ジョン太郎氏、山崎元氏、竹川美奈子氏のマネー本や新海誠監督の小説も半額!Kindleストアでキャンペーン実施中

水瀬ケンイチ

kinga-cichewicz-JO8U_9lq9PY-unsplash_20200428.jpg


現在、Kindleストアで、「【最大50%OFF】Kindle本GWキャンペーン」実施中です。50,000冊以上の対象Kindle本のなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。



まずは、お金の勉強の1冊目におすすめ、『外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話』(ジョン太郎著)です。

外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話
ジョン太郎
翔泳社
売り上げランキング: 136,645


経済と投資の話のキモになる「国とは?」「会社とは?」「お金とは?」「投資とは?」といった基本的なことを、ほんとうにわかりやすく説明してくれています。お子さんにどのように教えたらよいかもワンポイントで書いてあり、子どものマネー教育にぴったりだと思います。

お子さんが小さい親御さんにもおすすめなのですが、経済と投資のことはよくわからん!という大人にももってこいです。本質的なことをここまでわかりやすく説明できるジョン太郎さんの才能、正直うらやましいです。

定価から 50% OFF。一家に一冊どうぞ😊


お次は、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」(山崎元・大橋弘祐著)です。


山崎元氏と大橋弘祐氏の共著です。投資の基礎についての本で、長期・分散・低コストを解説するものですが、著者たちによる「アイコン対話形式」で構成されているのが特徴です。これがとっつきやすくてわかりやすい!

大橋氏が、私のようなインデックス投資マニアではなく、初心者として素朴な疑問をどんどん投げかけ、それに山崎氏が答えていくというスタイルで、文字だけでなく図解やWEB画面なども多く使われているので、初心者さんにとってはとてもわかりやすいと思います。

定価から 52%OFF です。しかも、Amazon Prime会員ならなんと読み放題😂


本書は図解版も出ています。ただ、こちらはよりグラフィカル(ほぼ画像)なので、PCか、画面の大きなタブレットで見るのが適していると思います(スマートフォンだとちょっと厳しいかも…)。




お次は、「山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください!」(山崎元氏著)です。

山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください!
山崎 元
プレジデント社
売り上げランキング: 133,723

当ブログの読者さんであればご存知、経済評論家・楽天経済研究所の山崎元氏初のお金コミックです。きれいな絵柄の読みやすいコミックで、ざっと読むだけでマネー知識の基本を身につけられます。

基本的には、お金の運用についてまったく初心者の新婚夫婦・栗田颯太とりんごの素朴な質問に、山崎元氏(ご本人登場!)がレクチャーしていくというストーリー仕立てになっています。

内容は資産運用が中心ですが、保険、住宅、教育、老後と、マネー全般を広範囲にカバーしています。コミックなので、つっこんだロジックは割愛されている部分もありますが、各テーマで結論がズバリと出てくるので、小気味よく展開していきます。

「じつはあまり大量の活字が得意ではないんだよな~」というマネー初心者にとって、コミックで学べる本書は、最初の一冊にピッタリの本だと思います。

ただ、ほぼ全編コミック(画像)なので、Kindle 版は小さな画面のスマートフォンでは読みづらいかもしれません。大型のタブレットやPCのディスプレイで読むことをおすすめします。

定価から 50% OFF。マンガで楽しく学ぼう😊


お次は、「臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話」(竹川美奈子著)です。


本書は、サブタイトルに「お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話」とあるとおり、11人の投信投資家の実例を紹介しながら、同時に「コツコツ投資」を学べるという一風変わった投資本です。

ひとくちに投信投資家といっても、人によっていろいろな運用スタイルと、その人だけの歴史と物語があるんだなとあらためて思いました。(だからこそ、投資家さんとの語らいは時間を忘れるほど楽しい!)

そのなかに、長期・分散・低コスト、インデックスファンドとアクティブファンド、積み立て投資、リスクとリターン、確定拠出年金(DC)の活用など、コツコツ投資の要諦となる知識が散りばめられています。

11人の投信投資家のなかには、インデックス運用だけの人もいれば、アクティブファンドや個別株、社会貢献などのテーマをもって運用している人もいて、運用スタイルには割と幅がある形でまとめられていました。

本書に登場する11人の投信投資家のなかから、読者は自分と環境や考え方が近いと思う投信投資家を見つけて、その運用法を参考にしたら、書名のように臆病な人でも、無理なく投資を始められるのではないかと思います。

定価から 50% OFF。投資の視野を広げよう!👀


お次は、『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』(日野瑛太郎著)です。

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。
東洋経済新報社 (2014-01-10)
売り上げランキング: 16,872

個人的に好きな、経営者と従業員の両方を経験したブロガーさんが書かれた、日本の労働に関する本です。控えめに言っても、最高におもしろかったです。

Amazonカスタマーレビューは、意識「だけ」高い系の方々の評価が必ずしもよくありませんが、本書に書かれている内容は、おそらく日本の労働現場における「真実」に近いのではないかと私は思います。

これは、60% OFF。どう生きる!?私たち!🤔


おまけで、新海誠監督の人気アニメ映画の小説版、「小説 天気の子 (角川文庫)」「小説 君の名は。 (角川文庫)」「小説 言の葉の庭 (角川文庫)」「小説 秒速5センチメートル (角川文庫)」(新海誠著)です。

   

定価から 50%~80% OFFです。あの感動をもう一度!😊

***

以上、「【最大50%OFF】Kindle本GWキャンペーン」の対象Kindle本のなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介しました。

他にも、「insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力」(ターシャ・ユーリックほか著)、「夢をかなえるゾウ」(水野敬也著)、「トヨトミの野望 (小学館文庫)」(梶山三郎著)、「ゲーマーズ!」(葵せきな著)など、いろいろなKindle本が50%以上の割引となっていますので、上記に限らずお気に入りの本を探してみてはいかがでしょうか。

最後に注意事項です。

キャンペーンは Kindle 版が対象です。紙の単行本は対象ではありませんので、ご購入の際には Kindle 版であることと、価格が50%割引(なかには50%以上の割引もありますが)になっているかをご確認ください。そして、キャンペーン期間は、2020年5月10日(日)までです。

それでは、GWに良き読書ライフを。


<追記> 2020/05/11
本キャンペーンは終了しました。またお得なキャンペーンを見つけたら、ブログで紹介させていただきます。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ