2007年1月現在のアセットアロケーションと構成商品(その1)

2007年お正月時点のアセットアロケーションです。
前回ブログに掲載してから、1年くらい経過したのと、ここのところ読者のかたから同じご質問を立て続けにお受けしたこともあり、最新のものを掲載しようと思います。

アセットアロケーション

現在のアセットアロケーションの期待リターンは、年率5.61%です。
追加投資用の流動性資金を除くと、年率6.82%になります。
なお、計算の元となるデータは、「内藤忍の資産設計塾 実践編」(内藤忍著)のデータを利用しています。
リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアはそんなに厳密には追い求めておりません。たいしたアセットアロケーションではありません。

次に、主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったり、なかったりしますが)

流動性資産:ダイワMRF
日本株式インデックス:TOPIX連動型上場投資信託
日本株式アクティブ:DKA株式オープン
日本債券:なし
外国株式インデックス:トヨタアセットバンガード海外株式ファンドバンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
※適宜、iShares S&P500 Index Fund、iShares MSCI EAFE Index Fundへ移行中
外国株式アクティブ:DIAM中国関連株オープンSGロシア東欧株ファンド
外国債券:バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド ※バランスファンドですが債券ファンドとして代用

何かのご参考になれば幸いです。
ただし、このポートフォリオは、まだまだ課題を抱えていると思っております。
その課題については、また次回。

(次回へ続く)

<ご参考>
上記金融商品はすべて、ネット証券であるマネックス証券、Eトレード証券、楽天証券で揃います。(会社名をクリックすると口座開設できます)
・楽天証券「海外ETF」
・マネックス証券
・イー・トレード証券
関連記事


  





コメント

3月以降をめどに検討

遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。

日本債券は、何回も述べられたことなので今更繰り返す必要も無いのですが、ゼロなんですね。「理論上は外国債券も日本債券も、為替変動に金利差の分が含まれているため、期待収益率は同じである(山崎元氏ほか)」などという意見もあることを考えれば、私はあった方がいいのではないかと考えて、個人向け国債とかを組み込んでいるのですが。

外国株式が高いことは、私も正しいのかなと感じるところがあります。理論上は、公平な分散が働いていることになりますから(とはいえ私の場合、日本株の割合がまだ世界株より高い)。世界債と日本株の割合を減らすこと、世界債をインデックスに切り替えることを現在検討しています。

ブログ開設の件ですが、今はまだ資産運用の方針を確立できておらず(勉強が足らないところがある)、コスト高の商品の削減も終わっていないので、それが終わった3~4月ごろを目処に開設を検討してはいます。時間の都合とか考えると、どうなるか分からないのですが。アドバイス有難うございます。

>新幹線さんへ

債券については、今年の研究テーマ(ちょっと大げさですが)のひとつと思っています。
ご指摘の山崎氏の主張も存じておりますが、自分で納得している部分と、できていない部分が、もやもやと混在しています。
勉強不足から、まだ、ここが違うなどと自信を持って言えないのですが、いずれ、記事を書いてみたいと思っております。
その際は、ご指導よろしくお願いします。

ブログを検討されているんですね!
たかがブログですが、されどブログで、けっこう馬力を要するので、決して無理にとは申せませんが、楽しみにお待ちしております。

回答有難うございます。

債券のことは金利や為替と結びついているのかどうかなど、研究すべき点がいろいろありそうですので、興味深い記事が書けるかと思います。ご期待いたします。ブログの件について納得いただけて幸いです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

投資家ブロガーのアセットアロケーション

年末年始にかけて、多くの投資家ブロガーがアセットアロケーションを確認している。さっそく、それらの記事を集めてみた。

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)