SAISON CARDのセミナー『新春特別企画 「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナー』レポート(その4)

前回の記事、SAISON CARDのセミナー『新春特別企画 「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナー』レポート(その1)(その2)(その3)の続きです。

司会
皆さんの話を聞いていると、人生観、生き様が長期投資とリンクしているように思う。伊藤さん、「美しい投資」とは?

伊藤(千葉商科大学)
いい生き方をしたい。昔と違って今はモノがある。独身、DINKS、職業もいろいろ。夫婦ふたりともパートの世帯が5%もいる。これでは、貯蓄も投資もできない。40代女性で、おばあちゃんの介護をしなければいけないので、長期投資をしなくてはと言う人もいる。
お金の安心感を持って生きていくことが重要。就職して、1ヶ月1万円投資して、60歳まで年8%で運用すれば、3000万円になる。
品格ある投資。水は昔タダだった。今は500mlのペットボトルにお金がかかる。10年後は1000円するかもしれない。2015年世界の国の50%が水不足になると言われている。その解決手段は、海水を真水に加工することだ。この技術を提供する企業の上位10位のうち、上位5位までが日本企業である。株価が上がるというのもあるが、美味しい水を世界に提供する会社に投資するのも品格ではないか。
他にも、植物性プラスチックも日本企業、新日鉄は鉄粉を海に撒く事業をやっている。こうするとプランクトンがCO2を吸収する。人のため、自分のため。
(水瀬注:いまいち仰る理屈がよく理解できておらず、うまく書けていません…申し訳ない)

司会
社会性ある投資と言う感じでしょうか。加藤さん、アメリカ人は拝金主義的なイメージがあるが、品格ある投資と言う意味ではどうか?

加藤(バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券)
アメリカ人に特に品格があるというわけではない。日本人と同じだ。ただ、一般的に投資に慣れているのはアメリカ人。日本で投信の割合は4%。アメリカは倍以上ある。
品格の問題ではなく、学習、投資教育の問題。投資をやるだけの基礎知識を持つ人が多い。もちろんわかっていない人も多いが。
日本での投資教育は、小学生に株の売買をさせたりしているが、これは誰かの陰謀としか思えない。
一般の人が普通の知識でできる投資、これが投資教育だ。今、日本では逆の方向を教えている。
アメリカ人が、特に勇気があったり、頭がよかったりということはない。
(水瀬注:実に合理的なご意見!)

司会
澤上さんはいかがでしょうか。

澤上(さわかみ投信)
人の品性が投資に表れる。時間が経ってみると、バタバタしているやつはいなくなる。
運用者は、10年経ったらひとり残るかどうか。淘汰がきつい。残っているのは長期投資の人が多い。彼らは、信じられないほど勉強家であり、不思議と皆いい人。
投資信託は、信じて託すもの。ということは、安心、信頼できるかが大事だ。美しさ、生真面目さ、正直さだ。
真面目に生きてきた人が、投資だけ派手に、というのは無理がある。

司会
宮澤さん、セゾン投信は、投資家に対してどんな提案をするのか?

宮澤(セゾン投信)
さっき随分話してしまったが、若い人、女性(セゾンカードの会員層)に特に感心を持ってもらいたいし、また用意をしたい。
株はもちろん、投信にも手が伸びないという声を、バンガードの調査、去年開催したセミナーなどで聞いた。「やりたいけど手が出ない」「気軽に投資したい」。こういう人にサービスを提供したい。長期で、生き方に見合う財産形成を。

司会
林野さん、投資と消費の関係からはどうでしょう。

林野(クレディセゾン)
「とうしん自殺」という言葉がある。私は昭和40年から日本の証券業界を見てきた。証券業界は、一般の人を犠牲に、機関投資家のためだけにやってきた。日本の個人投資家は、手数料稼ぎの対象にされ、損をさせられた。私は証券業界が、自らマーケットを壊しちゃったという感覚を持っている。
セゾンカードはカード会社だから、手数料で稼ぐ必要がない。良心的になりうる。
市場がいい時は投信も上がる。素人は市場が上がると買う。下がると売る。こういう態度は、銀行や郵便局を儲けさせて終わり。これを「投信自殺」と呼んでいる。
投信は個人資産の10%を占めている。アメリカでは30%以上を占めている。あと3倍はいく。過去に、投信に懲りたことのない若い人を中心として、マーケットを作っていきたい。
(水瀬注:このかたの話はウケる!)
司会
今後は投信に話を絞っていきたい。運用再度であるお三方に聞きたい。投信が長期投資の最適ツールであるのはなぜか?

澤上(さわかみ投信)
①信頼、安心でほったらかしにできる。②雪ダルマ式に増えていく。後ろに行けば行くほど大きくなる。今までまともな投信がなかったから見たことがないだけ。③解約時以外税金を払わなくていい。再投資の力。
もうひとつ、知られていないが、人は100万円なら思い切り投資するが、3000万円になると、1000万だけ株にして残りを債券などにしてしまう。これでは株が倍になっても、全体的に見ると、チャンスを捨てていることになる。投信なら、安心して託しておけばいい。

加藤(バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券)
メリットは分散できること。世界を全部買ってしまうのは、個人では無理。
一方、デメリットもある。手数料だ。分散効果と手数料を比べて、どちらがいいかということになるが、手数料も安ければそれに越したことはない。
もうひとつ、時間が大切。投信は時間を節約できる。

宮澤(セゾン投信)
分散に尽きる。1万円の投信を手にして、世界マーケットが俯瞰できる。そうすると、マーケットへの関心が広がっていく。そこから、夢も広がる。大きな世界をコンパクトにまとめてあるのが投信。
日本の投信はコストが高い。販売手数料はゼロへ。
信託報酬も下げたいが、相応のパフォーマンスあれば、相応のコストでいいのではないかという議論もある。余計なことをかもしれないが。

司会
投資家サイドとしてお二方に聞きたい。投信を選ぶポイントは?

伊藤(千葉商科大学)
①信託期間無期限、②資産残高が安定的に増加、③複利(分配金ない)、④コスト、⑤投資方針、⑥評価会社の評価、などがあるが、良い投信は少ないのが現状だ。

司会
カード会員へのサービスという観点ではどうか。

林野(クレディセゾン)
日本のクレジットカードは全て同じになってしまった。イノベーションはセゾンカードからほとんどやった。まだやれていないこと、それが投資教育だ。
決して不真面目ではないのに、日本の社会、個人は、投資に無関心である。これは覚える機会がなかっただけ。セゾンカードを持っている人に、特別サービスで提供したい。
さわかみとバンガード、このふたつがいい。このふたつなら、会員に迷惑をかけることはない。
今日はこんなにたくさんのお客さんに集まっていただき、感激だ。まるで盛岡商業がサッカーで勝った気分だ。

司会
現状、投信が60兆円を超えた。銀行窓販、ゆうちょが売り始めているのが大きいと言われている。既存のマーケットが、長期投資のニーズに応えていると思うか?

林野(クレディセゾン)
応えてない!!
グロソブのような投信が堂々と売られていることが疑問である。あれは最悪だ。信じられない。
(水瀬注:キッパリ言ってくださいました)

伊藤(千葉商科大学)
長期投資が投資なのだという原則で商品が作られていない。タコ足配当なんかやっていると、複利効果が効かない。
難しい仕組みを作れば作るほど、コストがかかる。最近、満期を金融機関が決める預金や社債でもあるが、これはライフプラン実現のための発想と逆。分からない商品は手を出さない、プラス、コストを下げる。
消費も投資も生活文化に。


ここらへんで、メモの取りすぎで、水瀬の腕がもう限界に達しつつありましたが、パネルディスカッションはまだまだ続きます…(^^ゞ

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

水瀬さん、セミナーのレポート連日の投稿お疲れ様です。
セゾン投信については、まだ情報が少ないですが、水瀬さんのブログはセミナーに参加できなかった人には(僕も含めて)大変勉強になります。
次回を楽しみにしています。

鉄とプランクトン

<<新日鉄は鉄粉を海に巻く事業をやっている。こうするとプランクトンがCO2を吸収する。

はじめましていつも読ませて資産運用の参考にさせていただいています。

上の件私も理屈がよくわかっているわけではないですが、海では鉄分が不足気味でそのため植物性プランクトンも鉄不足、鉄を補給してやれば植物性プランクトンが増えてCO2をもっと吸収するという理屈だったと思います。「プランクトン 鉄」でググってみればだいたいわかると思います。

>yarnoさんへ

何かのお役に立てたのなら幸いです。
なんだか報われる思いがします。

>たいこもちさんへ

そうなんですか!知りませんでした。
教えていただきありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

モノホンの投資商品:セゾン投信

1月16日の日経にクレディセゾンがセゾン投信を立ち上げ、投資信託の直接販売に乗り出すとの記事があった。同社のプレスリリースも含め、信頼できる情報はほぼないが、記事によれば、インデックス投資で有名なバンガード

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)