インデックス投資の「退屈」対策

僕の投資方法は、主に、インデックスファンドの定期的定額購入です。
この投資方法の良さは、このブログでもたびたび書きましたが、論理的裏付けがあり、かつ、楽ちんなところだと思っています。

※2005.8.10のエントリ参照

しかし、この投資法には困った問題もあります。それは、「退屈」なことです。インデックスファンドの定期購入という投資法には、銘柄選択の楽しみ、投資タイミングを計る楽しみ、株主総会出席の楽しみ、新商品大ヒット!株式分割!合併!OH!マジかよ!!的サプライズの楽しみ等、ワクワクするような興奮は全くと言っていいほどありません。でも、資産運用は時間をお金に換えるという本来退屈なものです。面白い時はなにか間違っているのでしょう。

そうは言っても、投資を勉強しだすと、どうしても退屈が我慢ならないときもあるでしょう。僕の投資のバイブル、「ウォール街のランダム・ウォーカー」の著者、バートン・マルキールもこう言っています。

インデックスファンド投資は、私が個人と機関投資家の両方に対して、最も強く勧めるアプローチである。しかし、「全く退屈なアプローチだ」と言う人が大勢いるのも事実だ。多少なりとも山っ気のある人なら、少なくとも運用資産のある部分は、自分の足と才覚で運用しておきたいと考えるのも、無理からぬことだ。


そこで、僕が実践しているインデックス投資の「退屈」対策をご紹介します。
それは、『毎月インデックスファンドの定期的定額購入をするのに、購入日を決めてしまうのではなく、1ヶ月のどこで買うかは自由にする』という方法です。

株式指標、為替、世の中の情勢等、自分なりの相場観で、「今だ!!」というタイミングで、インデックスファンドの買い注文を出すのです。ただし、1ヶ月の間、特に今だ!と思うことがなくても、月末には必ず買い注文を出すようにします。
もちろん、10年単位の長期投資においては、1ヶ月の間のどこで買っても、その買い値の違いは、虫眼鏡で見なければわからないほどの小さな値動きに過ぎません。
でも、それなりの相場観みたいなものを生かすことは出来るので、「退屈」対策にはなります。「うわー高値で買っちゃったよ…」とか、「よしよし、今月は安値で買えたぞ」とか、けっこうワクワク・ドキドキ、楽しく買い付けができます。しかしながら結果的には、少なくとも毎月末には必ず購入するので、長期的に見れば、「定期的購入」になるのです。

この投資法、もう何年も続けていますが、僕はけっこう気に入っています。よかったら、皆さんもいかがでしょうか?

(追記)
「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」と命名しました。
関連記事


  





コメント

似たこと考えてました!

はじめまして。最近、拝見し始めました。
注文の日を自分で選ぶ、というのは
ボクも面白い、と思います。
自動積立の場合、注文の日が決まっているので
不便なことがあります。
たとえば、ボクはさわかみファンドを自動積立で
買っていますが、9月の買付日が総選挙の結果が
出るか出ないか、という微妙な時期でした。
長期投資という観点から、こんなことは目をつぶる
べきなのかもしれませんが、自動積立でも
買付日を自由に動かせたらなあ、なんて思います。

コメントありがとうございます

自分で注文日を選ぶと、投資しているんだという実感も湧きますからね。「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」って感じでしょうか。rennyさんもいかが?

興味あるんですけどねぇ

ボクのBlogにもコメントを付けて頂き
有難うございます。
「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」
興味あるのですけど、今自動積立で投資している
さわかみファンドが特にそうなのですが
自動の場合、銀行口座引落なので振込手数料が
掛からないのでコスト的に有利なんですよ。
こうした手法に対応した商品が出てくることを
期待していたりします。

コメントありがとうございます。

資産形成を目的に投資するなら、やっぱりインデックス投資ですよね。個別銘柄を長期保有ではリスクが高すぎます。あと、TOPIX連動の上場投資信託が10口から売買できたらいいのになと思います。

>びんごばんごさんへ
インデックス投資派は少数派だと思っていますが、びんごばんごさんのブログを拝見したら、インデックス投資家とおぼしき方々がたくさんコメントを寄せられていて、びっくりしました。またおじゃまします。

ドルコスト平均法の勝率を上げる方法として

「退屈対策」とは関係ないですが、ドルコスト平均法の勝率を上げる方法としてゲーム理論における「最適停止」という考え方が活用できるのではないでしょうか?

http://fomc999.blog13.fc2.com/blog-entry-117.html

20日ごと(※)に必ず1回は購入しなければならないと仮定した場合、

・最初の8日間はどんな状況でも投資しない
・9日目は、それまでで一番安い水準だったら購入する
 そうでなければ次の日に購入を延期
・翌日以降もそれを繰り返す
・19日間購入できなかったら、20日目に必ず購入する

この方法をとることで、約38%の確率で20日以内の一番安い水準にて購入できることになります。

(※)1ヶ月間の営業日は20日ではないですが、連休や休業日など20日を下回る月もあると思うので、20日間ごとに買い付けていくという考え方もあると思います。

>aegisさん

面白いですね(特に元記事)。
自分の中では退屈対策なので、実は最適解は出ているのです。
それは、末日までドキドキワクワクしていればいいというものです。
元も子もありませんが(^^;

応用させて頂きました

ちょっと投資心を・・』を応用させて頂きました、私は今年から
投資を始めた初心者ですが月々3万円をインデックスファンドへ
投資をするつもりでしたがこのブログを拝見し
6つのファンドへ5,5,4,4,2,5(千円単位)で2万5千円
一年(12)で2万5千円×12=30万円残りの36万-30万=6万円を
自分の好きな時に好きなファンドへ投資をする(ドキドキ感)を
味わいたくて残しておきました。
楽天なら1ファンドに2回増資ができるので今から楽しみです。

ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法は魅力的です。

いつも勉強させてもらってます。

私は、淡々とドルコスト平均法で積み立てていく方針だったのですが、水瀬さんの記事を読んで、ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法にちょっと投資心をくすぐられ、今後実践させてもらうつもりです。

そして、そのような内容の記事を書こうと思うのですが、ブログ名などを引用させてもらってもいいですか?

ブログのリンク欄にはすでに載せさせてもらってます。

ブログも初心者なもので、こちらからコメントさせていただきましたが、失礼があったらすみません。

よろしくお願いします。

>>そして、そのような内容の記事を書こうと思うのですが、ブログ名などを引用させてもらってもいいですか?

どうぞどうぞ。

ありがとうございました。

さっそく、引用させていただきました。

また勉強させてもらいます。

ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

娯楽産業としての証券業 ~ 人はなぜ個別銘柄に投資するのか?

 個別銘柄を売買し、短期間で利益確定/損切りする投資家の多くは、資産形成・利殖ではなく、充実した時間を過ごすことを主な目的として株式投資をしているのかもしれない。 「株を買うならここを読め」では、個人投資家の間でもっとインデックス投資が重視されてもよいは

「 年3%運用 」 の検証結果 ?

去年の1/6に 「 外貨MMFのみで分散投資し、年3%を目指したときの1年間のブレ幅を検証します! 」 と宣言し、1/21に通貨分散の明細を書きました。...

セゾン投信口座開設完了通知書、来たーーー!

JUGEMテーマ:株・投資  土曜出勤の週だったので、人より1日遅れて3連休に突入です(火曜が代休に指定されている)。  本日はバタバタと溜まった家事を片付けていたら、昼前に郵便屋さんが。  配達記録郵便の配達でした。  民営化されてからは、日曜でも配達あ

ちょっぴり揺れています

JUGEMテーマ:ビジネス こちらのエントリ で なぁーーーんにも変わりません とフォントを大きくして宣言しています。 投資・資産運用の基本的な考えについてはその通りなのですが、細かな点でちょっとした変更を考えていたりします。具体的には、毎月の買

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)