小学校1年のときの担任の先生。新しいところでは、退職してから年賀状のやりとりを始めた元会社の同僚や先輩・後輩。
筆ペン時代にある人から、毎年私からの年賀状を楽しみにしている、と言われたときは嬉しかったですね。別に凝った年賀状でもなく、単に手書きの年賀状なんですが、その人は印刷店に頼んだのは味気なく、やはり手書きの年賀状がいいと言っていました。

早期リタイヤだけでなく、いずれはどなたでもリタイヤすることになるわけですから、その後の人間関係の一つの基盤になると思います。水瀬さんの奥様が言われている通りだと私も思っています。何よりも、自分を覚えていてくれて、1年に一度年賀状という形で挨拶をしてくれるということだけで嬉しいものです。もちろん、こちらからも同じことをしないと、継続はありえませんが・・。

そしてもう一つ大事なことは、元旦に届くように、今年であれば25日までに投函することですね。それだけで、気持ちの伝わり方が数倍違うのではないかと思います。

同志!

はじめまして。
突然に「同志!」と呼ばれても、お困りになるだけかと思いましたが、
そう呼ばずにはおれませんでした。

実は私も、この冬、突然年賀状をほぼ10年ぶりに再開しました。
基本的に年末年始は仕事をしていることもあり、
また「なんでそんな決まりごとをせにゃならんのだ」と
ひとりひねくれていたのですが、
突然に、今年は年賀状を出したくなったのです。
「出すものか」が「出したい」に変化したのですから
自分でも不思議だったのですが。

で、
同じ時期に同じようなことを思っていた人がいたことに、
妙にテンションが上がってしまいました、スミマセン。
また、文章を読んで、なんで自分がそう思ったかが、よく分かりました。

ありがとうございました。感謝!

>みつろうさんへ

同志よ!!(^^)/
やはり、年賀状出してよかったのではないですか?
僕もこれからも出そうと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

個別株投資で低PER戦略は通用しない!

「成長する資産・しない資産」に対して、水瀬さんから低PER戦略については、バリュー株という「クラス全体」について見れば、有効と思われる研究成果が出ています。でも、「個別銘柄」について見てみえると、EPSと組

NZドルはかなりいいらしい('A`)

('A`)とりあえず、為替だとか、株式だとかに興味持ってる人は必見だわな。

毎月分配ファンドと税金(3)

ただこのケースでは、毎月多額の分配金を出していくために、運用上「規模の経済性」が

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)