ジョインベスト証券、投資信託取り扱い開始

水瀬ケンイチ

ジョインベスト証券が、2月25日から投資信託の取り扱いを開始するとのこと。
(ご参考)ジョインベスト証券WEBサイト

160銘柄を揃え、うちノーロード投信が20銘柄程度になるそうです。
銘柄一覧が公開されていますので、見てみました。
うーん。
アクティブファンドばかりで、外国株式インデックスファンド、外国債券インデックスファンド、国内債券インデックスファンドがありませんでした。

投資信託に関して言えば、インデックス投資家にとってジョインベスト証券は、今のところ役に立たないようです。残念。



ただ、個人的には、ジョインベスト証券に期待していたことは、
(1)野村證券と同等の外国債券の取り扱い
(2)ネット証券レベルの手数料での海外ETFの取り扱い
の二点でしたから、もともと、ジョインベスト証券の投資信託には、そんなに期待しておりませんでした。
(参考記事)2006/03/27 ジョインベスト証券に期待するもの

ジョインベスト証券が当初発表していたサービス展開予定(上記参考記事参照)によると、2006年12月までに、外国株式の取り扱いを開始する予定とのことでしたが、まだ実現していません。
(これが、海外ETFの取り扱いにつながる可能性があるのではと、淡い期待をいだいていました)
どうも、計画が遅れ遅れになってきているようです。

期待のしすぎは体に毒なので、次のサービス取り扱い開始の情報を、のんびりと待ちたいと思います。

せめて、野村ファンドネット証券の時のように、「儲からないからやーめた」とならないよう、がんばってください。ジョインベスト証券さん。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ