【先進国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) 信託報酬 年0.1%以下の超低コスト、ニッセイ&eMAXIS Slimが高評価

水瀬ケンイチ

america_640.png


「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。

※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。

それではどうぞ。

photo20210111_mscikokusai.png


先進国株式クラスの対象インデックスは、「MSCI コクサイ・インデックス」。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなどの先進国(日本以外)企業の株式に分散投資するインデックスです。

世界の株式時価総額における先進国株式クラスの比率は、実に8割を占めます。その先進国株式クラスの中でアメリカが7割を占めます。まさに世界の株式市場の中心です。残り3割がヨーロッパなどです。

株式投資の中心たる先進国株式クラスのインデックスファンドは、保有期間中ずっとかかる信託報酬が年率 0.1% を切るレベルまで下がっています。海外ETFとほぼ遜色ないコスト水準といって良いでしょう。それでいて、100円から投資できたり、分配金再投資が自動でできたり、自動積み立てができたりといった(海外ETFにはない)「投資信託の良さ」を備えています。ありがたや、ありがたや。

比較の結果、今回は「ニッセイ外国株式インデックスファンド」(運用会社:ニッセイアセットマネジメント)がインデックスとの差異 +0.1%、1年リターン +9.03%と相対的に高評価です。また、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」(運用会社:三菱UFJ国際投信)が、信託報酬 年0.0914% とクラス最安値で高評価となりました。

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬は、純資産残高500億円まで年0.0930%、500億円を超えた部分は年0.0915%、1000億円を超えた部分は年0.0899%と下がっていく「受益者還元型信託報酬」が発動してどんどん下がってきています。2020年12月末現在、純資産残高1559億円になっており、当ブログでは加重平均して年0.0914%と表示しています。

その結果、信託報酬の安さで頭ひとつ抜きん出て、クラス最安値となりました。今後も、純資産残高の増加に応じて、信託報酬が 年率 0.0899% にだんだん近づいていくことが予想されます。

ニッセイもeMAXIS Slimもそうですが、配当込みインデックス連動で、インデックスとの差異がプラスに出ていることを不思議に思う方もいらっしゃるようです。たしかに、インデックスファンドの運用はインデックスから運用コストぶん下回るのがふつうです。

三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングでは、インデックスファンドの運用がインデックスを上振れする要因として、指数の税率(例 米国30%)とファンドの税率(例 米国10%)が違うこと、貸株の活用による収入があるとのこと(該当記事)。純資産残高が大きなファンドがますます有利になりそうです。

america_NY.jpg


先進国株式クラスは、eMAXIS Slim とニッセイの2強に、その他のファンドがどこまでついてこられるのかという状況です。日本株式クラスでは信託報酬で4強として並んだ「iFree」「Smart-i」も、先進国株式クラスではついてこられないようです。

要注意ファンドとしては「iシェアーズ 先進国株式インデックス」が、直近1年リターンが相対的に低すぎる異常値が、2020年6月末の確認時からずっと続いています。

直近の運用報告書を見ると、ベンチマークはMSCIコクサイですが、マザーファンドの運用がIVV(アメリカ)、EUE(欧州)、ISF(英国)、EPP(日本除くパシフィック)、XIU(カナダ)というETF銘柄の合成だからだと思われます。他にいくらでも先進国株式インデックスファンドの選択肢があるなかで、あえて選ぶ必要はないかと思います。

なお、「野村スリーゼロ先進国株式」(運用会社:野村アセットマネジメント)が信託報酬0%で登場しましたが、これは期間限定であり、将来(2031年から)の信託報酬が値上げされる設計になっているため、バイ&ホールドのインデックス投資の対象ファンドとしては「参考」扱いとしています。

いろいろありますが結論。

先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較した結果、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が相対的に高評価でした。


こんな記事も読まれてます。

2020年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品、今後の投資方針

毎年2回、6月末と12月末に資産配分(アセットアロケーション)の把握をしています。正月に2020年12月末の資産配分を確認しました。直近1年間に「コロナショック」の株価暴落とその後の急回復がありました。果たしてどうなっているのでしょうか。資産配分(アセットアロケーション)日本株式 5.3%先進国株式 57.3%新興国株式 9.9%REIT(国内外) 1.9%外国債券 2.1%日本債券 23.6%半年前と比べると、債券クラスが3%ほど小...


低コストインデックスファンド徹底比較のカテゴリです。主要なアセットクラスのインデックスファンド比較情報を、定期的に更新しています。




<ご参考1>
上記の高評価インデックスファンドは、以下のネット証券で購入できます。会社名をクリックで口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券

<ご参考2>
本ブログ記事は、私が執筆・監修した書籍のおすすめインデックスファンド情報のアップデート版という意味もあります。今後も定期的に継続していく所存です。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ