アジアの金融センターを担ってきた東証?

日本を除くアジアの主要13市場合計の時価総額が、東京証券取引所を上回ったそうです。
近年、中国市場などが好調でしたから、実感としてよくわかります。

【NIKKEI NET 2006/12/09より引用】
株式時価総額アジア急増、13市場合計で東証抜く
 世界の株式市場の勢力図に変化が生じている。日本を除くアジアの主要13市場合計の時価総額は10月末で5兆9000億ドルと、東京証券取引所(4兆4000億ドル)を上回った。より有望な投資先を求める資金の流れが背景にあり、これまでアジアの金融センターを担ってきた東京市場に代わって中国、インドなどが存在感を高めている。

 アジア13市場の時価総額は2000年末からは約4.3倍に拡大。昨年末では東京にわずかに及ばなかったが、東京市場が年初からほぼ横ばいにとどまっているのに対し、アジア各市場は時価総額が33%増え、東京を引き離した。
【引用終わり】

昔から気になっていたことに触れていましたでの、そのことについて書いてみます。
それは、「アジアの金融センターを担ってきた東京市場」という部分です。
この記事だけでなく、新聞報道や国会討論など、いろいろなところで見かけるこの言い方。

アジアの金融センターを担っているって、具体的にどういうことなんでしょう?
だって、東証ではほとんど日本株しか売買されていません。
ほんの少しの外国株が東証に上場されていますが、現在たった25銘柄です(2006年12月7日現在)。それも、ここ数年は、東証上場の維持コストが割に合わないということで、東証からの撤退が相次いでいます。
http://www.tse.or.jp/data/oversea/frhistory.pdf

また、欧米の証券取引所などでは日本株のETFが買えますが、東証では海外ETFは買えません。

海外ETFの相互上場については、検討はしていると2001年から言ってはいますが、さて、いつになることやら。
http://www.tse.or.jp/cash/etf/teikei.html

「アジアの」と大上段に構える割には、その実態は、日本単体のみの証券取引所。
成長著しい中国や東南アジア諸国の株式には、まったく関係ないところで、自分で勝手に「アジアの金融センター」名乗っているだけではないでしょうか。
弱小個人投資家にこんなことを言われないためにも、東証にはがんばってほしいものです。

とはいえ、東証が何かしたからといって、いきなりアジアの企業が続々上場申請してくるとは思えません。
そこで、まずは手始めに、アジア市場の海外ETFを上場させてみてはどうでしょうか。
中国株、インド株など、日本人にも大人気の市場に連動するETF数本を目指して。
現在売れに売れているBRICs投信と比較して、格安の信託報酬になるはずですから、それなりに売買高が上がることが見込めます。
盛り上がってくれば、アジアの企業も勝手に上場申請してくるのではないでしょうか。

聞くところによると、香港の市場では、インド株のETFが買えるそうです。
東証に出来ない理由はないはずです。

「アジアの金融センター」復活を目指しましょう!
関連記事


  





コメント

 こんにちは。私のブログのエントリーを書き終わって、こちらを覗きましたら、同じニュースをネタに記事が...トラックバックさせていただきました。
 東証は提携のうわさ話ばかりで、いっこうに具体的な話(ご指摘の外国ETFなど)が進みません。国際競争に勝ち残るためには、スピード感が重要なのですが、ノロい(^^;)。シッカリして欲しいものですね。
 アジア市場の海外ETFの上場。大賛成です。もし実現したら、一投資家として応援したい、と思います。

インド株のETF

水瀬さん。どうも!
香港BOOM証券では下記のインド関連ETFが購入できます。
確かに香港市場にもひとつ上場してますね。
<>内は上場市場
http://baby.boom.com.hk/portfolio/IndexFund/index_search.asp

Morgan Stanley India Investment Fd Inc <NYSE>
India Fund Inc <NYSE>
iShares BSE SENSEX India Tracker <HKEX>
IS MSCI India 100 <SGX>

>アジアの金融センター
これについては全く同感です。お世辞にもこのコピーは使えません。
実際は香港かシンガです。
百歩譲って「アジア地域を代表する」くらいですかね。
これでも何かしっくりきません。

日本という国、市場はアジアにも欧米諸国にも属さない、まか不思議な国、市場なのです。
株式市場も開放しない、労働市場も開放しない、英語も通じない国。
このままではいずれアジア地域から相手にされなくなってしまいます。

と日本を外国から客観的に見て感じています。

明治以来の脱亜入欧政策

「アジアを代表する」という言葉には、誤謬がありますね。日本は明治時代以来「脱亜入欧」で進んできて、元からアジアの孤立国家(独立地域)になることを選んできたような気がするのですが。どちらかと言えば欧米の方がまだ近いのではないかと感じます。

また、日本人に東南アジアと欧米とどちらが行きたいかと聞いた時、値段を抜きにすれば後者を選ぶのではないでしょうか。昨今は徐々に変わりつつあるとはいえ、未だにアジア(特に中韓)よりもアメリカの方が日本人は親しんでいると感じます。東南アジアにいたっては、交流を持とうとすらして来なかった気さえ…。

なお、証券税制の値上げ(10%→20%)が先送りされそうです。やはり、アンケートで40%以上が「値上げしたら投資を止める」なんて主張していたのが聞いたのでしょうか。政府もそこまで間抜けではなかったと…

新幹線さん。はじめまして。

まさにそういう背景があるので「何かしっくりきません」なのです。
しかし日本は現実に極東アジアに位置し、日本人の姿形は間違いなくアジア人です。
日本人がいくら「脱亜入欧」「孤立国家」と騒いでみても
所詮欧米人から見れば日本人だろうが、韓国人だろうが、中国人だろうが同じアジア人です。
そういう観点から一応「アジア地域を代表する」という表現にしました。

「アジアの金融センターを担ってきた」も同様で、日本人が都合よく
勝手に付けたコピーです。
「脱亜入欧」「孤立国家」についても、たとえ歴史的経緯があったとしてもそう考えているのは日本人だけでしょう。
周りの国家はどこも認めていないでしょうし。
要は東証にもう少しがんばってもらいたいと言うことです。

この種の考え方や、やり取りはyahooの海外トピや2チャンネルあたりにお任せしましょう。
水瀬さん、新幹線さん、お騒がせしてすみませんでした。

日経新聞を購読していないもので水瀬さんのエントリを見て初めてニュースを知りました。海外のETFが東証に上場して、どの程度東証の時価総額にインパクトがあるのか分かりませんが、ボクも海外ETFの早期上場には期待しています。(バカ高い信託報酬のBRICs投信を設定している運用会社が必死で抵抗しそうですが。それを考えると、あまり投信の設定の無い米国株式のインデックスに連動するETFの方が可能性が高いような気がします)
ボクも東証にはもっと頑張ってもらいたいと思いますが、その東証というインフラを利用する証券会社、投資家も同じように頑張る必要があるのではないでしょうか。さらにいえば証券投資をしていない人も証券市場に対して正しい理解を持ってもらいたいと思います。証券税制の問題でも分かるとおり、国政を預かる政治家の中にさえ、証券市場=カジノというとんでもない認識を持っている人がいます。
東証の改革の速度が遅いのも事実だと思いますが、彼らだけの問題でも無いような気がします。

>Nightwalkerさんへ

おたがい同じ記事に反応しましたね(^^)
Nightwalkerさんの記事も拝見しました。
うわさ話だけでなく、実際の動きに繋げてほしいです。

>スマイリーさんへ

スマイリーさんのように日本を外から見ると、摩訶不思議な国というのがよくお分かりになるのでしょうね。

>新幹線さんへ

欧米と東南アジアのどちらに行きたいか、それは人それぞれでは…?(^^;;

>rennyさんへ

もちろん、東証だけが頑張ればすべてオッケーというわけではないと思います。

実際、日本株については、低コストなETFが既にあります。
個人投資家が、これをフル活用しているかといえば、必ずしもそうではないと思います。

相変わらず、値動きの激しい個別銘柄への短期集中投資が幅をきかせています。これが100%ダメとは申しませんが、投資と言えばこれしか知らされていない(知ろうとしない)のは、ちょっと問題だと思います。

海外ETFが上場されても、使われなければ上場廃止になってしまうでしょう。
活用されるかどうかは、僕たち個人投資家次第です。
僕たちも、勉強していかなくてはいけないと思います。

大証のカントリーファンドの出来高の少なさを見るとアジアETFにどれだけ需要があるのか若干疑問な気もしますが、どうでしょうか?

>MAT.Nさんへ

カントリーファンドは、普通のネット証券では買えません(たしか、かつては東証外国部扱いだったような…)ので、単純な比較はできないと思います。
でもまあ、おっしゃるように、アジアETFにどれだけ需要があるのかは正直分かりません。
少なくとも、僕はのどから手が出るほどほしいです。

東証もそろそろ・・

こんにちは。

証券取引所を取り巻く環境は世界的に厳しくなっており、国境を越えた統合が今後さらに加速しそうです。東証もぼやぼやしていると買収されかねませんから(投資家にとってはその方が嬉しいかもしれませんが(笑))、欧米の証券取引所との業務提携等も真剣に取り組むのではないかと期待しています。

関連記事をTBさせていただきました。

>空色さんへ

トラックバックありがとうございました。
記事も拝見させていただきました。

本記事では東証に対して少々否定的なことを書いてしまいましたが、僕も東証には欧米の証券取引所との業務提携等も真剣に取り組ん出ほしいと願うひとりです。がんばれ東証!

こちらもTB

水瀬さん。
「アジアの金融センター」と「英語を公用語とする」に関連して
こちらの記事もTBさせていただきました。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

世界市場ポートフォリオに変化?

 本日の日経新聞1面トップに   株式時価総額アジア急増、13市場合計で東証抜く

日米欧の証券取引所

The Economist(November 18th-24th 2006)に、「a war on two fronts」という題名の証券取引所改革に関する記事が載っていました。〔記事の概要〕○ドイツ証券取引所は、2006年11月15日、ユーロネクストとNYSEの統合

アジアの金融センターになるための条件

「アジアの金融センターと言えばはどこ?」と言う質問に「日本(東京)」と答えが返って来るでしょうか?答えは「No」です。ほとんどの人は「香港」か「シンガポール」と答えるでしょう。この2つの国家(地域)に共通した点を挙げ、日本(東京)に何が足りないかを検証....

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)