SGロシア東欧株ファンド大暴落に思う

水瀬ケンイチ

僕が保有しているサブファンドに、SGロシア東欧株ファンドというのがあります。連日、快調に値を飛ばしています。
毎日、毎日、数%ずつ値上がりしていて、空恐ろしくなるくらいだったのですが、今日、基準価額を見てびっくり。
なんと……


たった1日で、約12.8%の下落です。

これは、ファンドとしては珍しい下落幅ですよ。
僕は、このファンドはポートフォリオ全体のごく一部分なので、別に騒ぎはしませんが、最近のBRICs投資ブームで、このファンドに賭けちゃってる人は、心中穏やかではないでしょう。

何があったのか分かりませんが、やはり、エマージング市場への投資と言うのは、こういうこともあり得るという前提で、投資比率を考えなくてはいかんですね。再認識しました。

ついでに言うと、僕は、日本もロシアと同レベルのエマージング市場として扱っています。さすがに日経平均が1日で12.8%下落するなんて、ちょっとありえないと思いますか?
1987年10月20日、奇遇にもちょうど18年前の今日ですが、日経平均は、1日で14.9%下落しました。(NIKKEI NET 日経平均プロフィルより)
http://www3.nikkei.co.jp/nkave/about/down.cfm

参考にならないほど大昔というわけでもないと思います。
あまり自分の国ということにこだわらず、資産配分は慎重に分散すべきだと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ