「たまひよ」で積み立て投資の連載をすることになりました

水瀬ケンイチ

shitota-yuri-507346-unsplash_20190616.jpg

このたび、「たまひよ」で積み立て投資の連載をすることになりました。

「たまひよ」はベネッセ(Benesse)が運営する、妊活・妊娠・出産から子育て中のママ・ パパを応援する情報メディア(WEBサイト)です。



妊娠や出産、育児のお役立ち情報サイト「たまひよ」

「たまひよ」はベネッセ(Benesse)が運営する、妊活・妊娠・出産から子育て中のママ・パパを応援する情報メディア。妊娠の不安や悩み、出産準備、赤ちゃんのお世話、保活、仕事、お金のことなど、医師・専門家監修の確かな情報でサポートいたします。


いままでの妊娠・出産・育児に関する情報に加えて、あらたに、投資や金融商品、電子マネーなど知って得するマネー記事連載をスタートするとのこと。そこで、積み立て投資のコンテンツとして、私水瀬ケンイチにお声がかかったようです。

本日、ベネッセのネット編集長とライターさんとで打ち合わせをしてきました。

ネット編集長のかたが以前、当ブログと著書をご覧になって、インデックスファンドで投資をはじめられたとのことで、当ブログと著書の内容をとてもよく把握されていておどろきました。ご自身の経験からも、若いママパパに投資の一歩をふみだしてほしい、という思いを持たれているように感じました。

また、ライターさんも投資の腕に覚えがあるかたで、取材をしながらコンテンツをいっしょに作っていくという感じになりそうです。

個人的に、自分がいろいろな投資法をためして最終的に行き着き、長期で実践しているインデックス投資(インデックスファンドの積み立て投資)について、若い世代(20~30代)に伝えていきたい、という思いが、年々、強くなっています。(これについては思うところがあり、別にブログで書く予定)

<ご参考>
2019/05/06 20代、30代の若者が投資を生活の中にとりこんでいる姿は頼もしい
2019/06/06 金融庁イベントで大学生さんにミニプレゼン、隣にはなぜか金融庁長官が…!?

金融庁さんに、イベントで大学生にミニプレゼンしてほしいという依頼をいただいたときと同様に、ベネッセさんに、若いママパパに投資の一歩をふみだす案内をしてほしいという依頼をいただいたときに、「これはやるしかない!」と思いました。

いまでも日本人の投資に対する「アレルギー」は相当なものです。多くのかたにとって、投資は博打(ばくち)、ギャンブルといったイメージでしょう。

米国ではごくふつうの夫婦がやっている投資信託(米国ではミューチャル・ファンド)への積み立て投資ですが、日本ではまだまだ敷居が高いのが現状です。

これが、「ごくふつうのこと」になるには、金融系ではないメディアでも、肩ひじはらない気軽なお金の情報のひとつとして、積み立て投資のコンテンツがあると良いと思います。

妊娠・出産から子育てという人生で最もいそがしい時期には、ほとんど手間をかけずに資産形成をめざせる積み立て投資がフィットするという若いママパパも多いはず。

やるやらない(できるできない)は別として、米国では高校で習うような、基礎的な投資の知識について、知っておいて損はないでしょう。

まだ企画段階ですが、気軽に読めて、若いママパパのお役に立てるようなコンテンツを作れたらいいなと考えています。形になりましたら、当ブログでも報告したいと思います。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ