楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投信だけでなく、国内株式(ETF含む)も買えるように!

水瀬ケンイチ

rakuten_sec_logo.png

楽天証券は、 2019年10月28日(月)より、 国内株式(現物)において、 「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円として、購入代金および取引手数料に利用できる「ポイント投資」サービス開始すると発表しました。

国内株式の購入でポイントが利用できるのは、 業界で初めてとのこと。



楽天証券WEBサイト プレスリリース
2019/09/04 業界初!「楽天スーパーポイント」で株が買える! -楽天証券の「ポイント投資」は投資信託・日本株共にNISAでも使える-

既存サービスだった投信の購入だけでなく国内株式の購入でもポイントが使えるということは、インデックス投資家的には、インデックスファンドだけでなく国内ETFの購入でもポイントが使えるということになります。

楽天市場や楽天トラベルでたまったポイントを、楽天証券での投資に使えることは、実際に利用してみると思った以上に便利で快適です。

ポイントというものは、急ぎでもなく必要に迫られてもいないと、意外と使い切るのは難しいものです。そのうち、有効期限を過ぎて失効してしまったり。

余ったポイントを投資に回せれば、少なくとも失効するまで用途がないということはなくなります。国内株式(ETF含む)に使えるようになることで、楽天スーパーポイントの失効をまぬがれる投資家さんも多いかもしれませんね。

楽天証券さん、グッジョブ!👍


楽天証券

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ