ブログのカテゴリー見直し (おまけ)

水瀬ケンイチ

前回の記事で、ブログのカテゴリー見直しについて書きました。
ところで、カテゴリー分けをするにあたって、あらためて過去の記事に目を通したところ、いろいろなことに気付きました。

・カテゴリーを細分化しても「資産運用の考え方」の記事数がひときわ多い
日々のマーケット動向ではなく、「考え方」についての記事が多くなるのは、長期投資家のブログらしくて良し(笑)

・…と言いつつ、「マーケットの動向」の記事数もけっこうある
なんだかんだ言って、僕もマーケットの動向が気になっているのでしょう。
まだまだ修行が足りないようです。

・「5分で分かるウォール街のランダム・ウォーカー」の更新が止まっている
いつのまにか恒例になってしまった「図解」(こんなのとかこんなの)作成が大変で…(汗)
しっかりしろ!→自分

・実際に読んでいる投資本の数に比べて、「投資本の書評」の記事数が全然少ない
月に数冊は投資本を読んでいるので、自分的にちょっと意外でした。
記事のネタに困って更新しないくらいなら、もっと書評を書いてもいいかも。

・記事本文よりもコメントの方が良い情報が多い
お恥ずかしい話ですが、事実です…(^^ゞ
コメントをいただいた皆さま、まことに有難うございます。

・「雑談」が多い
これはご容赦いただきたい(笑)

などなど。
たまには、自分の過去記事に目を通してみるのも、面白いなと思いました。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ