2020年 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュース

水瀬ケンイチ

3543582_m_20201231.jpg


激動の2020年がもうすぐ終わります。今年もいろいろなことがありましたが、2020年最後に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュースをまとめておきたいと思います。

(1) コロナショックの暴落とその後のV字回復
(2) バンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動終了
(3) 「たまひよ」連載、全21回完結

以下、ふりかえってみます。



(1) コロナショックの暴落とその後のV字回復


2020年はなんといってもこれじゃないでしょうか。新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大の影響で、全世界の株式市場が暴落しました。前例がほぼないパンデミック(100年前のスペイン風邪まで歴史を遡らないといけない)という異常事態と、株価が急落するスピードが異様に早かったことも、人々の恐怖心をいっそうかき立てました。

全世界株式(MSCI ACWI)は2月下旬からわずか1か月で約35%暴落しました。



米国株式市場でサーキット・ブレーカーが連日発動したり、株価チャートの下落の角度が鋭く、下落スピードが尋常ではなく早かった。そして、つみたて投資も18年継続していると運用資産額が大きくなり、そのぶん、暴落の金額的ダメージも大きくなります。いつも「騰落は気にしません」と言っていた私も、さすがに一瞬「これはヤバい」とたじろぎました。

ただ、自分には2008年リーマンショックとそれを乗り越えた経験がありました。また、バンガードをはじめ、世界中の投信会社や有識者たちが冷静になるよう情報発信をしていましたし、私も過去の暴落の歴史との比較や自分の拙い経験から、感情的な売買は控えようと機を捉えて呼びかけていました。

幸いにというか、驚くべきことにというか、暴落後の回復も尋常ではない早さでした。まさにV字回復で、半年後には株価水準はほぼ元どおりとなってしまいました。それどころか、その後も株価は上昇を続け、いまや「コロナバブル」と言われている状況です。

ひょっとしたらこの後、第二波、第三波の暴落が来るかもしれませんし、コロナショックについての総括はまだはやいのかもしれません。今後、市場がどう転んでもいいように、自分のリスク許容度の範囲内での投資を心がけ、市場に居座り続けてやろうと思っています。

<関連記事>
2020/03/02 日経電子版に「コロナ株安」でも長期積み立て投資を継続するべきとの記事
2020/03/08 いつもどおり一歩ずつ、一歩ずつ
2020/03/14 株価乱高下のなか、バンガードさんから長期投資家に向けたナイスアシスト! 衝動的な売買にご注意あれ
2020/03/17 短期投資家にとって必要な情報と、長期投資家にとって必要な情報
2020/03/31 インデックス投資家は、知らないうちにコロナ治療薬有望候補薬メーカーも応援している
2020/05/04 モーニングスター朝倉社長が語る、コロナショックの現状分析と今後の投資戦略のポイント
2020/07/26 コロナショックと歴代の暴落相場を比較してみると見えてくるものがある
2020/08/11 ウィズ・コロナの投資戦略、私はどうするか



(2) バンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動終了


青天の霹靂でした。8月27日にバンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動を終了するとの公式発表がありました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンがまだ社員数名しかいなかった大昔から、だんだん業容を拡大してきた歩みを応援してきた者からすると、相場が特に悪くもなかったタイミングでの日本拠点撤退は残念です。

歴代のバンガード・インベストメンツ・ジャパンの代表、社員の方々には、個人投資家の手作りイベント「インデックス投資ナイト」に出演していただいたり、バンガードのブロガー交流会のお手伝いをさせていただいたり、個人投資家として交流させていただいたので、とてもさびしく思います。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンのWEBサイト、Twitter、ニュースレターも段階的に閉鎖され、先日、最後のニュースレターが届き終了しました。コロナショックの真っ只中での精力的な情報発信で助けられたばかりだったし、今後、タイムリーで質の高い情報がなくなってしまうのは個人投資家の良質な情報源の喪失として痛いです。

日本のインデックス投資において、ひとつの時代が終わってしまったなという気持ちです。

悲しいことですが、こうなってしまった以上嘆いてばかりいても仕方ありません。時間は巻き戻らないし、人生も資産運用も未来へと続いていきます。幸い、投資商品に影響はないとのことですので、今後も、バンガードを含む低コストなインデックスファンド・ETFへのインデックス投資を継続していきたいと思います。

<関連記事>
2020/08/27 バンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動終了



(3) 「たまひよ」連載、全21回完結


ベネッセの新米ママパパさん向けサイト「たまひよ」に、コラムを連載しはじめて約1年、全21回の連載が今年完結しました。若いママパパさんに向けて、積み立て投資による資産形成のことをお伝えするという、このお仕事に携わらせていただき、本当に光栄で、ありがたかったです。

投資による資産形成は、以前よりはハードルが下がったとはいえ、全体から見れば、投資をしている世帯はまだまだ少数派です。そのなかでも、インデックスファンドを積み立て投資するインデックス投資はまだあまり知られていません。

でも、インデックス投資は世界中の機関投資家(投資のプロ)の資産運用のスタンダードになっており、今後は、日本の個人の間でも、「iDeCo」や「つみたてNISA」といった非課税制度の後押しとともに、もっと知られていくことになると思います。

微力ながら、この連載でそのお手伝いができたのであればうれしいです。

<関連記事>
2020/06/04 「たまひよ」に連載記事最終回が掲載。テーマはインデックス投資の終わらせかた(出口戦略)

***

以上、個人的な話が混じっていて恐縮でしたが、2020年 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュースでした。ふりかえれば本当にいろいろあった激動の1年でしたが、なんとか生き残ることができました。

とりあえず、みなさまおつかれさまでした!🍻
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ