SAISON CARDのセミナー『新春特別企画 「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナー』レポート(その5)

前回の記事、SAISON CARDのセミナー『新春特別企画 「あなたを輝かせる投資スタイル」資産形成セミナー』レポート(その1)(その2)(その3)(その4)の続きです。
話題のセゾン投信について、さわかみファンドとバンガードとのパートナーシップに関する話が聞けました。
なお、今回が最後のレポートです。

司会
これから先、投信市場はどうなっていくのか?

澤上(さわかみ投信)
まともな投信は少ない。一方で、イメージ的には、10年間で100兆円くらいの市場になる。少なくとも50兆円は、さわかみファンドなどのまともな投信に集まるのではないか。時間が経つほど選り分けがされる。

司会
選り分けしてもらうためには、セゾン投信はどういうスタンスを?

宮澤(セゾン投信)
投信業界で後発なので、覚悟を持ってやる。今の投信を批判する以上、コスト、作り方を踏まえたうえで、分かりやすい商品にしたい。詳細は言えないが、積み立ては通常1万円単位であるが、5千円単位にしたい。ネットを通じて販売する。さわかみ、バンガードを軸にしたファンドオブファンズにする。

司会
米国バンガードは20数年前、ごく小さく始まったが、現在は巨大に成長した。成功に至るまでは、どう対応してきたのか?

加藤(バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券)
最初は小さく始めた。広告費を使わない方針。
実は、なかなか大きくならなかった。しかし、創始者のボーグルのメッセージは、「本当に良い商品を作れば必ず売れる」だった。
長期、低コスト、分散投資という考え方は、アメリカでも自然に理解されたわけではない。一般商品と比べて、投信は良さがなかなかわからないところが難しい。良いものを提供することにプラスして、価値の啓蒙も必要。投資家にそれが分かってもらえないと、販売側が有利な商品ばかりになってしまう。401kマーケットが広がる時、スポンサーに情報提供を繰り返ししながら、大きくなった。
日本でも、そこを変えてまで、大きくなろうとは思わない。
そこに、白馬のように、長期、低コスト、分散投資という考え方を共有してくれるパートナーが、初めて現れた。

司会
参加者から事前にいただいた質問に2~3答えてほしい。
ファンドオブファンズの利用の仕方について教えて。

澤上(さわかみ投信)
ひとつの金融グループ内の商品だけで組むFOFが多い。良いものも、悪いものもあるが、ガラクタ集めただけのものもある。ピカピカのファンドをまとめたものがある。どういう志でやっているか。顧客から稼ごうではだめ。運用野郎たちのブティックで安く買えればいい。今までのFOFと、これからのFOFは違う。

司会
次の質問。長期投資でお金の不安は減らせるのか?

伊藤(千葉商科大学)
逆に、短期売買で不安はなくせますか?老後の不安を解消するのには、長期投資以外にはない。

司会
次の質問。長期投資で目先の市場の動きに動じない方法は?

加藤(バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券)
見ないこと(笑)。まともな商品を買って、あとは天地に身を任せる。

司会
セゾンカードがこういうセミナーを開催する目的、投信を作る目的は?

林野(クレディセゾン)
他のカード会社と違うところを見せたい。カードというのは、支払いを延ばせる、ポイントは付くなど、いいことだらけなのに、日本では10%しか利用されていない。アメリカは25%。これからは、公共料金や税金も払えるように。
資産を増やしてもらって、カードで豊かな消費をしてほしい。つかう、ためる、ふやすを実現させるため。
この話に、澤上さんと加藤さんが乗ってくれた。加藤さんなんか、あの固くて有名なバンガード本社を口説いてくれた。

司会
最後にひとことメッセージを。

伊藤(千葉商科大学)
分散投資で言いたいこと。資産を8割と2割に分けて、8割は、国際分散投資のインデックスファンドに、残りの2割は、思いのこもった個別株や投信にするとよいのではないか。
よい長期投資のスタートを切ってほしいと思う。

澤上(さわかみ投信)
投信は、結果の約束はできない。しかし、大事なのは、本気で、正直に、誠実にやるということ。そういう約束はできる。こういう言葉は、今までの金融にはなかった。信頼と安心、これだけは断言できる。

加藤(バンガード・インベストメンツ・ジャパン証券)
長期、分散、低コストに尽きる。これは誰でも必要になる。始めるには早い方がいい。
エピソード。20数年資産運用をしているが、90年以降、日本で年金の運用が盛んになったころ、欧米人に「面白いねー日本は」と言われた。何故かと聞くと、「投資顧問の担当者が並んで株価ボードを見ているから」と言われた。これでは投資ではなくディーリング。
売ったってどうせまた買わなきゃいけないのだから、ずっと持っていればいい。

宮澤(セゾン投信)
準備ができ次第、ホームページなどで詳細を伝えたい。どうぞ期待を持ってお待ちを。

林野(クレディセゾン)
ウォーレン・バフェットという人がいる。彼は4兆円をゲイツ財団に寄付したすごい人。
そんなバフェットが初めて買ったハザウェイという繊維会社は、大失敗だった。次に買ったボルチモアという百貨店も大失敗。その後、それらを吸収して、優秀な経営者になった。
どんな優秀な騎手でも、駄馬に乗ったんじゃ勝てない。いい騎手はいい馬に乗せる。
投信で長期、分散、複利で増える。それだけじゃつまんない人は、私のように個別株も楽しめばいい。ただしこれは馬券を買うようなものだということはお忘れなく。

【水瀬所見】
さわかみファンドの澤上さんが熱く語れば、バンガードの加藤さんが冷静に分析する。そしてクレディセゾンの林野さんが笑いを取る!みたいな掛け合いが絶妙で楽しかったです。
そんななかに、長期投資をするうえでのヒントが、たくさんちりばめられていたと思います。
話題のセゾン投信については、詳細情報はありませんでしたが、バンガードとさわかみファンドというそれぞれ違う毛色の2社が、セゾン投信の「考え方」に、強い共感を示して実現したという経緯が分かったような気がします。
投資成果は別として、良いパートナーシップであることは間違いなさそうです。

メモの取りすぎで腕が死にましたが、セミナーに参加できなかった皆さんの、何かのお役に立てれば幸いです。
長文レポートに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

(おわり)
関連記事


  





コメント

とても参考になりました。詳細なレポートありがとうございました(^^)

 いつも勉強させていただいております。

 今回のセゾン投信関連のレポートお疲れ様でした。
 
 私は、最近移転したクレディセゾンのコールセンターの近辺に住んでおりまして、ただそれだけなのですが、なんだかこの投信話に親近感を覚えて読ませていただきました。

 もっとも、目下の関心事は、「いつになったら日本市場で本格的に海外ETFが購入できるようになるのか」ということです。

 目下と言いながら、日本で購入しうるより良いであろうインデックスファンドと個別株銘柄に分散投資しつつ、ただただ気長にその日を待っている状態です。

非常に参考になりました

はじめまして。
ずっとROMってましたが、とくちんと申します。

セミナーレポート、非常に参考となりました。
詳細な内容で感謝しています。

理想はバンガード商品を直接買える事ですが、
今回のセゾン投信参入によって、
また一歩、前に進んだように思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 TBありがとうございます。
 今回の一連の力作、たいへん面白く拝読させていただきました。Vの加藤さんのコメントには、もうびっくりです。
 セゾン投信、宮澤さんの「投信業界で後発なので、覚悟を持ってやる。今の投信を批判する以上、コスト、作り方を踏まえたうえで、分かりやすい商品にしたい。」というお言葉には、嫌が上にも期待が高まります。
 金融業界でしのぎを削っている方々の「熱意」が、水瀬さんの文面から伝わってまいりました。
 レポートありがとうございました!

いつも拝見しています

5ページにも及ぶ大変な労作、お疲れさまでした。
大変なご苦労をされて、文章をうまくまとめられているので感心しました。

私は地方在住なので、セミナーに行く事はありませんが、この一連の記事のおかげでセミナーに行かなくても素晴らしい知識が身につくと思います。何度も拝見させていただきます。

さわかみ、バンガードという有名なファンドの方の話を見ることが出来て、とても良かったです。4ページ目の「盛岡商業の優勝・・・」に私は単純に喜んでしまいました(地元が優勝する事は滅多にないので)。

ブログを続けるのは意外と大変なものです。多くのブロガーの方を尊敬しています。今後も無理をなさらずに頑張って更新して下さい。

大義

長文のメモご苦労様でした(見るだけで手が痛くなってきます)。加藤氏から直コメントをいただいたことが象徴するように、このレポートも長期・インデックス投資の研究家(当方含む)にとっては、大きな意義となったのではないでしょうか(私はセミナーの聞き方も学ばせていただきました)。

さて、昨日はEUROの高騰を鑑み、欧州株投信半分を国際株投信へスイッチングしています。国際株ファンドのアメリカ対ヨーロッパ比は3:2程度ですから、総額の3/10がアメリカへ振り返られた計算になります。

それでもまだ若干欧州の比率が高いので、円高か株安を狙ってI-Shares S&P500 Index Fundを30~40万程度組み込みたいと考える、今日この頃です(米国株の売買手数料が高いため、投資額は一度にできるだけ大きくしたいと考える由)。

お疲れ様でした

ありがとうございます。
セミナーレポートとても参考になりました。

メモを取るのも、その後まとめてレポートにするのも大変な労力だったでしょ。発言者の意図するところを正確に伝えなきゃと気も遣いますし…。

水瀬さんのおかげでセミナーに行かずしてこのように情報を得られ幸せです。

腕、ゆっくり休めて下さいね~。

皆さん書かれていますが、
セミナーの雰囲気も伝わってきて、とても参考になりました。
お疲れ様です。

テーマが「長期投資」とはっきりしていたので、
主張にブレのないセミナーとの印象を受けました。

ありがとうございます

参加しなかったのに、参加できたかのような気分。感謝、感激です。

>syusyusyuさんへ

お役に立てたのなら幸いです(^^)

>びのちゃんさんへ

日本でも海外ETFが続々出始めていますよ。
お好みのものが出るといいですね。

>とくちんさんへ

はじめまして。
よかったらROMだけでなく、また書き込んでくださいね。

>Nightwalkerさんへ

熱意が伝わりましたか(^^)
会場も熱気に包まれていたような気がします。

>nanshojiさんへ

ブログの継続は大変ですよね。
nanshojiさんもがんばってください。

>新幹線さんへ

意義があったかどうかは分かりませんが(^^ゞ、
いつか誰かが見て、何かの役に立てばいいと思ってやってます。

>ぶーさんへ

休ませていただこうかと思っていたのですが、今日もまた楽天証券のセミナーに行ってきてしまいました。
さすがに、2週連続はきついっす(^^;;

>staygoldさんへ

たしかに、長期投資セミナーでした。
顧客が売買を繰り返すことで収益が上がる、証券会社のセミナーにしては、珍しいですよね。

>まろさんへ

お役に立てたのなら幸いです。
まろさんも一度参加されてみてはいかがでしょうか?

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

セゾン投信なんていらない。前回の続き。巷ではセゾン投信で盛り上がっているけど、何がそんなに凄いのか分からない。セゾン投信の信託報酬0.7%が、セゾン投信が組み入れる各ファンドのコストを含むのか、含まな

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)