マネックス証券、米国株の最低取引手数料を楽天証券に追随値下げで0.01米ドルへ

水瀬ケンイチ

monexlogo_20190708.gif

マネックス証券は、7月22日(月)から、最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)へ更に引き下げすると発表しました。

マネックス証券は7月4日に0.1米ドルに値下げを発表しましたが(該当記事)、その翌日、楽天証券が0.01米ドルに値下げしたので(該当記事)、まさに「一日天下」でしたが、これでマネックス証券と楽天証券は同水準になりました。

追い越されてもまた追いつく。この最低手数料値下げ競争、アツいですね!



米国株の最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)へ変更!

マネックス証券の米国株取引では、2019年7月8日(月)より最低取引手数料0.1米ドル(税抜)にてサービスをご提供いたしますが、このたび最低手数料を0.01米ドル(税抜)へ更に引き下げいたします!最低手数料を引き下げることで、更なる低コストでの投資環境をご提供いたします。



先般の値下げ時にも発表されていた、米ドルの為替手数料(買付時のみ)が2019年7月8日(月)から2020年1月7日(火)まで無料というキャンペーンは、引き続き提供するとのこと。

期限付きのキャンペーンとはいえ、これから始める方にはありがたいですね。

ただ、毎度の注意喚起で申し訳ありませんが、日本の証券会社において米国株・米国ETFは、売買や税務処理が「外国株式扱い」になります。関連する手続きについて、WEBや書籍等の情報も少なく、ある程度知識と経験がある方向けの商品だと思っています。

問題・課題を自ら調べて解決できる方にとっては、最低手数料の値下げは、米国株・米国ETFの投資へ一歩踏み出すきっかけになると思います。

マネックス証券さん、グッジョブ!!👍




関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ