インデックスファンドの生みの親ジョン・ボーグル氏の遺作「STAY THE COURSE」日本語訳版が準備中!?

水瀬ケンイチ

photo20200906_0.jpg
(Photo: ウォール・ストリート・ジャーナル)


昨年2019年1月、米国バンガード創始者でありインデックスファンドの生みの親ジョン・C・ボーグル氏が逝去されました。

<該当記事>
2019/01/17 訃報。インデックスファンドの生みの親、ジョン・ボーグル氏が逝去 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

ボーグル氏とバンガードの不断の努力があったからこそ、いま私たちは低コストなインデックスファンドで、簡単に市場全体に投資できるようになっています。個人が株式市場で資産形成を行う礎を、ボーグル氏が築いてくれたといってもよいでしょう。

あらためて、偉大な功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

生前のボーグル氏が執筆した著書「STAY THE COURSE」は彼の遺作となりました。

昨年のバンガード・インベストメンツ・ジャパン主催のブロガー交流会でも「STAY THE COURSE」の紹介があり、私もぜひ読んでみたいと思っていましたが、英語なのでなかなか手が出せないでいました。

先日、Twitterを見ていたら、なんと、日本語訳版を準備中との情報を発見しました。





しかも、ことの発端が驚きです。

前述のバンガード主催ブロガー交流会で、社員のかたが「STAY THE COURSE」の紹介とともに「和訳してくれる人、出版社を求めています」と仰っていました。米国での刊行から1年、なかなか和訳してくれる出版社がみつからないとも。それを会場レポートのつもりで私はTwitterに投稿しました。


すると、この出版社のかたがこのツイートを見て「STAY THE COURSE」のことを知り、今年に入ってバンガード・インベストメンツ・ジャパンのオフィスを訪問して、日本語訳版秋までに刊行する方向で準備を進めていたというのです。



小さな点と点が線でつながるTwitterのすごさを、あらためて思い知らされました。世の中、何がきっかけで何が起こるかわからないものです。

ボーグル氏の思想と歴史をたどる一冊、ぜひとも読みたいです。日本語訳版が刊行されたら必ず買いたいと思います。

ご承知のとおり、先日、バンガード・インベストメンツ・ジャパン(バンガード社の日本支社)の営業活動終了が発表されています。「STAY THE COURSE」日本語訳版がどうなるのか私にはわかりませんが、期待して待ちたいと思います。

幻戯書房さん、がんばってください!

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ