コロナショックでも「つみたてNISA」を継続できている人は投資家の第一関門突破?

水瀬ケンイチ

lauren-lulu-taylor-vppMdk_GMo4-unsplash_20200623_1.jpg


先日、「今年投資デビューしてコロナショックを体験した3800人の回答が頼もしい!」というブログ記事で、日経の調査に回答した投資デビュー早々コロナショックにあってしまった方々のうち、「運用の規模を縮小したい」「もうやめたい」と回答した人の合計は1%に満たなかったという頼もしい調査データをご紹介しました。

今度は、楽天証券のデータで頼もしい結果が出ていました。



つみたてNISA実態調査: 3万円超が47%、継続率9割 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)とは、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になる制度のことです。つみたてNISAは、その名の通り、積み立てを前提としているため、年間40万円の非課税枠を20年という長期間に…


詳しくは上記のトウシルの記事をご覧いただきたいのですが、楽天証券でつみたてNISAを始めた人のうち、2年以上積み立てを継続している人は89%、1年以上積み立てを継続している人は92%にのぼる(2020年5月末時点)というデータが出ていました。

てっきり、初めての暴落相場で、投資が怖くなって積み立てをやめてしまった投資家が大半なのかと思ったら、そうではありませんでした。

じつに9割の投資家が積み立てを継続しているという頼もしいデータに、衝撃を受けました。2008年リーマンショックの阿鼻叫喚の地獄絵図とは、2020年コロナショックにおける投資家の態度がぜんぜん違う印象です。

つみたてNISA申し込み時の金融機関の説明(情報提供)がよくできているのか、投資家がはじめる前に本やWEBサイトでよく勉強しているのか、あるいは相場に身を置きながら柔軟に学んでいるのか、いずれにしても立派だと思います。

もちろん、コロナショックがこれで一段落したという証拠はなく、これから第二波、第三波が来るのかもしれません。油断はできません。

ただ、少なくとも、つみたてNISAで投資デビューした方々は、投資家としての第一関門を突破したといってよいのではないでしょうか。(誰かが認定するようのものでもないとは思いますが汗)

第二関門に向けて、アドバイスをするとしたら……今後、順調に積み立てを継続していくと、運用金額が増えてきます。その時に、人によっては自分のリスク許容度を超えてしまう場合があります。

それを避けるためには、上げ相場の時に、含み益の金額のプラスとマイナスを逆にして、下げ相場が来て同じだけの含み損が出ても耐えられるかを自問するとよいと思います。

これからも、自分のリスク許容度の範囲内で、積み立て投資を継続していけたらいいなとあらためて思いました。

備えあれば憂いなし。気を引き締めていきたいですね。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ