SBI証券、米国株の最低取引手数料を0に! 楽天証券・マネックス証券に追随

水瀬ケンイチ

sbi_logo.jpg


SBI証券は、7月22日(月)から、米国株の最低取引手数料を0に引き下げすると発表しました。

言うまでもなく、今月に勃発したマネックス証券と楽天証券の最低取引手数料引き下げ競争への対抗値下げです。



SBI証券 公式WEBサイト
米国株式最低手数料を0ドルに引き下げ!(2019/7/22(月)~予定)

まあ、最低手数料が0.01米ドルも0米ドルもほとんど変わらないので、3社ともほぼ横並びと言ってもいいのですが、いちおう計算すると、約定代金が2.22米ドル(約240円)までの米国株を取引する場合に手数料に差が出ます。

0.01米ドルと0米ドルの金額的な差の意味は別として、SBI証券は、米国株の最低取引手数料が5米ドルのままでは、さすがにライバルネット証券と利便性の差がついてしまうので、今回の最低取引手数料の引き下げは必須だったと思います。

ただ、毎度の注意喚起で申し訳ありませんが、日本の証券会社において米国株・米国ETFは、売買や税務処理が「外国株式扱い」になります。関連する手続きについて、WEBや書籍等の情報も少なく、ある程度知識と経験がある方向けの商品だと思っています。

ネット証券最大手のSBI証券の口座開設者で、問題・課題を自ら調べて解決できる方にとっては、米国株の最低取引手数料の引き下げは、米国株・米国ETF投資へ一歩を踏み出すきっかけになると思います。

最低取引手数料は0以下にはなりません。コスト競争は、最低取引手数料ではなく、本丸である「約定代金の0.45%」で止まっている取引手数料自体の引き下げに向かってほしいと思います。

期待を裏切らずに「後出しジャンケン」してくれるSBI証券さん、グッジョブ!👍


SBI証券[旧イー・トレード証券]
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ