ニッセイ基礎研が考える「株は長期的には値上がりが期待できる」理由

水瀬ケンイチ

blur-chart-data-69760-20190519.jpg

「なぜ株は長期的には値上がりが期待できるのか?」という質問に、回答できるでしょうか。

いろいろな説明ができると思いますが、ニッセイ基礎研究所のレポートにひとつの回答例を見つけましたので、記録しておきたいと思います。



若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2 | ニッセイ基礎研究所

若い世代は仕事の“伸びしろ”も大きい。一番大事なのは本業の仕事で「稼ぐ力」を高めることだが、シリーズ第1回に述べたような社会情勢の変化を考えると、「毎月1万円」などコツコツと投資する「積立投資」の併用が資産形成・資...


上記コラムの趣旨は、積み立て投資の有用性について書かれていますが、そのなかに、「株は長期的には値上がりが期待できる」理由について説明が書かれていました。

そもそも株式というのは(株式を組み入れいている多くの投資信託も同様)、短期的には値上がりと値下がりを繰り返すが、長期では値上がりが期待できる。

なぜなら、株式の適正価格(理論価格)は(1)自己資本(資本金や過去に稼いだ利益の蓄積など)と(2)将来の予想収益(現在価値に換算)の合計で決まる(図表1)。一般に企業は稼いだ利益の一部を自己資本に加算する。赤字が続かない限り長期的には自己資本が増えるので、株価も上昇するということだ。

photo20190519.jpg

若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2 | ニッセイ基礎研究所 より)


とても簡潔でよいと思います。

企業は利益の一部を自己資本に加算して、より良い(売れる)製品・サービスを生み出す事業を行います。その利益の一部を自己資本に追加して……という事業の繰り返しにより、株価が上昇するというわけです。

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」では、これを「資本主義経済が拡大再生産し続ける仕組みだから」と表現しました。さらに、資本家と労働者の「豊かになりたい」という尽きない欲望をエンジンとして、今後も拡大再生産はグルグルと回り続けると書きました。

株の未経験者に、「なんで株って値上がりが期待できるの?」「上げ下げは半々じゃないの?」と素朴な(でもまっとうな)質問をされた時に、腹に落ちた自分の言葉で説明ができるといいですよね。

それは、下げ相場が来た時に、狼狽売りしないで耐える「胆力」にもなると思います。



※上記は長期投資における全体的な傾向の話であり、短期的には必ずしもあてはまりません。言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ