VTI、VOOなどメジャーなバンガードETFの経費率改定、もともと安い運用コストがさらに安く!

水瀬ケンイチ

Vanguard_800.png

バンガードETF 9銘柄の経費率(エクスペンス・レシオ)が改定されました。




バンガード | バンガードETF®経費率改定のお知らせ(米国時間4月26日付)より)


VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)、VOO(バンガード・S&P500 ETF)など、バンガードETFのなかでもメジャーな銘柄の経費率が下がっています

S&P500に投資するETFに、年率0.03%で投資できるなんてすごい。もともと安い運用コストがさらに下がって、ありがたい限りです。

バンガードの低コストの秘密は、ファンドの投資家がバンガードの株主になるという独特な所有構造にあります。こんな会社は、日本の運用会社にはありません。また、インデックスファンドとETFを一緒に運用すること(マルチ・シェアクラス構造)も特長です。

低コスト化する

顧客に人気が出る

更に、低コスト化する

更に、顧客に人気が出る

更に更に、低コスト化する

更に更に、顧客に人気が出る

という好循環で、どんどん運用コストが下がってきました。投資家と運用会社の Win-Win の関係ができています。バンガードでは、純資産額が増えればコストが下がり、純資産額が減ればコストが上がると説明しています。わかりやすいです。

海外ETFであるバンガードETFに投資することで、米国の投資家による純資産拡大の恩恵を、日本にいながら受けることができます。

ただ、日本の証券会社において海外ETFは、売買や税務処理が「外国株式扱い」になります。国内ETFや投資信託とは違い、少々割高な売買手数料と為替手数料と「手間」がかかります。WEBや書籍等の情報も少ないです。ある程度知識と経験がある方向けの商品だと思っています。

知識と経験がない(あるいは、これから身につける段階)というかたは、国内籍の投資信託である「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ等を活用する方がよいと思います。

なにはともあれ、バンガードさんありがとうございます!🙏


今年3月にも、経費率の改定がありました。その時の記事です。

バンガードETF経費率改定、ただでさえ安いコストがさらに安く!

2019年のバンガードETFの経費率(エクスペンス・レシオ)が改定されました。...


<ご参考>
バンガードETFの購入は楽天証券かSBI証券をおすすめします。

楽天証券 SBI証券[旧イー・トレード証券]
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ