台風19号でわかった!? 自然災害に強い投資法とは

水瀬ケンイチ

cyclone-62957_1920_20191018.jpg

台風19号が日本各地に引き起こした甚大な被害を受けて、トウシルに「台風襲来で考える、株式投資もしもの時の備え。有効なリスクヘッジは?」という興味深い記事が掲載されています。

自然災害に強い投資法を考える良い機会だと思いますので、取り上げてみます。



台風襲来で考える、株式投資もしもの時の備え。有効なリスクヘッジは? | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 関東圏を直撃して大きな被害をもたらした台風19号。これを機会に、株式投資で不測の事態が起きた時の備えについて考えてみませんか? 10月12~13日にかけて日本列島、特に関東圏を直撃した巨大な台風19号。被害を受けた地域にお住まいの皆様に…


詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると以下のとおりかなと思います。

・最悪のケースは、レバレッジを掛けた集中投資をしていて、市場は動いているのに注文を出せないこと
・リスクヘッジ① 複数銘柄に分散投資
・リスクヘッジ② プットオプションの買い
・リスクヘッジ③ レバレッジはかけない or 控えめに
・最も避けるべきなのはスマートフォンのバッテリー切れ。電池で充電できる充電器とモバイルバッテリーを

たしかに、台風19号が日本に上陸した先週末は、株式投資どころではなかったと私も思います。

多摩川の近くに住んでいるので、近くで多摩川が決壊したら最悪の事態もあり得るなと思っていたところ、スマートフォンに自動で届く緊急速報のエリアメールで、避難勧告が警戒レベル3、警戒レベル4、警戒レベル5と上がっていくのを見て(自動読み上げを聞いて)、命の危機を感じました。

たまたま週末だったので、株式市場は動いていませんでしたが、たとえ平日であったとしても、投資の注文どころではなかったと思います。

上記コラムでは、自然災害時の株式投資のリスクヘッジ策として、①複数銘柄に分散投資、②プットオプションの買い、③レバレッジはかけない or 控えめにという方法を提言しています。

ごもっともだと思います。ただ、個人的には、もっと根本的なリスクヘッジ策として、「ほったらかしにできる投資方法にする」というのが自然災害対策ではいちばん有効だと考えます。

かのウォーレン・バフェット氏は「たとえ10年間市場が閉鎖されるとしても構わないと思える企業だけを買いなさい」と言いました。そのような投資法であれば、数日~数ヶ月程度の自然災害におそれおののく必要はありません。

私が実践しているインデックス投資は、投資対象が企業云々ではなく、「全世界の株式のほぼすべて」です。全世界の企業が一気に倒産することなどありえないので、これ以上のほったらかし可能な投資対象もなかなかないと思います。

もちろん、リスク許容度の範囲内で投資することは大前提ですが、世界中に分散したインデックスファンドを積み立てて長期保有するインデックス投資というものは、自然災害にも存外強いのではないかとあらためて思いました。



関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ