コロナ禍で生活を維持するための個人向け支援制度はけっこうたくさんある

水瀬ケンイチ

3339013_m_20200609.jpg


先日、ようやく我が家にも特別定額給付金の申込書が届きました。さっそく、申込書に記入し、必要書類とともに返送したところです。

特別定額給付金は、コロナウイルスの感染や休業、離職に関係なく、国民全員が1人10万円ずつ給付される制度です。うちは夫婦2人なので20万円が給付されるはずです。

いつものように「東証マネ部!」を見ていたら、「コロナ禍」で生活を維持するための個人向け支援制度が、他にもけっこうたくさんあることを知りました。皆さまにも情報共有します。



「コロナ禍」に生活を維持するための個人向け支援制度をチェック | 東証マネ部!

新型コロナウイルス感染防止のため、外出自粛や休校が長く続いた...


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、ざっと並べるだけでも以下のラインナップがあります。
  • 特別定額給付金
  • 特例貸付(緊急小口資金、総合支援資金)
  • 住居確保給付金
  • 公共料金の支払い猶予
  • 国民健康保険料免除の特例
  • 国民年金保険料免除の特例
  • 令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金
それぞれの制度の概要は上記「東証マネ部!」の記事で把握できます。さらに詳しい情報は、下記の厚生労働省の情報を確認すると良いと思います。

厚生労働省 WEBサイト
生活を支えるための支援のご案内 - 厚生労働省 (PDFファイルが開きます)

収入が減っていたり、子育て中なら、利用できる制度があるかもしれません。コロナ禍は誰のせいでもありませんので、見栄をはらずに、利用できる制度はどんどん利用したらよいと思います。

このような行政の支援制度は、向こうから情報が来ることは稀で、こちらから申請してはじめて利用できるものが多いです。

嘆かわしいことに、厚生労働省を装った詐欺も出てきています。

厚生労働省 WEBサイト
新型コロナウイルス感染症に関して厚生労働省を装った詐欺にご注意ください。

個人向け支援制度の利用の際は、かかってきた怪しい電話からはなく、厚生労働省や地方自治体などの公的機関のWEBサイトなどに「自ら情報を取りに行って」利用するようにしたい。

私はインデックス投資をしていますが、もし公的支援を利用しても、足もとの生活が苦しいようであれば、躊躇なく生活防衛資金を取り崩し始めます。そして、キャッシングやカードローンなどの借金に手を出すことは全力で回避します。

それでもなお苦しければ、投資している投資信託・ETF等を売却して取り崩していくでしょう。

積み立ててきた資産を不本意なタイミングで取り崩すのは悲しいかもしれませんが、非常事態においては、投資なんかよりも日々の生活の方が最優先だと思います。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ