2006年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的三大ニュース

今日は大晦日。もうすぐ2006年も終わりです。
皆さま、今年一年、お疲れさまでした!

今年もいろいろありましたが、自分なりに2006年を振り返ってみたいと思います。
題して、2006年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的三大ニュース(笑)

第1位 世界的に絶好調だった株式市場!
第2位 ネット証券で海外ETF取り扱い開始!
第3位 ブログがすごいことに


もちろん、他にもいろいろありましたが、3つに絞るとするとこんな感じでした。

第1位 世界的に絶好調だった株式市場!

日本の日経平均は年間で6.9%上昇ということで、まずまずという評価が多いようです。
しかし、世界的に見ると、こんなもんじゃありません。
アメリカのダウ平均は年間16.3%上昇、ドイツのDAXが22%上昇、フランスCAC40が17.5%、イギリスのFT100種が約11%上昇、スペインのIBEX35が32%上昇、イタリアのS&P/MIBが16%上昇と、絶好調でした。
これら先進国市場に加え、エマージング市場も、中国の上海総合株価指数は年間130%上昇(!)、ロシアのRTS指数は70%上昇と、そりゃもう恐ろしいくらい好調でした。

幸いなことに、僕はインデックスファンドを中心とした国際分散投資を行なっていますので、これら世界的な株価上昇を、フルに享受することができました。ちょっと出来過ぎですね。
まあ、株式市場にとどまり続けてさえいれば、こんな年もあります。

第2位 ネット証券で海外ETF取り扱い開始!

水瀬的にはこのニュースはインパクトがありました。
詳しくは、その時に書いた記事に譲りますが、これはもう日本のインデックス投資の夜明けといってもよいくらいの出来事なのではないかと思っています。
まあ、世の中的には、それほどでもないのでしょうけど(笑)

海外ETFは、その“超”低コストさから、インデックス投資家の必携ツールだと考えていました。
でも、大手証券でしか扱っておらず、手数料的に個人投資家が手を出しづらい状況であったところ、楽天証券がやってくれました。

新聞報道によると、東証への海外ETF上場も検討されているようです。
インデックス投資家としては、来年は、海外ETFの動向から目が離せません。
第3位 ブログがすごいことに

今年は、このブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」が大きくなりました。
昨年12月の1日平均アクセス数は500前後(ユニークアクセス200前後)であったのに、今年12月の1日平均アクセス数は、3417.2(ユニークアクセス1273.0)と数倍に増えました。(12月29日時点)
無駄に長いという悪評高い駄文にお付き合いいただいた、たくさんの読者の皆さま、ありがとうございました。

6月には、日経ビジネスの記者さんから取材を受けるという事態が起きました。詳しくは、その時に書いた記事に譲りますが、これには、本当にびっくりしました。

また、コメントやトラックバックで、有意義な議論をたくさん交わさせていただきました。
言い負かしたり、言い負かされたり、言い負かされたり、言い負かされたり…といろいろありましたが、おかげさまで、「記事本文よりもコメント欄のほうが役に立つ」というパターンがすっかり定着しております(笑)
コメントやトラックバックをいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

以上、2006年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的三大ニュースでした。

さて、振り返りの次は、来年の抱負ということになります。
第1位のニュースのとおり、今年の資産運用は、概ね好調でありました。
しかしながら、好調な年があれば、不調な年も必ずあるのが、世の常です。
それを長期的にならして計算したものが、各資産クラスの期待リターンになっているわけでして、今年のような好調な時に、浮かれて儲けを引き出して豪遊してしまったり、株式比率を高めてしまっては、後で泣きを見ることになってしまうかもしれません。

来年も、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」を中心に、コツコツと愚直に、投資活動をしていきたいと思います。
関連記事


  





コメント

水瀬さん。どうも!
今年も終わってしまいますね。
私にとってもいろいろと勉強になる一年でした。
来年も更なるハイパーエマージング国際分散投資をインデックス・ETF中心に続けていきます。

今年はいろいろと優良情報の提供ありがとうございました。
来年も今年同様によろしくお願いいたします。
明年見!新年快楽!

1年ご苦労さまでした。

折に触れて立ち寄ってはブログもコメントも読ませていただきましたがこの1年本当にこちらはパワーアップしましたね!

私は日本の個別株投資オンリーだったのですが、こちらのブログで文字通りインデックス投資に「目覚め」、個別株と組み合わせてそこそこの成果を挙げました。

優良な情報を提供してくださり、ありがとうございました。
来年も今年同様よろしくお願いします。
良いお正月をお迎えください!

今年は水瀬さんのブログにめぐり合って、インデックス投資に目覚めた1年でした。
またいろいろと勉強させていただきました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
良いお年を。

感謝です

私の投資関連のビッグニュースは、「インデックス投資」に出会えたことです。
水瀬さんのブログをきっかけに始めることができたので感謝しております。またブログ内での議論を読ませて頂きとても勉強になりました。
来年は、私もさらに勉強をしてこの議論に参加出来るようにしたいです。
来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年を。

良いお年を

今年は本当に大躍進でしたね。これだけの記事を書きつつ、同時にコメントに丁寧に返事することは大変だったと思います。私のブログにもいろいろコメントを頂きありがとうございました。

年末年始は(といってもすでに大晦日ですが)ごゆっくりお過ごしください。それでは良いお年を!

こんにちは。
国内ではなかなか海外ETFの取扱は浸透しないみたいで非常に残念です。やはり低コストETFでは一等地にある会社や高給社員を維持していくのは困難なのでしょうかねえ。
水瀬さん外国株・債券や国内株・債券等のポートフォリオ比率はどのような配分をお考えなのでしょうか。総資産の8割以上を外国株・債券等でとか、先進国の株式市場の時価総額に応じて分散とかありますが私はアフォなのでよく分からないです。効率的フロンティアとかで最適配分がある?みたいなのですがこれもよく分かりません。まあ万人向けのポートフォリオなどはなくてオーダーメイドしかないのかもしれないですが。

ありがとうございました

いつも参考にさせていただいています。
今年は本当にインデックス投資家にとっていい年だったと思います。
今年1年お付き合いいただきましてありがとうございました。

PS リンクは先日やっとさせていただいたつもりでいたのですが、どうやら設定が完了していなかったようです。大変失礼しました。無事完了したはずです(^^)

良いお年を!!

今年は、海外インデックスの情報で、とても参考にさせていただき感謝しています。
来年も世界を視野にお互い投資活動でも頑張っていきましょう!!
それでは、良いお年を。

三大ニュース、興味深く拝見させていただきました。
フランク的には第3位のニュースですね。脅威的な数値が並びましたね。これも、水瀬さんの日ごろの勉強熱心さと誠実さのたまものだと思います。

毎日、我がブログにもご訪問いただき、本当にありがとうございました。来年も地道にブログ活動を行っていきますので、よろしくお願いします。

では、良いお年を!

1年間お疲れ様でした。
当方、投資をはじめるにあたり過去の記事を参考にさせて頂きました。
来年も良質の記事を期待しております。
良いお年を。

国際インデックス投資家にとっては朗報の年

10月ごろより、いろいろと記事を参考にさせていただいております。

さすがに債券・株式とも世界的に見れば大きく上昇した年(急落というショックはありましたが)ということで、それらに分散投資を行っていた人にとっては、大きな成果を得られた年といえたでしょう。日本株の個別投資や、デイトレードをやっていた人にとっては悲惨な年だったかもしれませんが(新興市場が下げ続けたせいで)。国際分散インデックス投資を薦めるには、環境的にうってつけといえたかもしれません。ここの項目を見る人が増えた、一つの要因にもなったかもしれません。もちろん、記事の内容が悪ければ注目されないでしょうから、皆さんを注目させる記事を書き続けた管理人さんの努力も大きいと思いますが。

来年もよろしくお願いいたします。

本年はお世話になりました!

rennyです。今年は大変お世話になりました。
特に年末にかけての「インデックス投資」についてのブログならではの意見交換は非常に興味深く進めさせていただきました。厚く御礼申し上げます。また、その折りに水瀬さんのブログから多くの方が拙ブログにもお越しいただけたのですが、そのアクセス数には大いに驚きました。
拙ブログでも少し書いたことがあるのですが、「インデックス投資」の浸透が進むような流れはほんの少しずつ実感できます。来年順調に海外のETFが上場するようになる際に、この流れが真価を問われることになるのかもしれませんね。
拙ブログのコメントでも書きましたが、「インデックス投資」「国際分散投資」「アセットアロケーション」の考え方は、決して高度なものでもなければ、難解なものでもないと思います。ですから、個人投資家へのさらなる浸透、普及は十分に期待できるものと思います。来年も引き続き、これらのテーマで色々と意見を交換できれば幸いです。

どうか良いお年を!

今年一年ありがとうございました

今年1年間お疲れ様でした。

昨年年から内容の濃いブログだと思っていたので、アクセス数の増加や雑誌の取材やなんかは、内容に見合ったものだと思います。

特に最近の記事のインデックスファンドに関する議論なんかは、[梅屋敷商店街のランダムウォーカー]の良さの真骨頂だったと思います。」

来年もまた、よろしくお願いいたします。

今年もありがとうございました。

どうもお世話になりました。

中国株は順調でした。
FXはジェットコースターのようでした。

ETF投資、踏み切ろうか踏みきらまいか悩み中です。
恐らく来年には投資することになると思います。

質の高い記事、質の高い読者、
まさに双方が勉強しながら成長している感じですね。

来年もよろしくお願いします。

完敗です

今となっては一緒に雑誌に載ったのが恥ずかしくなるような、
水瀬さんのブログの充実ぶり。まさに恐るべしですね。
普通なら「私も頑張ります」と言いたいところですが、
今まで通り思いついたことを、適当に書き残すスタイルでやってきますi-179
来年もよろしくお願いします。

>スマイリーさんへ

ハイパーエマージング…なんだか凄そうですね。
エマージング市場のインデックス投資は、今のところ、海外証券会社開設者の専売特許という感じですものね。がんばってください。

>いくぞう13号さんへ

国内の個別株投資と外国株式インデックスファンドは、組み合わせとしては相性がよいのか、他にもいらっしゃるようです。
うちのブログが、何かのお役に立てたのであれば幸いです。

>yarnoさんへ

僕のブログで目覚めたなんて、おそれ多いです。
yarnoさんご自身の勉強のたまものではないでしょうか。

>ツテさんへ

ぜひ議論に参加してください。
お待ちしています。

>Itoさんへ

正直、ちょっと辛いこともありましたが、まあ好きでやっているので…(^^;;

>肉球さんへ

過去の記事になりますが、アセットアロケーションはその時からそんなに変わっておりませんので、ご参考までにどうぞ。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-139.html

>syusyusyuさんへ

リンクありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

>tuneさんへ

下町商店街から世界を視野に!(笑)

>フランクさんへ

お越しいただいた方々のおかげです。
毎日、おおまかに言って、2割くらいが初アクセスのかたで、残りの8割くらいがリピーターのかたのようです。
感謝しております。

>w3zero7さんへ

うちのブログが、何かのお役に立てたのであれば幸いです。

>新幹線さんへ

新幹線さんは、方々のブログで精力的にコメントされていますよね。
今年は、新幹線さんもブログを始めてみられてはいかがでしょうか?
人気を集めるのに十分な知識とご見識をお持ちだと思います。(^^)

>rennyさんへ

たしかに!
会社での仕事や人間関係に比べたら、国際分散投資の知識のほうがよっぽど簡単だと思います。
今年もrennyさんの熱い記事を期待しております。

>staygoldさんへ

いくら僕が頑張っても、staygoldさんの分析力にはかないません。
また、staygoldさんの、次々に読みたくなる企画物の記事には、教えられることしきりです。

>bistrostocksmanagerさんへ

僕も遊びでFXをやっていますが、FXは難しいですね。
実は、今考えている、今年の取り扱い予定テーマに、FXの研究というのもあります。
その際はいろいろ教えてください。

>まろさんへ

いやいや、勝ち負けの問題じゃないでしょう…(^^;;
あれ以来、取材などはいっさいありませんし。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

2006年12月末締め 騰落率およびポートフォリオ

2006年今年最後のまとめです。一日平均の投資含み益は最終的に1.3万円を超えました。当初一日平均3万円をも目標にしていましたが、あまりにも高いハードルでダメでした。そりゃーそうですよね。まあ目標不達成でも、今年の自分の資産運用状況には満足しています。...

1年を振り返って

今年もいよいよあと1日となりました。札幌はとても良い天気で、気温も-2℃とそれほど寒くはないです。夕方前に妻の実家に向かい、そちらで大晦日・元旦を過ごしてきます。さて、今年1年を振り返ってみようと思います。1月2日のブログで「今年の目標」を立てていました。こ

グローバルソブリン(グロソブ)流出

公募投信で最大の国際投信投資顧問の「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」の12月の資金流入状況(設定額─解約額)が2000年2月以来、6年10カ月ぶりに純流出になることがわかった。ユーロ高/円安の進展で、

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)