試される大地で投資談義

水瀬ケンイチ

blue-sky-1348634_1920_20191112.jpg

某試される大地に来ています。



もちろん仕事できているのですが、夜に現地の同志(と言わせていただきたい)の個人投資家さんと飲みました。

そのかたは、私と同じく本業を持ちながら、若者への金融教育を模索しながら実践されています。このブログが始まった15年前からの常連さんでもあります。

ここに来るたび、どうすれば投資(主にインデックス投資)をもっと知ってもらえるかについて、個人投資家の立場で何ができるかを話しあってしまいます。

誰もお前らなんかに頼んでない?

はい。彼も私も、べつに誰かに頼まれたわけでもありません。

ただ、昭和時代のように、いい大学に入れば「人生上がり」とはいかなくなっている世の中で、自分の選択肢を広げる方法のひとつとして、投資は若い方々にもっともっと知られて然るべきだと考えて、知ってもらうためにやれることをやろうと行動しています(もちろん、知った上でやるかどうかは本人次第!)。

各々の置かれている立場でお互いに、何をやったとか、こんな事があったとか、そんな報告をし合っているうちに、いつもお酒が進んでしまいます。

若いママさんパパさん向けのWEBメディア「たまひよ」で、インデックス投資の連載をしていることを報告したら、とても喜んでくれました。うれしかったです。

良いことも悪いこともいろいろあるものの、個人投資家にとっての投資環境は良い方向に進んでいるし、遅まきながら、若者を取り巻く世の中も少しずつ変わってきているかもしれないことを確認しました。

有意義な時間はあっという間に過ぎてしまいます。日付が変わる前には締めて、それはそれ、これはこれ、としてまた明日の仕事に備えたいと思います。やることはやりまっせ。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ