ブログ読者さまからのメッセージ(その3) 親から子へインデックス投資が伝授される時代

水瀬ケンイチ

caleb-jones-Nj0mCM6nikI-unsplash_20200914.jpg


先般実施した「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー15周年感謝プレゼントキャンペーン」応募で簡単なアンケートごに回答いただいたのですが、そこに水瀬へのメッセージを書き込んでくださった読者さまが多数いらっしゃいました。

なかには、ご自身のインデックス投資体験やインデックス投資との接し方などについて書いてくれたかたもいらっしゃいました。

いただいたメッセージを、ご本人の許可のもと、いくつかブログで取り上げさせていただきます。



Cさん(30代・女性)からのメッセージです。

初めまして。
いつも楽しくブログやSNS投稿を拝見しております。

数年前に、水瀬さん著書の【お金は寝かせて増やしなさい】を父よりプレゼントされ、「な、なんだこの世界は...何も知ろうとしない何も動かないのはいかに愚かなことか!」と衝撃を受け(それまでの私はお金や資産運用などには全くの無関心で無知でしたので)、遅いスタートですが20代後半で、インデックス投資を始めました。

今や、弟にも情報を共有し、私と弟がインデックス投資について会話をしている様子を、父が遠くから微笑ましく眺めているような実家の風景です。笑
全くの初心者にはお金の難しい話は理解できないことが多いですが、水瀬さんのブログやSNS投稿は初心者にもわかりやすいことばで丁寧に綴られており、いつも大変有り難く拝見しております。
貴重な情報をご提供頂き、本当にありがとうございます!
これからも末長くお世話になります。

大変な世の中が続きますが、どうかご自愛くださいませ。

<Cさん(30代・女性)からのメッセージ>


メッセージありがとうございます。

Cさんはなんと、お父様からインデックス投資を教えてもらったとのことです。

今では弟さんとも情報共有し、Cさんと弟さんがインデックス投資について会話をしている様子を、お父様が遠くから微笑ましく眺めているようなご実家の風景とのこと。

なんと!! そんな風景がこの日本にも!!

インデックス投資先進国の米国と違い、つい10数年前まで、日本のインデックス投資環境は低コストな商品、サービス、わかりやすい情報などがほとんどなく、いうなれば「暗黒時代」でした。

日本の個人投資家にとってはマイナー中のマイナーな投資法。実は、機関投資家などプロの間ではメジャーな投資法だったのですが、それもほとんど世の中に知られていませんでした。

インデックスファンドの信託報酬は高いうえに、純資産残高は少なく、すぐに繰上償還や取扱廃止になっていました。情報も洋書の翻訳ものが中心でお堅いものが多く、日本の個人投資家がそのまま参考にできるものではありませんでした。

ところが、それから10数年。親から子へ、インデックス投資のことが伝授されるようになったことに、とーーーっても驚いています。

いまインデックス投資で資産形成を行っているインデックス投資家さんたちが、実績をもって後の世代の人たちに教えることができるようになれば、「長期・分散・低コスト」という投資の基本が、もっと世の中に知られることになると思います。

元本保証にしがみつくのではなく、リスクを取って、リターンを目指す。そんな人が増えてくれば、投資に限らず、日本はもっと面白くなるかもしれませんね。

それにしても、Cさんのお父様の慧眼には感服します。すばらしい教えだと思います。そして、お父様の教えを素直に聞き入れ実践された、Cさんと弟さんもグッジョブ👍

Cさんと弟さんの資産運用がうまくいかれることをお祈りしています。メッセージを書き込んでいただき、ありがとうございました。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ