「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬がライバル追随値下げ!

水瀬ケンイチ

eMAXISSlim.jpg

三菱UFJ国際投信は、インデックスファンドの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を、他社類似ファンドに対抗して引き下げると発表しました。



三菱UFJ国際投信 プレスリリース
2019/12/04 業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

気になる信託報酬引き下げの概要は以下のとおり。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
信託報酬 年0.0999%以内 → 0.0965%以内(いずれも税抜)

2019年12月27日から適用されます。

これは、「SBI・先進国株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(先進国株式)」の信託報酬引き下げに対抗したものだと思われます。

「SBI・先進国株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(先進国株式)」が信託報酬引き下げ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

雪だるま(先進国株式)のベンチマークは、FTSEディべロップド・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)で、日本を「含む」先進国株式クラスで、日本を「除く」先進国株式クラスの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は厳密には同じ資産クラスではありません。

「eMAXIS Slim」シリーズは、まったく同じではない類似ファンドであっても、業界最低水準の運用コストをめざして追随しています。あっぱれです。

ただ、厳密には、ライバル他社のファンドの「税抜」信託報酬に追随する方針のようで、「税込」信託報酬では雪だるま(先進国株式)がいまだ信託報酬最安です。

消費税がかからない海外ETFが投資先のライバル他社のファンドには追随しない(できない)という方針は、もしかしたら、eMAXISシリーズ唯一の弱点かもしれません。

それでも、運用会社の業界最低水準を追随し続けるスタンスは、既存のインデックスファンドを保有する投資家にとって、とても心強くありがたいと感じます。

三菱UFJ国際投信さん、グッジョブ!👍

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ