投資信託の制度・規制緩和の年表、インデックス投資の(勝手)年表

水瀬ケンイチ

photo20181215_0.jpg

投資信託の制度・規制緩和の歴史がまとまった年表が、トウシルに掲載されていますので取り上げます。



photo201881215.jpg

(2018/12/13 残高は国家予算を超える101.28兆円!誕生から振り返る平成の投資信託 | トウシルより引用)


1951年の日本初の投信が国内株式クラスだけだったところ、1961年に国内債券の組み入れが可能になり、1970年に外国証券の組み入れが可能になり、1978年に為替ヘッジ先物予約が可能になり、2003年にはREITが解禁になり、この頃には投資家の資産運用に必要なアセットクラスはだいたい投信で揃っていました。

私がインデックス投資をはじめたのは2002年なので、このあたりの時期です。

トウシルの年表では、順風満帆に環境が向上してきたように見えますが、実際はそんなきれいなものではありませんでした。

たしかに、ひととおりのアセットクラスの投信は揃っていましたが、基本的にアクティブファンドが中心であり、販売手数料も信託報酬も高かった状況でした。

インデックス投資の環境は、2005年くらいまでは、はっきりいってボロボロでした。

インデックスファンドはあっても日本株式インデックスファンドばかり、しかもノーロードではないものばかりでした。また、せっかく国内外の株式や債券のインデックスファンドが出てきても、突然、繰上償還や取扱廃止に追い込まれることが相次ぎました。

黎明期のインデックス投資家たちは、そのたびに振り回され苦労しました。その頃のインデックス投資環境を勝手に年表にした過去記事があるので、そこから引用します。あわせてご覧ください。

<水瀬的インデックス投資の思い出年表>
2002ネン-個別カブ投資を見限ミカギり、国際分散投資のインデックス投資を開始
2003ネン12ガツ大和投資信託、直販サービス終了(以降、投資していたインデックスファンド「ダイワ投信倶楽部」シリーズが一般販売されなくなる)
2004ネン4ガツ野村ファンドネット証券、サービス終了(当時トウジ、投資していたインデックスファンド「PRUマーケットパフォーマー」シリーズが主要金融機関で購入コウニュウ不能フノウに)
7ガツインデックスファンド「MONEYKitスタンダード」シリーズ繰上償還
2005年8月ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」開始、あわせて金融機関・証券取引所等への直接要望開始
2006年6ガツ日経ビジネス アソシエ 7月11日号臨時増刊 掲載(初取材)
10月ネット証券で初めて楽天証券が海外ETFの取り扱い開始
2007年1ガツマネックス証券ショウケンテイコストなバランスファンド「マネックス資産設計ファンド」発売ハツバイ
eトレード証券(現SBI証券)に海外ETFを取り扱うようブログで直接要望を募る。多数の読者が行動を起こしてくれた
3ガツセゾン投信トウシンテイコストなバランスファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」発売ハツバイ
4月梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー、100万PV突破
ダイヤモンド ZAi 6月号 掲載
5ガツ日経マネー 7月号 掲載
6ガツeトレード証券(現SBI証券)で海外ETF取り扱い開始
7ガツブロガー仲間ナカマコエをかけておいする(以降イコウ、毎年不定期に「ウメ屋敷ヤシキインデックスカイ」とショウしてインデックス投資トウシ関係者カンケイシャ懇親コンシンカイ開催カイサイ
9ガツダイヤモンド ZAi 11月号 掲載
10ガツ楽天証券に直接取材敢行、ブログで質問が多かった疑問点を解消
2008ネン1ガツインデックスファンド「STAMインデックス」シリーズ販売開始
日経トレンディ 2月号 掲載
ベスト投資信託ガイド 掲載
3ガツYen SPA '08春号 掲載
5ガツBIG tomorrow 7月号 掲載
6ガツ梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー、500万PV突破
7ガツダイヤモンド ZAi 9月号 掲載
8ガツBS11 「money cafe」 TV出演
マネックス証券で海外ETF取り扱い開始
9ガツリーマン・ショックをきっかけに世界セカイ金融キンユウ危機キキ勃発ボッパツ
バンガードが海外ETFに参入
2009ネン1ガツ日本ニホン経済ケイザイ新聞1月1日特集 掲載
第一回インデックス投資ナイト開催
5ガツ「ウォールガイのランダム・ウォーカー」著者チョシャのバートン・マルキール来日ライニチ講演コウエン
6ガツ新興国シンコウコクフク全世界ゼンセカイ株式カブシキETF「Vanguard Total World Stock ETF」(VT)日本ニホン上陸ジョウリク
8ガツダイヤモンド ZAi 10月号 掲載
日経マネー10月号 掲載
9ガツ楽天ラクテン証券ショウケン、1000円からの投信トウシン積立サービス開始カイシ。すぐに、マネックス証券ショウケン・SBI証券ショウケンツヅ
10ガツインデックスファンド「eMAXIS」シリーズ販売開始
11ガツ月刊ニュートップL.創刊号 掲載
ジョインベスト証券がサービス終了シュウリョウ(野村證券にがれるが、STAMシリーズなどテイコストインデックスファンドは取扱廃止ハイシ
第1回三菱UFJ投信ブロガーミーティングで意見交換・直接要望
2010ネン1ガツ第二回インデックス投資ナイト開催
MSCIコクサイ、MSCIエマージング連動の国内ETF(1680・1681)上場ジョウジョウ
2ガツドイツ証券、海外ETFに参入
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー、1000万PV突破
3ガツダイヤモンド ZAi 5月号 掲載
ドイツ証券海外ETF懇親会で意見交換・直接要望
第2回三菱UFJ投信ブロガーミーティングで意見交換・直接要望
4ガツインデックスファンド「CMAMインデックスファンド"e"」シリーズ発売開始
7ガツ「STAMインデックス」シリーズが純資産拡大に伴い信託報酬値下げ
ブラックロック証券ブロガー向けセミナーで意見交換・直接要望
日経ヴェリタス7月18日号 掲載
8ガツダイヤモンド ZAi 10月号 掲載
9ガツ三菱UFJ投信、投資家アンケートの結果で要望1位の「eMAXIS 全世界株式インデックス」発売
第3回三菱UFJ投信ブロガーミーティング開催
11ガツ野村インデックスファンド「Funds-i」シリーズ発売開始
東京証券取引所意見交換会で国内ETFについて意見交換・直接要望
12ガツ山崎元氏との共著で「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」上梓ジョウシ
2011ネン1ガツ第三回インデックス投資ナイト開催
2ガツダイヤモンド ZAi 4月号 掲載
日経マネー4月号 掲載
バンガードの海外ETF、コスト改定(大幅低下)  
3ガツ世界最大のETF「SPDR S&P500 ETF」(SPY)が東証に重複上場
※黄色い網掛けは、特に思い出深かった出来事。青は特に悲しかった出来事。

2011/03/08 【ザイ没ネタ】水瀬的インデックス投資の思い出年表 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)より

当時はメディア取材に浮かれており、やたらメディア掲載情報が多くて見づらく申し訳ないのですが、インデックス投資環境は、主要インデックスファンドの信託報酬の引き下げ、低コストインデックスファンドシリーズの登場、国内ETFの登場、海外ETFの登場など、ゆっくりとではあるものの着実に向上してきました。

(この勝手年表、個人的なメディア掲載履歴を削除しつつ、続きを作りたい…)

投信全体では、直近10年で主に制度面での拡充が続きました。

2004年の証券優遇税制が2008年、2010年に二度延長され、それが終わると、2014年にNISA(少額投資非課税制度)、2016年にジュニアNISA、そして2018年につみたてNISAが開始されました。

投資家の要望、投信各社の企業努力、金融庁のサポートなどによって、特に直近10年、投信の投資環境は格段に向上しました。

環境はほぼ整ったと言っていいでしょう。それを活用するかどうかは、投資家しだいです。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ