いまの20代の若者の方は危機に対する対応がスマート

水瀬ケンイチ

pexels-fauxels-3184437_20201227.jpg


日経電子版に、QUICK資産運用研究所が11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」で、若い世代を中心に資産形成が広がりつつあることがわかったという記事が掲載されています。

若い世代に広がる資産形成 コロナ禍が背中押す: 日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。


2020年3月のコロナショックは暴落のスピードが速く、ベテラン投資家でもあわあわしそうなくらいだったと思います。そのなかで、特に、「20代は『投資総額を増やした』と回答した割合が33.1%にのぼり、株価が下がったタイミングを狙って追加投資に動く傾向が強かった。30代でも3割近かった」(日経電子版より)という事実は、たいへん心強いと思いました。


良くも悪くもいろいろなメディアから情報を得ている若年層ですが、実際の暴落に直面した時に、狼狽してわめき散らしすのではなく、腹をくくった投資判断(何もしない or 買い増し)ができたのは立派だと思います。

半年前の日経の調査でも、回答した投資デビュー早々コロナショックにあってしまった方々のうち、「運用の規模を縮小したい」「もうやめたい」と回答した人の合計は1%に満たなかったという頼もしい調査データが出ていました。

今年投資デビューしてコロナショックを体験した3800人の回答が頼もしい!

日経マネーが実施した「2020年個人投資家調査」で、3万4973人の個人投資家が回答し、そのうち、今年投資デビューした3800人にフォーカスしたデータが日本経済新聞に掲載されていました。...


これらの調査結果を見ると、いまの20代の若者たちは、自分が行っている投資がどれくらい値上がりしたり値下がりしたりするものなのかを、しっかり理解しているというように思えます。

2008年のリーマンショックの時は、いい年こいた中高年投資家が「こんなに値下がりするなんて聞いていない」だの「インデックス投資ならマイナスになるとは思っていなかった」だのといった泣きごとを、あちこちの個人ブログのコメント欄や掲示板などでわめき散らしながら、道連れ探しまでして市場から脱落していたことを考えると、いまの20代の若者の危機に対する対応がよほどスマートだと感じます。

いま現在、私は様々な年代の個人投資家さんと交流しています。そのなかでも、有名、無名にかかわらず、頭が凝り固まった中高年投資家が、些末なことで他人をバカにしたり中傷したり揚げ足を取って悦に入っていたりするのを見るにつけ、悲しい気持ちになることが多いです。

いつの時代もそう言われてきたように、小言が多くなった爺婆は老い先も長くないのだから、もう勝手にしたらいいと半ば諦観しています。

そんなことよりも、私は未来がある若者たちが、事前にわかる範囲で無用に損する確率をすこしでも減らせるようなアドバイスを、そっとできたらいいと思います。

もちろん、アドバイスを他人に強要することはないし、無視してくれても構いません。ただ、いまの若い方々が20年、30年後に、「ああ、そういえばあいつが言っていたのはこういうことだったのか」と思い返していただけるような少しでも本質的な記事をブログで書いていけたらいいなと思います。

個人投資家に低コストなインデックスファンドを長期でバイ&ホールドされると面白くない人たちが世の中には存在します。私がやってきたこと、これからもやろうとしていることは、彼らの覚えはよくないのですが、知ったこっちゃありません。

刺激的な内容にならないので、続けるのはなかなか難しいのですけれども、ライフワークとしてできる限り続けたいと勝手に思っています。


投資信託を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている理由

投資信託(投信)を保有する個人投資家の半数近くが、損失を抱えているとの報道がありました。...


自分のDNAを残したい

先日、このブログが15年目に入るという記事を書きましたが、そんなことをやっているうちに私はもう40代後半になりました。共稼ぎの相方は年上の姉さん女房です。子どもはいないので、これからも夫婦2人で暮らしていくことになりそうです。世の中には子どもがいない夫婦はたくさんいるし(確か安倍総理大臣もそうだったような)、自然の成り行きでそうなったのであれば、それはそれでいいと思っていました。ところが、ここ数年、自...

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ