2020年末、「お金は寝かせて増やしなさい」Kindle版がAmazon一般・投資読み物カテゴリでベストセラー1位に返り咲き

水瀬ケンイチ

photo20201230_1.png


本日、拙著「お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ著)のKindle版が、Amazon「一般・投資読み物」カテゴリでベストセラー1位に返り咲きました。(2020年12月30日 13:23現在)

2017年12月の初版発売から、3年の月日がたちましたが、再びベストセラーになったことに感謝です。現在Kindleストアで実施中の「【最大50%OFF】Kindle本 年末年始キャンペーン」の対象本になったのをきっかけに読んでくれた方が数多くいらっしゃるのだと思います。

先般、なんと第15版も決定して(該当記事)、ちょっと遅いクリスマスプレゼントか、ちょっと早いお年玉をいただいた気持ちです。ありがとうございます🙏

本書は、投資未経験者、初心者向けのインデックス投資の入門書です。漫画もとり入れてできるだけわかりやすく書きました。

米国の古典的名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)や「敗者のゲーム」(チャールズ・エリス著)ですすめられている投資法を、私たち日本の個人投資家が実践しやすいようにアレンジして、「iDeCo」や「つみたてNISA」という非課税制度とともに解説しました。

(ちなみに、上記「ウォール街のランダム・ウォーカー」「敗者のゲーム」も、現在、「【最大50%OFF】Kindle本 年末年始キャンペーン」で半額対象です。2021年1月4日まで)

また、上げ相場だけでなく、苦しい暴落相場の時に私がどう考えて、どのように乗り切ってきたのか、15年にわたるインデックス投資の実践記を、生の資産金額入りの推移とともに掲載しました。

初版から3年が経ちましたが、内容の本質的な部分はなにも陳腐化していないと信じています。長期・分散・低コストという投資の原則は、いつの世でも変わりません。

唯一、おすすめインデックスファンドの具体的銘柄のデータが、運用コストが引き下げになったり、より低コストな新商品が出てきたりと(良い方向に)変化していますが、そこはブログで定期的に情報をアップデートしています。もちろん無料。


本書が投資未経験者・初心者の方々の目にとまり、気軽にパラパラ読んでいただけることを願っています。インデックス投資はそれほど難しくないし、手間もかかりません。

皆さまが資産運用の手間と悩みから開放され、豊かで楽しい人生を送れますように。



関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ