確定拠出年金用ファンド「DCニッセイ」シリーズが信託報酬値下げ

水瀬ケンイチ

architect-architecture-body-33343_20190627.jpg

ニッセイアセットマネジメントは、確定拠出年金(DC)用ファンド「DCニッセイ」シリーズの9銘柄の信託報酬を、値下げすると発表しました。



ニッセイアセットマネジメント WEBサイト
2019/06/27 確定拠出年年金(DC)向けファンドの信託報酬率引き下げ(投資信託約款変更)について

DCニッセイ国内債券インデックス 年率0.180% →0.120%
DCニッセイ日本債券インデックス 年率0.180% →0.120%
DCニッセイ国内株式インデックス 年率0.160% →0.140%
DCニッセイ外国債券インデックス 年率0.210% →0.140%
DCニッセイ外国株式インデックス 年率0.189% →0.140%
DCニッセイワールドセレクトファンド(安定型) 年率0.160% →0.140%
DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型) 年率0.180% →0.140%
DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) 年率0.200% →0.140%
DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型) 年率0.220% →0.140%
(信託報酬はいずれも税抜き)

2019年10月1日より信託報酬値下げとのことです。場合によっては何十年もお付き合いする確定拠出年金用ファンドですから、信託報酬値下げは本当にありがたい。

「DCニッセイ」シリーズを取り扱っている代表的な運用管理機関は、なんといってもSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のオリジナルプランでしょう。ここで、「DCニッセイ外国株式インデックス」や「DCニッセイ国内株式インデックス」に投資している方は、信託報酬値下げの恩恵を受けることになると思います。

ただ、SBI証券に限って言えば、もうひとつのiDeCo(個人型確定拠出年金)のプラン「セレクトプラン」の方が、「eMAXIS Slim」シリーズが買える分、更に低コストで運用可能です。

<一例>
DCニッセイ外国株式インデックス 年率0.140%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 年率0.0999%

これからSBI証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)の口座開設する場合は、「セレクトプラン」の方をおすすめします。

2018年に少額投資非課税制度の「つみたてNISA」開始する際、運用会社間で起こった「低コスト競争」により、確定拠出年金(DC)用ファンドを、一般販売されるファンドが低コスト化で追い越してしまっている状態がしばらく続いています。

一歩だけ遅れている確定拠出年金(DC)用インデックスファンドのコスト値下げ。じわじわとでもいいので、ニッセイアセットマネジメントさんをはじめ運用会社さん、がんばってください!🙏

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ