SBI証券と三井住友カードが業務提携、条件付きだけどクレカ決済でポイントが付くように

水瀬ケンイチ

sbi_logo.jpg

SBI証券と三井住友カードが、個人向け資産運用サービスにおける業務提携に関する基本合意書を締結したと発表しています。

その結果、2021年2月以降、順次以下のサービスの開始を予定としています。



<三井住友カード経由でSBI証券総合口座を開設されるお客さま(金融商品仲介業)
 通常どおり、SBI証券が提供する株式、投資信託などの金融商品や各種サービスを利用可能です。さらに、①~④のサービスもご利用いただけるようになります。
①SBI証券の投信積立サービスにおける三井住友カードのクレジットカード決済
(決済金額の0.5%分のVポイントを付与)
②三井住友カードアプリ上でのSBI証券総合口座情報の表示
③Vポイント1ポイント=1円として、SBI証券の投資信託の買付ができる「Vポイント投資」
④投資信託保有残高に応じてVポイントを付与

<既にSBI証券総合口座を開設済みのお客さまおよび三井住友カード経由以外で今後SBI証券総合口座を開設されるお客さま>
 SBI証券が提供する株式、投資信託などの金融商品や各種サービスをすべて利用可能です。
さらに、上記①②のサービスをご利用いただけるようになります。

0728_b_02.png


株式会社SBI証券と三井住友カード株式会社による「新たな資産運用サービス」の提供に関するお知らせより)


キモは投信積立におけるクレジットカード(三井住友カード)決済が可能になり、0.5%のポイントが付与されることだと思います。

楽天証券における楽天カードのサービスに近づいた形です。楽天証券の楽天カードは1%ポイント付与なので、SBI証券の三井住友カードはちょっと劣ります。

とはいえ、今までSBI証券の投信積立サービスで銀行口座引き落とし等を選んでいたかたは、三井住友カード決済にすればポイントというプラスαが付くことになり、大きなサービス向上といえます。

SBI証券さんと三井住友カードさん、グッジョブ! 還元率はあと一歩よろしく😊

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ