NIKKEI STYLE に消費増税や株価下落の対策

水瀬ケンイチ

pexels-photo-921783-800.jpeg

NIKKEI STYLE に消費増税や株価下落の対策に関する記事が掲載されています。

新年に3つの誓い 消費増税や株価下落に勝つマネー術|マネー研究所|NIKKEI STYLE

新年明けましておめでとうございます。NIKKEI STYLE マネー研究所の連載コラム「人生を変えるマネーハック」は、2019年もお金についての賢いノウハウやヒントをお届けしていきますのでよろしくお願いします。今年最初ということで、19年の年始の誓いとした…


詳しくは、上記記事をご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると以下の3点となるように思います。


(1) 2%の節約を実現しよう
(2) ポイント還元などはできるだけ生かす
(3) 相場が下がっても投資はジタバタしない


(1)の2%の節約は、消費税が8%から10%に上がる分、2%の節約をと簡単に言ってくれますが、実現はなかなか難しい。そもそも私自身が節約が苦手だというのもありますが。

記事で言われているクレジットカードのポイントは0.5~1%程度が普通です。今までどおりの消費をしながら2%の節約を実現するのは難しいと思います。やはり支出の削減をする必要があります。

同じ NIKKEI STYLE の別の記事になりますが、「ほったらかしで貯まるお金習慣事始め 年払いなど活用」にあるように、常に我慢をして削らなくてはならない変動費ではなく、一度仕組みを作ればその効果がずっと続く固定費の方を見直すのが良さそうです。

主な固定費は、住居費、通信費、保険料、クレジットカードの年会費、習い事の費用など。毎月払いから、年払いに切り替えるのも良いとのこと。

水瀬家の場合、自宅の光回線とスマートフォンの通信費で工夫の余地がありそうです。

また、いまは出張が多い業務をやっていますが、人事異動でほかの業務になったら、クレジットカードを空港のラウンジが使えるゴールドカードから、レギュラーカードに落としても別にいいかなと考えています。


(2)のポイント還元を活かすことは既に実施中です。

買い物は可能な限りクレジットカード払いや電子マネー払いにして、ポイントを獲得して、次回の買い物で使用しています。ネットショッピングは、経由すればポイントがアップするポイントモールを経由して購入するようにしています。

たとえば、三井住友カードであれば、
ポイントUPモール|クレジットカードの三井住友VISAカード

セゾンカードであれば、
永久不滅ポイントサイト |セゾンポイントモール

といったポイントモールを経由して購入します。たとえば、Amazon で買い物をする時にも、必ずこういったポイントモールを経由して購入しています。

皆さまがお使いのクレジットカードはいろいろだと思いますが、ポイントモールがあるかどうかは調べる価値があると思います。


(3)の投資でジタバタしないというのも、既に実施中です。当ブログの得意分野です。

「売らずに我慢するテクニック」カテゴリに、バイ&ホールド戦略の投資家が積み立て投資を続けるためのコツをまとめています。

著書にも、積み立て投資を続けるための考え方やコツをたっぷり盛り込みました。ご興味があればどうぞ。

お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ著)

消費増税が私たちの生活に与える影響は小さくないですし、景気に与える悪影響は、今から覚悟しておく必要があると思います。過去、増税で景気が良くなった国は世界を見回してもどこにもありません。

株価は予測不可能と受け入れていますが、願わくば消費増税は延期、もしくは取りやめにしてほしいと個人的には思います。

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ