イー・トレード証券で海外ETFを買いたい人、いらっしゃいませんか?

水瀬ケンイチ

インデックス投資家のリーサルウェポン、「海外ETF」ですが、2007年1月現在、ネット証券では、楽天証券一社だけが取り扱っています。

楽天証券では、海外ETFは「外国株式扱い」で購入する形になっています。
例えば、僕が投資する「I-Shares S&P500 Index Fund」は、楽天証券では「米国株式」の一銘柄として購入する形になります。
米国株式市場には、米国に投資するETFだけでなく、欧州、東欧、東南アジアなど、それこそ世界中の国やエリアの株式に投資するETFが上場されています。うらやましいですね。

さて、その「米国株式」の取り扱いがあるネット証券会社が、楽天証券のほかに、もうひとつあります。それがイー・トレード証券です。
僕は、イー・トレード証券にも、ぜひ海外ETFを取り扱ってほしいと思っています。

イー・トレード証券が海外ETFに参入すれば、現在先行している楽天証券も、うかうかしていられません。
そこに、会社間の競争が発生し、海外ETFの銘柄拡大や手数料の値下げなど、更なるサービスの向上が期待できるかもしれません。

イー・トレード証券はネット証券No.1の口座数を誇っていますので、読者の皆さまのなかには、口座を保有しているかたも多いと思われます。

イー・トレード証券で海外ETFを買いたいと思っているかた、これを機に、直接要望を出してみませんか?



要望の仕方は簡単です。
1月7日現在、WEBサイトのトップページに、「リクエストフォーム」があります。
入り口がちょっと目立たないのですが、「おしらせ」情報のいちばん下に、『【リクエストフォーム】当社へのご要望をお寄せください!』という情報タイトルがあります。
(この情報タイトルはログイン状態にしないと出てこないのでご注意を)
そこから、要望を出してみましょう。

イー・トレード証券トップページ
(クリックで拡大します。入り口は画面最下段です)

ちなみに、僕は、
・イー・トレード証券の海外ETFの取り扱い開始
・楽天証券にもある米国・香港だけでなく、欧州などに投資する海外ETF銘柄
の二点について、要望を出しました。

ひとりひとりの利用者の声は小さくても、集計されて、ある程度のパーセンテージになれば、すぐに実現するかどうかは別として、少なくとも企業として無視するわけにはいかなくなると思います。


<ご参考>今回取り上げたネット証券会社は以下から口座開設できます。
(会社名をクリックしてください)
・楽天証券
・イー・トレード証券
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ